【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

書く習慣

自分の成長ののびしろは「疑問」の中にある。書く習慣で疑問に形を持たせよう。

投稿日:2017/03/23 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

私が日記やブログを書き続けている理由のうちの大きな1つに、「自分の疑問を言語化しておく」というものがあります。

疑問を持たない人間は成長がとまってしまうと思っているからです。

 

スポンサーリンク


 

さぼっていなくてもネタ切れになる

先日、コーチングの継続クライアントさんとのセッション中に、「伊藤さんは、ブログのネタ切れにならないのですか?」とたずねられました。

3年半以上ブログを書いてきましたが、正直なところ、毎日のように「もう、書くネタがない・・・」となっています。(笑)

これは(ブロガーの方ならわかっていただけると思うのですが)、私だって日常生活をさぼっているわけではないのです。

むしろ、会社の始業前にはたらいて、会社でもはたらいて、終業後もはたらいているくらいです。

そのように、まじめに働いて、決めたタスクにとり組んで、物事がスムーズにいっている・・・といった状態のときほど、意外とネタが出てこないのですよね(あくまでも私の場合かもしれませんが)。

 

もやもやは「書く習慣」で言葉にしてみる

しかし、不思議なことなのですが、「いや、もう本当に書くネタがないわ。。。」と思っていても、数日が経過するうちに、アイデアやヒントが出てきて「そうだ、これを書こう!」というヒントやインスピレーションが出てくるものです。

それはなぜなのか?

ちょっと考えてみたのです。

結論は、シンプルでした。

それは、私が「生きている」からだと、気づいたのです。

自分を磨くために自分なりに懸命に生きていると、思い通りに進まないことが出てくるものです。

たとえば、

・くやしいこと
・悲しいこと
・もどかしいこと
・憤りを感じること
・不安になること
・嫉妬を感じること
・落ち込むこと
・歯がゆいこと
・整理しきれないこと

などといった気持が、自分の心をむしばんでくることがあります。

そのような感情が出てきたばかりのタイミングでは、すぐに整理できないことが多いです。

ただ、そのあとに救ってくれている習慣があります。

それが、「書く習慣」なのだということに思い当たったのです。

それは、このブログはもちろん、感情日記やひとり会議で感情や想いを書き出すことによって、感情を文字にしてみるのです。

それを習慣化することによって、自分の感情に向かい合い、気分を落ち着けることができます(100%完璧にではありませんが)。

さすがにブログに書く際には、少し時間をおいてから、多少の体裁をととのえて書くようにしていますが、感情日記やひとり会議ノートは文章にもなっていないこともあります。(笑)

それでも、そのような「自分でもよくわからない状態」のまま書き出すことも大事なのです。

 

「疑問」に向かい合ってこそ成長できる

私の「自分感情メモ」の中心にあるものは、「疑問」つまり、「?(クエスチョンマーク)」なのだと考えています。

感情でいえば、

・なぜ、あの人のもの言いにイラッとしたんだろう?
・なぜ、やるべきことをやらずに、自分に負けてしまったんだろう?
・なぜ、もっとスピード感を持って動けないんだろう?

という部分は、なかなか言語化できない感情です。

立ち向かおうにも、対象が見えないこともあります。

そこで、また歯がゆさを感じてしまいます。(笑)

ただ、それが良いのだと思っています。

なぜなら、わからないことや疑問がない状態というのは、毎日を生きていても面白みを感じないと思うからです。

また、疑問やクエスチョンマークがあるということは、それを理解すれば成長できることにつながるのですから、成長の余地があるということですよね。

それは、成長するための「余白」です。

私は、自分の軸をもっと磨いていきたいと思っていますし、逆に軸を強く太くしたいと考えています。

だからといって、自分の考えを固定化しすぎてしまうのは避けたいです。

むしろ、固定化してしまったら、これ以上の成長がなくなってしまうのではないか、とも思うのです。

ですから、疑問を感じる自分の感情を受けとめて、「なぜ?」を大事にする。

自分でも理解できない感情に向き合って「解明しよう」と思えば、自分を深めていくことになります。

そのようにして人間は深みを持つことができるようになるのだと思っています。

そのスタート地点を見つけること、それが書くことによって見つかるのではないでしょうか。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

WBC、日本は敗退してしまいましたね。。。

結果は残念でしたが、たくさんの感動と興奮をもらいましたし、新たにファンになった選手が増えたことは収穫です。

選手たちの勇姿を、自分のパワーに変えていきたいものですね。(^_^)

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■お知らせ

【セミナー募集中!】
2017年9月14日開催:これで習慣化できる!「良習慣の見つけ方&続け方」セミナー 〜今の自分に本当に必要な習慣を発見しよう〜

2017年9月21日開催:もう2度寝しない!「早起き習慣化セミナー」 〜朝2時間の自由時間を生み出す!〜

2017年10月6日開催:毎日を超充実させる!「やりたいことリスト100」をつくるセミナー

 
コーチングサービスは随時承っております。
コーチングのお申し込み

■当ブログへのお問い合わせ・ご感想はこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前 ( * 必須)

メールアドレス ( * 必須)

題名

メッセージ本文

■スポンサーリンク


-書く習慣

執筆者:

関連記事

ブレインライティングというアイディア発想法をご存じですか?ひとりでもブレインライティングができます

あなたは「ブレインライティング」というアイディア発想法をご存じですか? 通常は複数人で行うのですが、実験的にひとりでやってみました。     目次1 ブレイン・ライティングとは?2 …


伸びる人と伸び悩む人の差を分けるものは何?「仮説と検証」を繰り返す習慣を持とう!

上期が終わったこともあり、会社で下期に向けた面談がありました。 私は無事に予算をクリアしたので雑談で終わったのですが(笑)、入社時期が1年しか違わない後輩は、上司にかなりしぼられた状態で会議室から出て …


5年日記を1年間継続。日記を書く習慣が、目指すべき世界に進むためのプロセスを見える化してくれる。

今年の1月1日から、「5年日記」をスタートしました。 当時の記事は下記です。 自分の習慣化スキルを確認するために小さなチャレンジをしてみます。 | 【良習慣の力!】ブログ おかげさまで、1年365日間 …


なぜ、私は「複業」をテーマにメルマガを書くのか?「インサイド・アウト」体験を共有する。

本日、ようやくメルマガをスタートできました。 なぜ、私は「複業」をテーマにメルマガを書こうと思ったのか。 メルマガ発刊に込める想いを記事にしてみました。   スポンサーリンク   …


毎日の「慌ただしい」「忙しい」を抜け出す!文字をていねいに書く習慣を試してみよう。

内面のありかたが、自分の外側の世界をつくり出します。 いつも何かに追われていると、自分が見えている世界まで雑然としてくるものです。 私は、心を落ち着けるために、「文字をていねいに書く」という習慣を試し …


似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930