【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

早起きの習慣

どうしても早起きに挫折してしまう人へ贈る言葉

投稿日:

Pocket

————————————————————
当ブログは、「良習慣(りょうしゅうかん)」(私の造語です 笑)によって「人生の変革」にチャレンジし続ける軌跡をつづった奮闘記です。
私が「良習慣」を獲得していくプロセスで、成功体験や目標達成に貢献できるような経験談(もしくは失敗談 汗)をシェアすることによって、読んで下さった方にわずかでも「プラスの痕跡」を残せるようなブログになることを目指しております!
「良習慣」という言葉が辞書に載る日を夢見て、小さな良い習慣を収集しております!
————————————————————
当ブログにお越しくださり誠にありがとうございます!
■今回は、得意の早起きネタです。(笑)
先日、わたしが参加した行動習慣ナビゲーター講座でお会いした方々は、総じてみなさん早起きでした。
4時台や5時台はざらで、毎朝3時30分に起きているという強者もいらっしゃいました。(驚)
そこで何を感じたかというと、「行動習慣ナビゲーター」になろうとしている方々であるということもあるのだと思いますが、
みなさん、基本的に
「セルフイメージが高い」
のです。
これは「加点思考」という観点からみて、「早起きニスト」(私の造語ですw)になるために、私が一番大切ではないかと感じているもの(仮説)でもあります。
■例えば、
AさんとBさんという2人がいたとして、両者とも
「5時に起きることができたら私は早起き」
という目標をたてたとします。
このとき、Aさんは「週に4回以上できたらOK」という設定にし、
Bさんは「週に4回以上できないとNG」という設定にしたと仮定します。
2人とも同じ条件で早起きをスタートさせた場合、どちらが習慣化に成功する確率が高いと思いますか・・・?
経験から申し上げますと、Aさんの方が成功する確率が高いです。
■早起きは誰もが感じている「良習慣」の代表例と言えるかもしれません。
ただ、早起きも歯磨きと同じ習慣なのです。(難易度が高いのは確かですが。。。)
ですから、習慣化するまで、何度もチャレンジすれば良いのです。
そして、1回でも2回でも早起きに成功したら、早起きできた1日の充実感や達成感を、脳と心と体に覚えさせてしまうのです。
そして、加点思考で、
「週に1回はできた」
と思い込んでいきましょう。
そして、週に1回でも早起きできたら、
「俺(私)って、早起きできてスゴい!」
と自画自賛してみましょう。(笑)
上記のAさんは、「加点思考」の人という意味で例にあげました。
おそらくAさんは、週に1回しか早起きができなかったとしても、
「少なくとも1回はできたからOK」
と思える人です。
このような方は、習慣化できる可能性が高まります。
■反対に、早起きに挫折してしまう可能性が高い人、例であげたBさんのような方は「減点思考」であることが多いです。
つまり、
「今日も二度寝してしまった」
とか、
「やはり自分は意思が弱いのだ」
というように思ってしまうタイプの方です。
■実は、私も早起きが定着しなかったときはBさんのように考えていました。
経験者として申し上げますと、はっきり言っておすすめできません。(笑)
1日の始まりという、本当に大切な瞬間に、
「今日も早起きできなかった。。。」
と思ってセルフイメージを下げてしまう人に、素晴らしい1日は訪れるでしょうか??
■ということで、早起きにチャレンジしている方がありましたら、
【「加点思考」でチャレンジし続ける!】
という、あまりにもシンプルすぎる(笑)メッセージをお伝えしたいと思います。
「早起きの習慣化」は、難易度が高いのは確かです。
それは、行動的な習慣ではなく、身体的な習慣だからです。
ただ、それだけに一度定着してしまえば、流れで早起きができるようになります。
チャレンジと挫折の連続の上に成り立つ習慣なのだと思います。
事実、私は早起きに対して、今では
「早起きなんて(というと失礼ですがw)、環境を整えて、やろうと思えばいつでもできる習慣」
というくらいの距離感なんですよね。
しかし、、、
その意識は、幾多の「早起き」決意、数々の挫折、
そして膨大な二度寝(汗)の上に成り立っているのです!(笑)
————————————————————
最後までお読みくださり誠にありがとうございます!
チャレンジできる贅沢を満喫しましょう!
いつも本当にありがとうございます!

-早起きの習慣

執筆者:

関連記事

早起き習慣化に挑戦している方に質問です。あなたは早起きの「例外ルール」と「歯止めルール」をつくっていますか?

  こんにちは、伊藤です。 おかげさまで、早起きを目指す方たちに接する機会が増えてきました。 その中で、ぼくがよく感じる傾向と対策があるのでご紹介いたしますね!     …

「習慣の原則コレクター」になるとあなたが卓越していく理由

私たちが卓越した結果を残していくためには何が必要なのでしょうか。 それは「原則を知り、徹底的に守ること」があると考えています。 一流の人ほど原則を大事にしているからです。   目次1 原則を …

早起きは、なぜ難易度が高いのか?「手放すもの」を決める勇気を持とう!

私は、習慣化の中でも、「早起きは特に難易度が高い習慣」だと考えています。 そこには、いくつかの理由があるのですが、その中の大きな理由の1つに、「手放す勇気を持つことが難しいから」というものがあります。 …

「どんな髭剃りにも哲学はある」のと同様に、「どんな早起きにも哲学はある。」

村上春樹さんのエッセーに、サマセット・モームの名言があります。 “どんな髭剃りにも哲学はある” (イギリスの小説家 サマセット・モーム) 同様に、早起きにも哲学があると考えています。   ス …

夜ふかしをやめる対処法(テレビ・スマホ・アルコール)

つい夜ふかししてしまうことに課題を感じている人が多いです。 夜ふかししないための対策を記事にしてみました。   目次1 夜ふかししてしまう3つの理由2 目標達成率は、誘惑物との接触回数に反比 …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。