【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

先のばしを減らす習慣 気づきの習慣 行動の習慣

「行動力がある人」になるための考え方とは?

投稿日:2020/07/05

Pocket

「失敗とは、成功から遠ざかるものだ」と考えるか。

それとも、「失敗とは、今のままだと成功に近づかないと教えてくれるものだ」ととらえるのか。

あなたはどちらでしょうか?




 

「失敗」についての文章

スタンフォード大学で「失敗」についての講義をしているライアン・バビノー氏。

その方が書いた「失敗」についての文章をシェアさせていただきます。

失敗を研究し尽くしている人が定義する「失敗」とはどのような内容なのか。

興味深いです。

ぜひ、じっくり味わって読んでいただきたいと思います。

 

“失敗とは、コースから外れていることを教えてくれるもの

失敗とは、もっと学びが必要であることに気づかせてくれるもの

失敗とは、自分という製品を試すもの

失敗とは、いま自分にどんな助けが必要かを示してくれるもの

失敗とは、冒険

失敗とは、誤った情報が伝えられているのを知らせるもの

失敗とは、実験

失敗とは、あなたがどのようにもっとがんばればいいのかを知っているもの

失敗とは、それがベストなアイデアではないと教えてくれるもの

失敗とは、自分という市場の調査

失敗とは、色々と試すこと”

 

さて、あなたは今「失敗」について、どう感じているでしょうか。

私は、この文章を読んで「失敗」に対するとらえ方が変わりました。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール





成功の反対は「何もしないこと」

私がよく「失敗」を感じているのは1日のすごし方です。

計画するのは好きな方で、定期的に理想の1日を考えます(つい先日も書きました)。

「こんな1日がすごせたら、3年後の自分は別人になっているだろうな」

そのようなことを感じる理想の1日のスケジュール。

もちろん、作成したらできるだけそのスケジュール通りにすごせるように段取りを考えます。

準備もします。

でも。

1日が終わる前にふり返りをすると、理想の1日とはかなり違った1日になっていることに気づきます。

このとき、私は「今日は計画通りにいかなかったから失敗の1日だった」ととらえていました。

「計画」とは、その通りに進めるためにつくるものだと考えていたからです。

しかし、本当にそれが「失敗」なのかどうか。

冒頭の文章を読んで「失敗」について考えると、どうも違うのではないかと。

以前の私は、「失敗」について下記のようにとらえていました。

「失敗とは、成功から遠ざかるものだ」という風に。

そう考えてしまったら、「失敗」はとても嫌なものですよね。

「失敗=成功の反対にあるもの」なわけですから。

ただし、ライアン・バビノー氏の冒頭の文章をじっくり読んでみると、とらえ方が変わりませんか。

あくまで文章上でとらえるだけではありますが、「失敗=成功の反対にあるもの」ではありません。

「今のままだと、成功に近づかないよ」と教えてくれているのが「失敗」ということになるのですね。

私たちが何か行動を起こせば、現実からフィードバックがあります。

それが表面的には失敗に見えても、それは改善するためのヒントになります。

その時点で、次の成功に近づくわけです。

でも、「失敗」を恐れて何もしなければ何も起こりません。

これだと成功に近づくことは無いのですよね。

成功の反対は「何もしないこと」。

つまり、何もしないで成功することはないのです。

失敗したくなければ、成功を目指さなければいいわけですから。

ですから、むしろちょっとした「失敗」は成功へのプロセスになるわけです。

 


