【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

気づき

余暇の時間は「何をやったか?」と同じくらいに「何を感じたか?」が重要。

投稿日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

時間あたりに対する「活動内容」は、もちろん大事です。

ただ、その一方で、時間に対して「感情」をベースにとらえることも忘れてはいけないと思っています。

 

スポンサーリンク


 

夏季休暇の時間の使い方

夏季休暇の5日間は、

・ブログ
・複業メルマガ
・「習慣化の学校」フォローアップ
・「習慣化の学校」メルマガ
・習慣化コミュニティーサポート
・会社の仕事のメール対応

など、最低限の仕事はしつつ、普段は取りかかれていないこと、たとえば、

・セミナーの動画教材を観る
・セミナーの音源をきく
・小説を読む

に時間を使いました。

また、夏季休暇はずっと家族(お互いの両親なども)と一緒にすごせたので、昨日は半日だけひとりの時間をもらい、

・朝スイムのトレーニングが終わったあとに自主練(普段は会社があるので、すぐに切り上げる)
・モーニングを食べながら、ブログやメルマガの執筆
・はじめており立つ町を散策
・気になっていたお店で昼飲み(笑)

など、気ままな時間を過ごしました。

そのような時間の中には、

・楽しくて二日酔いになるまでお酒を飲んでしまった
・二度寝してしまった
・YouTubeやAmazon プライム・ビデオを見続けてしまった

といった時間もありました。(汗)

これらは、一見すると「むだな時間」かもしれません。

 

感情から考える「時間」

時間をむだにしてはいけない。

これは、私もそのように思っていますし、実際その通りでしょう。

ただ、受取り違いしたくないのは、

・遊びの時間
・リラックスする時間
・だらだらする時間

などをゼロにする必要はない、ということです。
(まじめな人ほど、そのように考えてしまいがちですが)

しかし、そのような時間は意図して取り入れるのであれば問題ありませんし、むしろ確保すべき時間です。

たとえば、

・ゲームに熱中した
・ネットサーフィンをやり続けた
・お笑い番組を観て笑った

といった時間があっても、意図的におこない、

・爽快感があった
・すっきりした
・いい気分転換になった

というのであれば、それは無駄な時間ではありません。

それよりも避けたいのは、

・自分が嫌いなことに時間を使ってしまった
・本当はやりたいくないこと(スマホなど)に熱中してしまった
・意図せずにだらだらしてしまった使途不明時間をつくってしまった

といったような、あとで悔いが残る時間の使いかたでしょう。

 

プラスの解釈でとらえ直す

心と行動は密接につながっています。

・いい気分
・楽しい
・集中している

といった感情で過ごせることは、心にとっては意義があります。

一方で、

・つらい
・苦しい
・がまんしなければ

と思いながら過ごす時間は、活動内容が立派なことであっても、自分にとって有意義な時間とはいえないと思うのです。

度が過ぎると、自分にとってマイナスの時間にもなり得ます。

ですから(私のように)、

・楽しくて二日酔いになるまでお酒を飲んでしまった
・二度寝してしまった
・YouTubeやAmazon プライム・ビデオを見続けてしまった

ということがあっても、必要以上に自分を責めるのはやめましょう。

自分を責めたり、後悔した瞬間に、自分にとってマイナスの時間になってしまいます。

そのようなときは、

・まあ、たまには仕方ない
・ときには、こんなこともあるよね
・普段は自分なりにがんばってるじゃないか

と考えてみてはいかがでしょうか?

とらえ方を切り替えれば、一見むだにしてしまったと思う時間も、有意義な時間にとらえ直せるものです。

それよりも、自分を否定しすぎたり、自分を責めすぎるほうが、害があるのですから。

 

・・・夏季休暇のたった5日間で体重が2kmも増えてしまった自戒の記事です。(汗)

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、夏休みの最終日。

まず5時起きで朝スイムに行って、2500m泳ぎました。

その後、ブログとメルマガを書きつつ、新丸子の「三ちゃん食堂」へ。

活気のあるお店・・・というより戦場のようでした。(笑)

趣味になりつつある「孤独のグルメ」で気になったお店探訪です。(^_^)

夜は家族と一緒に灯篭流しのイベントに参加。

川の流れにゆれるたくさんの灯籠が、夜の川面を幻想的な雰囲気にしていました。

【募集中】
2017年8月17日開催:【これで続けられる!「良習慣の見つけ方」セミナー 〜今の自分に本当に必要な習慣を発見しよう〜】

2017 年8月24日開催:毎日ブログを更新する!「ブログ習慣化」セミナー 〜ブログを書く習慣で毎日を充実させる〜

2017年9月7日開催:毎日目標を達成する!「1年で100個のやりたいことを達成する!」ワークショップ

2017年9月14日開催:もう2度寝しない!「早起き習慣化セミナー」 〜朝2時間の自由時間を生み出す〜

【メルマガはじめました】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

▼登録は下記よりお願いいたします!
https://55auto.biz/ryoushuukan/touroku/entryform3.htm

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■お知らせ

【セミナー募集中!】
2017年9月14日開催:これで習慣化できる!「良習慣の見つけ方&続け方」セミナー 〜今の自分に本当に必要な習慣を発見しよう〜

2017年9月21日開催:もう2度寝しない!「早起き習慣化セミナー」 〜朝2時間の自由時間を生み出す!〜

2017年10月6日開催:毎日を超充実させる!「やりたいことリスト100」をつくるセミナー

 
コーチングサービスは随時承っております。
コーチングのお申し込み

■当ブログへのお問い合わせ・ご感想はこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前 ( * 必須)

メールアドレス ( * 必須)

題名

メッセージ本文

■スポンサーリンク


-気づき

執筆者:

関連記事

「パクる」から「サンプリングする」へ。違和感を覚える言葉は変換しよう。

人と話したり、文章を書いているときに、自分が選ぶ言葉に違和感を覚える瞬間がありませんか? そのようなとき私は、似たような言葉に変換できないかということを考えるようにしています。 たとえば、「パクる」と …


嫉妬心は必ずしも悪ではない。嫉妬心をエネルギーに変えていこう。

あなたは最近、「嫉妬」を感じたことはあるでしょうか? 私は、あります・・・というか、ありまくりです(笑)。 最近の体験から「嫉妬心」について考えたことを記事にします。   スポンサーリンク …


成長スピードを倍速にする!学べるのは失敗だけでなく偶然の成功体験からも学ぼう。

  こんにちは、伊藤です。 年度末を迎え、会社の業務が積み重なっています。。。(T_T) 今期はなんだかいろいろと案件が詰まっているな、と感じていたら、3月はぼく個人の売上達成度が250パー …


映画「ペイ・フォワード」のように、コーチングで「勇気のバトン」を次に渡していく

  こんにちは! 銀座コーチングスクール認定コーチ「早起きコーチング」の伊藤です。 今日は嬉しいことがあったのでご報告させてください。(笑) 今年は、 ▼早起きセミナー ▼コーチング ▼ブロ …


努力できる環境に感謝する

■イケダハヤトさんの記事に衝撃   イケダハヤトさんが書かれた二つの記事を読みました。   ※ご参考 ■10月12日付け 「努力できる」あなたは、とっても恵まれているんですよ ■1 …


似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930