【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

良習慣の習慣

「成長している実感がない」と思ったらチェックしたい2つの基準

投稿日:2019/11/28

Pocket




「1年前の自分と比べて成長している実感がない・・・」

そう考えてしまうのは、考える基準があいまいだからかもしれません。

明確な着眼点を持ってみましょう。

 

「うおおおー!」と熱く叫ぶ情熱

「自分をもっと成長させたいです!」

コーチングやサポートコンサルタントをしていると、そのようなテンションの方々にお会いすることができます。

いいテンションです。

すばらしいと感じます。

そういう人がもっと増えれば、この国もより良く変わるんじゃないか。

そんな風にも思います。

ですから、応援したいと思うのです。

さらに言えば、私も「自分をもっと成長させたい!」と考えています。

ですから、テンションを高くしていたいと思っていたのです。

そのテンションがあれば、様々な習慣化が可能になるのではないか。

そう思っていました。

ですから、習慣化しようと思っていたことに挫折してしまったときは「またあきらめてしまった、、、こんなに続かないのは、きっと自分のテンションが低いせいだ」と。

そんな風に考えていました。

ですから、私は、考えていました。

「うおおおー!」って言うように生きてみたいと。

過去のドラマで、吉田栄作さんが「うおおおー!」と叫んでいたときのように。

世代的に通じるかどうかはわかりませんが書いてみました(笑)。

今なら、松岡修造さんの方がわかりやすいですね。

そういう風に生きられたら、熱い男になれそうです。

そうすれば、人生がもっともっとうまくいくように思っていたのです。

しかし、さまざまな習慣化をくり返すうちに「それは違ってたんだなあ・・・」ということに気づいてしまいました。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール





テンションやモチベーションより大事なもの

テンション高く生きる。

たしかに、それはどこか理想的かもしれません。

テンションが高ければモチベーションも高まるでしょう。

「やってやるぜ!」みたいな。

ただ、どうでしょうか。

24時間365日、ずっと「やってやるぜ!」と言ってられるかどうか。

少なくとも、私には簡単ではありませんでした。

もちろん、それができれば理想的かもしれません。

でも、本当に身近にそういう友人がいて、あなたと接するときに常に「やってやるぜ!」って言っていたら、どうでしょうか。

適切なコミュニケーションがとれなくて大変そうではないでしょうか(笑)。

実際、コーチングでも「やってやるぜ!」というクライアントさんは、、、残念ながら続きません。(^_^;)

なぜなら、私たち人間は、24時間365日ずっと「やってやるぜ!」というわけにはいかないからです。

というより、それができなかったので今の状態(習慣化できない状態)なわけです。

それを「さらに熱くいこう!」というアプローチで埋めていくというのは、至難の技でしょう。

何より、私自身がテンション→モチベーションのアプローチをとろうとして失敗し続けてきました。

くり返しになりますが、クライアントさんでも成果にうまく結びつかない方はこのパターンです。

では、どうすればいいのでしょうか?

私がの考えは、テンションやモチベーションを高めるのではありません。

では何を高めるのかといえば、

・良習慣のレベルを高めること

を考えて、実行するようにしています。

 


■スポンサーリンク




成長をはかる2つの基準

では、

・良習慣のレベルを高めること

とは、具体的にはどのようなことなのでしょうか。

ポイントは2つあります。

それは、この1年間で

1:どんな良習慣を(意図的に)身に着けてきたのか?

2:良習慣の質が向上しているか?

です。

 

1:どんな良習慣を(意図的に)身に着けてきたのか?

1つ目は、この1年間で

・どんな良習慣を(意図的に)身に着けてきたのか?

ということです。

これは自然に身についた習慣ではなく、意図して身につけた習慣です。

つまるところ、「自分はどんな人生を送りたいのか?」「どんな人になりたいのか?」
ということを考えることは、

・どんな良習慣を(意図的に)身に着けてきたのか?

ということと非常に意味が近いからです。

理想の未来のために良習慣があるので。

ですから、もしもあなたが

「自分は1年前と比べて成長しているのだろうか?」

と思ったときは、

「自分は1年前と比べてどんな良習慣を(意図的に)身に着けてきたのか?」

と言う質問を自分にしてみましょう。

1年前より良習慣が増えていれば、それはあなた成長したということです。

一方で、1年前とまったく変わっていない習慣だったら、残念ながら成長したとはいえないかもしれません。

むしろ悪い習慣が身についてしまっているとしたら、それは成長していない・・・というよりも衰退しているということになってしまうでしょう。

 

2:良習慣の質が向上しているか?

2つ目は、

・身に付けている良習慣の質が向上しているか?