■スポンサーリンク




「失敗」を「資産」に変える

このプロセスを「失敗とは、成功の途中の名前である」と言われている方がいました。

まさに、その通りなのです。

たとえば、私が「失敗」ととらえた1日。

それは、ふり返って「明日はここを直してみよう」ということがわかれば、それは改善策をたてるための素材に変わります。

そうして、翌日は昨日よりも5パーセントだけ理想に近づくようにする。

それをくり返していくことで、1日のすごし方の最適化が進んでいくわけです。

こうなれば「失敗」は「資産」に変わります。

ほとんどの場合、小さく「失敗」することは、次の「失敗」を引き起こさにようにするためのヒントなのです。

たとえば休日のすごし方もそうです。

以前、土曜日の午後にコーチングセッションを入れたとき、なんとなく朝からそわそわしてしまったことがあります。

それで「休日は午前中にコーチングセッションを入れるようにしよう」と、次の休日のすごし方を改善しました。

同じように「平日の夜にセミナーを受けると、毎日のルーティンがパンクする」ということがわかったとします。

そうなったら、「メルマガの執筆時間を短くして、ランチタイムに書けるサイズにしよう」と改善できるわけです。

そのように考えていくと、「失敗」は「私たちがより良い未来を過ごせるように教えてくれるもの」になりますよね。

これをセミナーで学んだとき、しびれました。

なぜなら、それまでの私は「うまくいくためにはどのような決断をすればいいのだろう?」と考えていたからです。

そのため決断が遅くなり、優柔不断になり、結果におびえていたのです。

でも活躍する人は違うのです。

次にとり組むときにうまくいくように、多少の「失敗」は許容しているのです。

それを予測しているし、「失敗」に対する心の余裕も持っているので知小さな失敗があっても「はい次、はい次」ができるわけです。

これが「行動力のある人」のメカニズムなのですね。

あなたも「行動力のある人」になるために、ぜひこの流れを覚えておいていただきたいと思います。

そして、ここまで読んでいただいたあなたは、冒頭の失敗についての文章をぜひ再読してみましょう。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール


 

■スポンサーリンク




 

■編集後記

昨日は、朝6時30分からのコーチングセッション。

その後にビジネスのコンサルティングを受けました。

さらにその後にコーチングセッションをもう1件。

充実の午前中でした。

午後に妻とカフェ巡りを兼ねて私のスケジュール確認や複業の方向性について情報共有。

妻に複業ビジネスの熱い想いと今後の展望をたっぷり語り、充電の時間となりました。(^^)


 


 

【メルマガを発行しています】

テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

あなたがひとりで複数のビジネスをおこない、ご自身の人生を充実させていくノウハウにご興味があれば、ぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く習慣」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!



「複業で自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

 


 

■スポンサーリンク

-先のばしを減らす習慣, 気づきの習慣, 行動の習慣

執筆者:

関連記事

1日5分のわずかな瞑想でイライラや不安が解消できる

不安やイライラを1日5分で解消する方法があります。 それは、瞑想をすることです。   目次1 ネガティブな気持ちへの対処は瞑想の習慣2 瞑想を続けると脳の形が変わる3 1日5分の瞑想を習慣化 …

「歯みがきするようにブログを書く」のは可能なのか?

「歯みがきするようにブログを書く習慣を身につけたい」 あなたは習慣についてそんな風に考えたことはありますか? だとしたら、ちょっと考え直してみるのもいいかもしれません。 私がそう考える理由を記事にして …

自分と相手の時間を有益に。あなたの自己紹介ツールは何ですか?

「一億総中流」が崩れた現代、いまやビジネスパーソンだけでなく、主婦や学生のかたでも「個」をアピールする時代だと感じています。 それなのに、自己紹介ツールを持っていない人があまりにも多いように感じていま …

自己成長を目指す人なら覚悟をしておきたい「成長痛」が訪れること。

中高生のとき成長期にあった「成長痛」。 それは、大人になっても成長し続ける限りやってくるもののようです。   スポンサーリンク   目次1 現状の満足と不満を書き出すワークにトライ …

「シティーハンター」から学ぶ、大事な人からのパワー。あなたが続かないのは、目的が自己中心的すぎるのかも。

私たちは、自己中心的になりすぎると目的を見失って挫折することがあります。 挫折を避けて継続するために、自分以外の人のパワーをいただくことも考えてみましょう。   スポンサーリンク &nbsp …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。