【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

気づきの習慣

「世の中の自分」意識を忘れないように、外のコミュニティーに飛びだしてみよう。

投稿日:2016/12/25

Pocket

ランチームの忘年会に参加して、あらためて気づいたのですが、フラットな人間関係というのは心地よいものですよね。

利害関係がないので、とても安心できますし、私の声が小さくて聞きとれなくても笑いに変えてくれます。(笑)

この快適な状態は、私がリスク領域に飛びだして「外の世界」に踏み出したからこそ得られたものです。

 

スポンサーリンク

 

人間関係の立場によって態度を変える人

よく話題にもなりますが、飲食店のスタッフの方に横柄な態度をとる人がいますよね。

相手の肩書や立場によってあからさまに態度をかえる人というのは、私は苦手です。。。

たとえ相手が弱い立場だからといって、上から目線になるような人は、権力や利権を持つと態度が豹変するようなところがあるものです。

仮に私が会社の人事権を持っていたら、そのような人を出世させてあげたいとは思えないでしょう。

たとえば、自分が歳上だとわかると、急に高圧的なものごしになる人に出会ったこともあります。

同じように、学歴や性別などの差によって力関係をつくろうとする人も信用するのは難しいです。
(このあたりもビリーフに関係してくる部分はあるのだと感じますが・・・)

私は相手や環境に左右されずに謙虚で自然体で接する人に憧れますし、私自身もそうなれるようにトレーニング中です。

 

外のコミュニティーで多種多様な思考や人間関係を学ぶ

今年私がかかわった習慣化専門学校は、経営者の方や天職を見つけたいと考えている人から主婦の方まで多種多様な人たちが集まっていました。

お互いに同じセミナーを受講し、グループコンサルティングで人生の課題に向き合い、たくさんの意見交換をしてきました。

そこでは、年齢も職業もまったく関係はありません。

ただひたすらに「自分の人生に誠実に向き合い、成長して自分の人生をより好ましく変えたい」という志を同じくする同志であり仲間のような存在です。

どこの会社につとめているとか、どこの大学出身だとか、どのような肩書なのか、といったこととは無縁の世界。

そのような世界に身をおくと、同じ会社の人たちとばかり群れている状況ということに危険を感じます。

自分の思考が無意識のうちに固定化されているのがわかるからです。

今の時代、思考を柔らかくさせておかないとついてけませんので、そうならないために会社のも外のコミュニティーは大事だと思うのです。

 

「外の世界」を意識し続けよう

私のように40歳をすぎると、会社でも、コミュニティーでも、好むと好まざるとにかかわらず、それなりの立場を与えられるようになるものです。

しかし、それだからこそ、相手によって態度を大きく変えるようなことは避けたいと思っています。

私の友人たちの話では、職場のチーム内に年上の部下がいて、マネジメントがやりにくいという話を聞くようになりました。

また、自分の能力がなければ、逆に年下の上司ができる可能性だってあるわけです。

日本の組織が年功序列ではやっていけなくなってきているからでしょう。

そのようなやりづらさの一因は、組織に属していることに起因しているのですよね。

たからこそ、外のコミュニティーに属してみることがおすすめです。

外の視点から内部を眺めてみると、内部のデメリットを発見することがあります(もちろん、その逆もあります)。

何より、自分という人間の存在を客観視できることは大きいです。

外のコミュニティーでは、組織内のポジションや肩書ではなく、いわゆる「世の中」における自分のポジションを考えざるを得ません。

これが良いのです。

ですから、今の会社や組織と関係がないコミュニティーに身を置いてみることをおすすめしたいのです。

そのためにも、いつもの安心・安全な空間から少しだけ飛びだしてみる。

日時生活を送っているとつい忘れてしまいますが、自分が存在している世界より、自分が存在していない世界のほうがずっと広いし、大きいのですよね。

そのような世界の広さを忘れないためにも、外の世界に目を向けていきましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、娘と2人で娘の新しい自転車を買いに行きました。

これまでもいくつかお店をあたってきたのですが、気にいった色がなかったり、サイズが合いませんでした。

ですが、昨日ふと訪れたお店に、娘がカタログをみて希望していた自転車が、まさにそのお店に売っていたので驚きました。

クリスマスプレゼントというわけではなかったのですが、結果的に良いタイミングで自転車を買ってあげられたことになりますよね。(^_^)

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-気づきの習慣

執筆者:

関連記事

重要な活動に集中する方法。「3文字略語法」でフォーカスをあてる。

自分にとって重要な、常に意識しておきたいものです。 そのために「3文字の略語」にしておきましょう。   目次1 「充実した時間」を計測できるか2 重点活動を3文字にまとめてみよう3 「3文字 …

「食事」は双方向の気づかいと思いやり。あなたは相手へのリスペクトを持っていますか?

  こんにちは、伊藤です。 中学生の息子が朝食をつくってくれました。 「家族のための朝食をつくる」という春休みの宿題のためです。 息子があぶなっかしく朝食をつくる姿(笑)を見つつ、ぼくは少し …

「一見大事そうに見える緊急事項」を詰め込んで成功した人はいない 〜サバマヨパンからの学び〜

私たちの毎日には「一見大事そうに見える緊急事項」がたくさんやってきます。 その勢いに流されないように対処していきましょう。   目次1 「サバマヨパン」を買って失敗した話2 「一見大事そうに …

先のばしを続けたら10年後はどうなるのか?ネガティブな未来をあえてイメージして行動を促す。

先のばしを続けたらどうなるか。 あまり考えたく無いことですが、やってみることで動き出すモチベーションづくりになるものです。   スポンサーリンク   目次1 自己投資をさぼった10 …

1日の「濃度」を高める続けることが、人生というビッグプロジェクトの「濃度」を高める。

私たちが持っている時間は、例外なく有限です。 その有限の時間を、できる限り「濃く」していきたいと考えています。   スポンサーリンク   目次1 「普通の毎日が続いていく」という思 …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。