【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

書く習慣

長文メール、長文投稿をやってしまう方へ。受信サイドのダメージに思いを馳せてみませんか?

投稿日:2017/12/20 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

長文メールやSNSでの長文投稿をしないように注意しています。

それは、受信サイド(自分も含む)の時間を私なりに配慮している(つもり)からです。

 

スポンサーリンク

 

文末に「。」をつけない意図に気づく

トライアスロンチーム・ランチームのキャプテンである元帥とメッセンジャーなどでやりとりをしたとき、気になっていたことがあります。

それは、メッセージの文末に「。」をつけないことです。

文末には「。」をつけることが常識になっていた私は、最初はその意図がわかりませんでした。

むしろ「。」をつけるのが嫌いなのかな、くらいに思っていたような・・・。(^_^;)

その後、「自分の時間を大切にしている元帥だから、句読点ひとつとっても配慮しているんだろうな。すごい、徹底しているからだ。」という驚きになりました。

たしかに、1日に何十、何百、何千という文章を書くとして、そのたびに句読点を必ずつけていたら、1日に何回打つことになるのか、ということですよね。

ブログのような文章ならまだしも、メッセージのやりとりなら文末の「。」は不要です。

そこを省けば、1日だけでなく、何ヶ月も何年もやりとりするとすると、句読点を省くだけで相当な時間が節約できますよね。

しかし、最近気づいたのは、そこにはさらに先があることです。

句読点をつけないのはご自身の時短だけではありません。

受信サイドの時間も大切にしているということなのです。

 

長文は相手の時間も奪っている

仕事をしていれば、毎日たくさんのメールを受信し、送信します。

その中でやりとりしていて、長文メールを送ってくる人で、仕事ができる人というのをあまり見たことがありません。

なぜなら、そこには「受信サイドへの配慮」が感じられないからです。

発信者が長文を書くのは自由です。

時間がかかっても、長文を書きたいということなのだと思うので。

ただ、それを長文のままメールする人というのは、受信する相手のことを尊重していないということにつながるのではないでしょうか。

箇条書きを使ったり、一文を短くするなどの工夫をすれば、長文すぎるメールにはならないはずです。

その配慮がないのは、「自分の思考が整理できていません」と表明しているのと同じことかもしれません。

受信サイドからしてみれば、長文のメールは読みづらく、時間を奪われるものです。

受信側の時間コストを、もっと考えて欲しいものだと思ってしまいます。。。

もしも、長い文章がやる気を伝える、と考えているのなら、メールではない手段を選びましょう。

要は、

・まとまりがない長文のメール
・手書きのFAXでのセールス
・FacebookなどSNSへの長文の投稿

など、それらに共通しているのは、発信者が受信サイドのことを考えていない、ということです。

 

受信サイドに配慮した投稿を意識しよう

メールやSNSで長文を書く人というのは、

・自分の要求を伝えたい
・自分の実績をアピールしたい
・自分の考えがいかにすばらしいか知ってもらいたい
・自分の思考を書きながら整理したい

といった意図があるのでしょう。

しかし、そのような長文を見たとき、受信サイドは、「この人は、、、自分のことしか考えていないんだなぁ。。。」と思われてしまいます。

これは、自分のブログやメルマガなどのマイメディアでやる分にはいいのです。

自分のメディアなのですから、思う存分書いていいのだと思います。

私もそうですが、ブログは受信サイドが「読まない」という選択肢を選べますので。

しかし、メールやSNSコミュニティーだと一定数、目を通す人はいるわけですから、自分の想いだけを長文で投稿をするのは頻度を考えたほうがいいでしょう。

それは、たとえば、グループのメンバーで話し合いをしているときに、割り込んで自分ひとりが好き勝手に一方的に話すのと同じことです。

リアルではやらないようなことを、メールやSNSだとやってしまう人は多いのですね。

受信サイドのときはわかることが、発信者になったとたんに見えなくなる、ということなのかもしれませんね。(^_^;)

だからこそ、

・意図せずに相手の時間を奪っていないか
・ひとりよがりの投稿になっていないか
・受信サイドがどう考えるか、という想像力を失っていないか

ということに思いを向けることが大事だと思うのです。

人の時間を奪ってしまうのは、受信サイドにも、迷惑だと思われる発信者(自分)にもダメージがあります。

ですから、発信者としての長文が、受信サイドにダメージを与えていないかどうか。

SNS過多の時代だからこそ、ふり返る時間をとってみましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、会社の仕事終わりで取引先の忘年会に参加。

飲みすぎるということはありませんでしたが、久しぶりに終電まで参加してしまいました。。。(^_^;)

【募集中】
1月11日(木)19:30〜21:30 「やりたいことリスト100」セミナー 〜やりたいことで満たされる毎日をつくる〜

1月18日 19:30〜21:30 毎日ブログを更新する!「ブログ習慣化」セミナー 〜ブログを書く習慣で毎日を充実させる〜

1月25日 19:30〜21:30 もう2度寝しない!「早起き習慣化セミナー」 〜朝2時間の自由時間を生み出す〜

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。
ひとり複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひ!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!
https://55auto.biz/ryoushuukan/touroku/entryform3.htm;;




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-書く習慣

執筆者:

関連記事

伸びる人と伸び悩む人の差を分けるものは何?「仮説と検証」を繰り返す習慣を持とう!

上期が終わったこともあり、会社で下期に向けた面談がありました。 私は無事に予算をクリアしたので雑談で終わったのですが(笑)、入社時期が1年しか違わない後輩は、上司にかなりしぼられた状態で会議室から出て …

悪循環のリズムに振りまわされそうなときこそ、理想の1日を見直すタイミング。

今までの生活リズムが変わるタイミングで、悪循環のリズムにおちいりそうなときがあります。 そのようなときは、理想の1日のスケジュールを見える化することで解決していくことがおすすめです。   ス …

「6本の柱」よりも「悩みの8つの分類」がおすすめ。「未完了リスト」に適した分類方法を考える。

世の中にはたくさんの優れたフォーマットやフレームがあります。 その切り口は、テーマや目的から考えて使用することが重要です。   スポンサーリンク   目次1 「未完了リスト」のつく …

ブレインライティングというアイディア発想法をご存じですか?ひとりでもブレインライティングができます

あなたは「ブレインライティング」というアイディア発想法をご存じですか? 通常は複数人で行うのですが、実験的にひとりでやってみました。     目次1 ブレイン・ライティングとは?2 …

イラッときたときの対処法。ネガティブな感情をためこまずに、ストレートに吐き出す。

イラッとした際、どのように対処していますか? ネガティブな感情には、自分なりの対処法を持っておくことをおすすめします。   スポンサーリンク   目次1 責任を押しつけてきた人にイ …

検索

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031