【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

良習慣の習慣

「電話にすぐ出る」をやめる。時間泥棒や生産性泥棒をブロックする習慣。

投稿日:2017/03/24

Pocket

残業を減らすためのアプローチ、いろいろとありますよね。

その中でも、気軽に試せるわりに、意外と効果がある習慣があります。

それは、「電話にすぐには出ない」というシンプルなものです。

会社ではたらいている人はもちろんのこと、プライベートの携帯電話でも同じです。

「電話がかかってきたら、すぐに出なくてはいけない」というのは、メールやメッセンジャーがない時代の思いこみです。

 

スポンサーリンク


 

電話魔が引き起こす見えない失注案件

取引先の女性で、「電話魔」とも言う女性の方がいます。。。

その会社の取引条件は、決して悪くはないのですが、私はほとんど仕事をお願いしていません。

なぜなら、、、あの電話攻撃が苦手だからです。(^_^;)

仕事には変更や訂正はつきものですし、数量や納期の違いで大きなトラブルにも発展します。

それなのに、常に電話で連絡をされるので、こわくてたまりません。。。

とくに私は記憶力が悪いですし(汗)、夫婦の会話でさえ「言った、言わない」のトラブルがあるのですから、大事な要件はメールにするべきでしょう。

しかも、その女性の方の電話に出てしまうと、いつもせかせかしていて、周囲がなんとなくガチャガチャしてるんですよね。

それで、あせりからか、その女性の方は、たまに基本的なミスも起こすのです。。。

私以外のスタッフは発注をしているので目に見える損失はないのですが、ある意味では電話魔ということで、私からのオーダーは失っているのです。
(これは、意外とこわいことだと感じています。)

 

電話に生産性を邪魔されないように意識する

電話が好きな人の用件というのは、意外とたいしたことがないものです。

ですから、よほどのことでもない限り、すぐに出なくて良いと思っています。

それでも何度も電話がくる人であれば、なおさら「いま電車の中なので、ひとまずメールを送っていただけますか?」と返してみてはいかがでしょうか?

たとえ電車に乗っていなくても、です。(笑)

実際、わたしも会社の電話はある程度意識して出ないようにしていますし、携帯電話もいきなりは出ません。

とくに、私ひとりの時間は貴重な時間だと考えています。

それなのに、過去の失敗として、ブログを書いて夢中になってきたタイミングで携帯電話がなり、いきおい余って出てしまったことがあります。

いったん電話に出てしまえば、当然仕事の話になります。

すると、今度は依頼されたタスクに取りかからないと気になってしまうのですよね。

ようやくそのタスクを済ませてからブログに戻ると、待っていたのは、「・・・あれ?何を書こうとしていたんだっけ。。。」です。

ふたたびエンジンがかかるまでには、また時間がかかります。

せっかくのアイデアやインスピレーションも、どこかに消えていってしまうのです。

相手が何気なしにかけてきた、たった1本の電話。

それが、私の生産性を著しく下げてしまったのです(ただでさえ高くないのに・・・)。(T_T)

 

電話への思いこみを手放そう

アポにしても、仕事の依頼にしても、電話よりはメールのほうが、受け手としては安心して内容確認ができます。

では緊急の際はどうするのか?

もしも本当に緊急であれば、名前を名乗って留守番電話にメッセージを残してくれるはずです。

自分のタスクがひと息ついたら、あらためて確認しても遅くはないでしょう。

かくいう私も、5年くらい前までは「電話は相手を待たせることなく早めに出なければならない」という意識がありました。(^_^;)

しかし、変わったのは、私の周囲の「できる人」は、電話嫌いが多かったのです。(笑)

ただ、裏を返せば、成果を上げている人は、それだけ時間というリソースの重要性を理解しているわけです。

電話に出てしまえば、かんたんなやりとりであっても、3分くらいはかかります。

1日に10本の電話に出ていたら、それだけで30分の時間がなくなってしまうのですね。

睡眠時間を抜いた時間から、さらに30分を失うのは痛手です。

どうしても電話をしなければならないのであれば、細切れに電話するよりも、まとめて折り返したほうが効率が良いです。

なぜなら、頭が「電話モード」になっているので、スピーディーに会話や判断ができるのです。

このようにして、意識して電話に立ち向かわないと、時間が無駄になってしまいます。

仕事の中断や再開は急激なモードチェンジになるため、エネルギーも消費しやすいです。

いつもすぐに電話に出てしまって「自分の時間が取れない」という人は、ぜひ「電話がかかってきたら、すぐに出なければならない」という思いこみを手放してみましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、コーチの友人との相互セッション。

なかなか進展しない状況に、お互いやきもきしつつ、それでも前進するしかないのですよね。

人生に満塁ホームランはないし、人生にウルトラCはないので。

できることは、あきらめずに行動することです。(^_^)

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-良習慣の習慣

執筆者:

関連記事

誕生日に1年間の目標設定を考える 〜39歳を迎えて〜

  こんにちは! 銀座コーチングスクール認定コーチ「早起きコーチング」の伊藤です。 本日、無事に39回目の誕生日を迎えました! いつも支えてくれる妻や子どもたちはもちろん、丈夫な体に産んでく …

1日30,000PVを誇る人気書評ブロガーのコウスケさんが実践している4つの読書技をシェア!

  こんにちは! 銀座コーチングスクール認定コーチ「早起きコーチング」の伊藤です。 先日参加したセミナーで、憧れの人気ブロガーさんにお逢いしました! 今日は、人気ブロガーに教えていただいた効 …

「いつかやってみたいこと」を「今年の必達目標」に変化させる方法

目次1 ■新規コミュニティに参加しました!2 ■「自分ひとり」と「自分以外」でリストを分類する3 ■自分がコントロールできる「行動」だけに注力する4 ■起きていることはすべて正しい ■新規コミュニティ …

「行動を選ぶとき、あなたは結果も選んでいる」。インパクトある行動を見つけるための3つのポイント

「過去にどんな行動をとってきたのか?」 それによって、現在の私たちがつくられています。 ということは、「現在の選択の質を高めること」がより良い未来をつくっていくということになりますよね。 望む未来のた …

「やろうとしていたことができずに1日が終わった」を防ぐ。「意図的な行動」を増やすための3つの工夫。

あなたの今日1日をふり返ったとき、どれくらい「意図的な行動」があったでしょうか? 大事な時間を「無意識的な行動」に侵食されない工夫を記事にしました。   スポンサーリンク   目次 …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。