【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

思考の習慣

スコアボードを気にしすぎるよりも自分の「選球眼」を鍛える

投稿日:2020/02/10

Pocket

私たちは、つい周りの状況を気にしてしまいがちです。

その状態は、スコアボードばかりを見て悩んでいる状態なのかもしれません。




 

野球における「選球眼」

野球には「選球眼」という言葉があります。

ピッチャーから投げられた球が、ストライクなのかボールなのか。

それを見極める眼の能力のことです。

バッターボックスに立っていると、監督やチームメイトから「いい球を見ていこう」と声をかけられます。

その言葉の通り、野球は目の前のボールをよく見て打たないと、いい結果はでないからです。

それができたバッターは、ヒットを打てる確率が高まります。

ですからバッターは100パーセント、ボールに集中するんですね。

もちろん、ゲームの結果は大事です。

勝利するために試合を戦っているわけですから。

ただ、「いま3対10で負けてるな」というようなことを考えてばかりでもよくありません。

目の前のボールに集中できないからです。

スコアボードを見ながらバッティングしていては、空振りしてしまうでしょう。

また、相手のピッチャーや野手陣を見ていてもボールを打てません。

ですから、いい結果を出すためには、目の前のボールに集中すること。

スコアボードは、バッターボックスの外でちらっと見ればいいはず。

試合の状況をつかんで行動するのは大事ですが、そういったことに気を取られすぎるといい結果が出ないと思うんです。

 


 

【お知らせ】

■2020年2月13日(木)20時00分〜21時30分
「まだ読んでない、、、」を解消する!
積読(つんどく)本を解消するための読書会
〜90分で3冊の本を読もう〜

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール





日常で「選球眼」を必要とする場面

私たちも、日常で「選球眼」をトレーニングする場面があると思います。

たとえば、

・取引先は信頼できるのか?

・仕事を依頼した人は役割を果たしてくれるのか?

・この本は自分の問題を解決してくれる内容なのか?

・今度のセミナーで学べることは即実践に役立つのか?

・政府や会社は万が一のときに自分のことを守ってくれるのだろうか?

といった選択を、自分で見極めなければならないんですよね。

同時に、選択をするために考えなければならないものがあります。

それは、自分自身の状態です。

ここをあきらかにしておかなければ、状況に合った選択はできないと思うんですよね。

ですから、

・ビジネスはうまくいっているのか?

・ライバルに比べて自分はどうなのか?

・お客さまの数はどうなっているのか?

・ブログやフォロワーの数はどれくらいなのか?

・自分の年収はどれくらいなのか?

・セミナーやイベントにどれくらいの人がきてくれるのか?

といった面を見るわけです。

ただ、私たちは結果ばかりが気になってしまうときがないでしょうか。

というよりもむしろ、普段の私たちは結果ばかりを気にしているときのほうが多いように思います(こう書いている私自身が、よく結果を気にしまうので、、、)。

そんなときは、どのような状態なのでしょうか。

 


■スポンサーリンク




目の前の「選球眼」をトレーニングする

私たちが結果ばかりを気にしてしまい、選択に迷うとき。

それは、野球でいえばスコアボードを気にしすぎてしまう状況に似ているだと思います。

スコアボードばかり見て「まだ負けてるじゃないか」という風に。

でも、思うんです。

「試合はまだ途中」なんだと。

もしかすると、あなたも今は負けているかもしれません。

でも、ヒットを打てるように目の前のボールに集中しなければ、得点は入らないんですよね。

ですから、大事なのは、

・今の自分にできる最善を尽くす

・今のお客さまに喜んでいただくためにできることを実行する

・今の状況での最重要のタスクに取り組む

ということなのだと思うんです。

それができれば、自然にいい結果につながるはずなので。

迷ったり、不安になるときは、スコアボードを見すぎかもしれません。

それよりも、今できるプロセスに集中しましょう。

現状で何点とれているかはわかりません。

それでも、目の前のことにベストを尽くすことは変わりないはずですよね。

本来はシンプルなはずなんです。

それに、迷ってしまうと「選球眼」がぶれます。

するとボール球を打ってしまい、ヒットになりません。

これは自滅。

自分で複雑にしてしまっているんですよね。

スコアボードは気にしすぎず、「いま、ここ、自分」に集中しましょう。

目の前に迫ってきたボールに集中して、あなた自身のスイングをすることです。

それができれば、いい結果につながるはず。

そのように信じましょう。

私たちのゲームは、まだまだ終わっていませんので。

 


 

【お知らせ】

■2020年2月13日(木)20時00分〜21時30分
「まだ読んでない、、、」を解消する!
積読(つんどく)本を解消するための読書会
〜90分で3冊の本を読もう〜

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール


 

■スポンサーリンク




 

■編集後記

昨日は、息子と2人でカフェに行き、第2領域の時間。

新サービスのコンセプトを練ったり、「原田式 長期目的・目標設定シート」を書いたり、クライアントさんへのアドバイスを考えたり、ノートに考えを書き出しまくっていました。

地味な時間なんですが、こういう時間なしには成長できないと思っています。

そして、サポートしているクライアントさんから複業の「0→1」を達成しました、との喜びの声が。

クライアントさんががんばり続けたプロセスを知っているので、メールを返信しながら感動して、思わず涙が出ました。(T_T)


 


 

【メルマガを発行しています】

テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

あなたがひとりで複数のビジネスをおこない、ご自身の人生を充実させていくノウハウにご興味があれば、ぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く習慣」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!



「複業で自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

 


 

■スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

良習慣プロフェッショナルコーチ/国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)/早起きコンサルタント/ビジネス書作家/「良習慣の力!」ブログ管理人/「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者 /セミナー講師/習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」/行動習慣ナビゲーター/「習慣化の学校」サポートコンサルタント/「習慣化の智慧」サポートコンサルタント/トライアスリート/100kmウルトラマラソンランナー/会社員(営業)など、複数の活動をしている複業家。1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。これまでサポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。さらに詳しいプロフィールはこちら

-思考の習慣

執筆者:

関連記事

相手に振りまわされて困っている人へ。相手の原動力とルールはあなたと違っているのでは?

オフィスのスタッフやお客様などに、必要以上に振りまわされてしまうことはありませんか? そのようなときは、自分と同じルールを相手が持っていると考えないほうがいいのです。   スポンサーリンク …

もともと光っている部分をさらに光らせていく「星空理論」 。自分の良い面にフォーカスして長所を磨きこむ。

星座がきれいに見えるのは、暗くなっている夜空があるからですよね。 それは光っている面が目立っているからであり、私たちも星座から学べることがあります。 私は「星座理論」と名づけています。   …

「期待」について考える。心の平穏と喜びのバランスをとり続けよう

「伊藤さん、良いクライアント像を演じてすぎているんじゃない?」 先日、同期の友人コーチたちとの食事会で、鋭いひと言を言われ、私は狼狽しました。 思い当たる節があったからです。(^_^;) どうやら、私 …

コミュニティーで成長する人が持っている3つの特徴的な思考習慣とは?

新しい年をむかえたこともあり、「習慣化の智慧」コミュニティーや「習慣化の部活」コミュニティーが活発です。 私がサポートをしていて、コミュニティーをうまく活用している人たちには、いくつかの共通点があると …

誰にでも良い顔をしてしまう自分をやめる。「八方美人」でいることのデメリット。

誰に対しても「良い人」であろうとすると、「八方美人」になります。 それは一見、花火のようにきれいなものかもしれません。 ただ、どこかで「八方美人」を抜け出さないと、自分の殻を破れないとも思っています。 …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。