というところをチェックしましょう。

たとえば、私が習慣にしている「ひとり戦略会議」。

これは、じつは最初はただのひとり飲み会でした(笑)。

きっかけは「ひとり戦略会議」の習慣をスタートした当初、会社の仕事が終わったあとに英会話スクールに通っていたときのことです。

英会話スクールが終わったときというのは、1週間の大量の課題を終えた心地よい疲労を感じています。

達成感もあります。

しかも、スクールの友人たちと別れればひとり。

このひとり時間。

子どもが小さい頃は、特に貴重だったのです。

疲労感→達成感ときて、ひとり時間という解放感。

そんなときです。

目の前にやきとん屋が現われたのは(笑)。

「ほんとに軽く1杯だけ」

そんな気持ちでのれんをくぐりました。

そこでホッピーを飲みながらはじまったのが「これから自分は、どんな人生にしていきたいのかな、、、」という感じの問いでした。

言ってみれば、ただそれだけの時間だったのです。

他愛もないたった30分の時間です。

ただしそこから、毎週ひとり時間を継続するようになると、30分の使い方が徐々に変化してきました。

順不同ですが、

・人生の「6本の柱」を考えるようになった

・自己投資の情報収集をするようになった

・マラソン大会などのレースの予定を考える時間になった

・先週1週間をふり返る時間になった

・今週1週間をプランニングする時間になった

・お酒の力を借りて師匠たちに直あたりする時間になった

・妻に手紙を書くこともあった

・最近会っていない友人たちにメッセンジャーを送る時間になった

・自分の天職を考える時間になった

・人生計画を考える時間になった

という感じで、30分の自己対話の質がどんどん高まっていったのです。

同じように、早起きなら6時起きだったのが5時半起きになれば成長したということです。

また、同じ時間でランニングやウォーキングのスピードが上がり、タイムが速くなったとすれば、質を高めているということになるでしょう。

 

習慣を磨き続ける

習慣とは、言うまでもなくくり返すことです。

「継続は力なり」という言葉の通り、くり返しはパワフルなのです。

とはいえ、習慣があまりにもパターン化しすぎるのも問題。

良習慣のつもりがいつしか惰性になってしまったとしたら、そこに成長はありません。

そこに気づいたら、日々の習慣を見直すこと。

そうして、ブラッシュアップできるポイントがないか意識してみましょう。

そのためには毎日のふり返りの習慣や「来週1週間をどんなふうにすごしたいのか?」といったプランニングの時間をとることが必要です。

ですから、そういった時間を積極的に確保するようにしましょう。

そのようにして、ただ単に一定の行動をくり返すのではなく、良習慣を磨き続ける事が重要なのです。

 

まとめ

今回の記事では「1年前の自分と成長しているかどうか?」という質問に対して、私なりの成長の基準を2つ挙げてみました。

あなたは1年前と比べていかがでしたでしょうか。

もしその習慣が身についていないとしても大丈夫です。

今年はまだ1ヶ月以上も残っているので。

ぜひ「成長しているかどうかをはかる基準としての良習慣」を、今年のうちに少しずつ始めてみて、来年のスタートからの定着を目指していきましょう。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール


 

■スポンサーリンク




 

■編集後記

昨日は、帰宅後に妻と映画鑑賞。

仕事のことなのでタイトルをお伝えできないのがいつも惜しいのですが、、、(^_^;)

「正義とは何か?」を考えさせられる痛快な映画でした。

優しい人は強い。

強い人は優しい。

守りたい大事なものを失ったときの女性のタフネスは、ハンパじゃないですね。(^_^)


 

【メルマガを発行しています】

テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

あなたがひとりで複数のビジネスをおこない、ご自身の人生を充実させていくノウハウにご興味があれば、ぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く習慣」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!



「複業で自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

 


 

■スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

良習慣プロフェッショナルコーチ/国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)/早起きコンサルタント/ビジネス書作家/「良習慣の力!」ブログ管理人/「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者 /セミナー講師/習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」/行動習慣ナビゲーター/「習慣化の学校」サポートコンサルタント/「習慣化の智慧」サポートコンサルタント/トライアスリート/100kmウルトラマラソンランナー/会社員(営業)など、複数の活動をしている複業家。1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。これまでサポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。さらに詳しいプロフィールはこちら

-良習慣の習慣

執筆者:

関連記事

子どもに歯医者さんを嫌いにさせないために親ができることがあります!

「早起き」メルマガ(有料)始めました! 登録はこちらから! メルマガ登録・解除 幸せな成功をつかむ!「朝4時」起きの技術!~「早起き」は人生変革への最短ルート~ 購読料:¥200/月(申込当月 …

「プレゼンが怖い!」を解消する方法

「早起き」メルマガ(有料)始めました! 登録はこちらから! ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ メルマガ登録・解除 幸せな成功をつかむ!「朝4時」起きの技術!~「早起き」は人生変革への最短ルート~ 購読料:¥ …

「ロールモデル」を見つけて真似をすることこそ、もっとも手っ取り早く「行きたい場所に行く」秘訣。

  こんにちは! 銀座コーチングスクール認定コーチ「早起きコーチング」の伊藤です。 本日は「ロールモデル」のお話です。     目次1 大切なのは小さな意思決定の積み重ね …

no image

「頑張ってください!」より「応援しています!」

———————————————————— 当ブログは、「良習慣(りょうしゅうかん)」(私の造語です 笑)によって「人生の変革」にチャレンジし続ける軌跡をつづった奮闘記です。 私が「良習慣」を獲得してい …

タイマーの活用が苦手な人へ。ストップウォッチ式を試してみませんか?

「タイマーをアラームとして活用するのが合わないんですよね」という悩みを聞きました。 そのようなとき、タスクの内容によって、タイマーをストップウォッチとして使う方法も試してみましょう。   目 …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。