【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

早起きの習慣

「朝は、英雄たちの時代をよみがえらせる」。気高く貴重な朝時間のためにアクティブ・フライングしてみよう。

投稿日:2016/02/17

Pocket

“朝は、英雄たちの時代をよみがえらせる”

(アメリカの思想家 ヘンリー・デイヴィッド・ソロー)

この名言をはじめて読んだとき、私にはピンときませんでした。

何度か読み返してみて、「こういうことかな?」という私なりの考えが出てきましたので、エントリーにしてみます。

brokers-781375_640

 

スポンサーリンク

 

子どもの運動会にみるフライングというルール違反

ミニマリストを目指すための片づけの習慣にチャレンジしていると、捨てるモノというのは、

・見に見えるモノ

・目に見えないモノ

の2種類があることに気がつきます。

見えるモノは洋服や本など、わかりやすいですよね。

見えないモノとしてすぐに思いつくのは、データ関係です。

たとえば、PCに何年も使っていないファイルがあったり、テレビ番組の録画など、ついついたまっていくモノがありますよね?

わが家にも、撮りためた子どもの運動会や学芸会などの映像データが、ブルーレイのハードディスクレコーダーにたくさん残っていました。

そのつどディスクに焼いて、データをこまめに消去すれば良いのですが、「想い出」という強烈な価値があると、消去するのにためらいが出るので、なかなか整理が進みません。

消去しようとして確認していた子どもの運動会を見ていて、以前考えたことがあるのを思い出しました。

かけっこをするとき、スタートの合図より先に出てしまう「フライング」ってありますよね。

レースには、走る人が同時にスタートしなければならないというルールがあります。

だから、フライングするとやり直しになってしまうのです。

 

1日24時間をつかうためのルールは自分で決められる

では、かけっこではなく、私たちが、

「1日24時間を最大限に活かすというレースに出ている」

と考えてみたら、いかがでしょうか?

1日のスタートは、誰かに決められていますか?

みんなと一緒に走り出さなくてはいけないのでしょうか?

そんなことはありませんよね。

ルールは自分で決められます。

また、1日のスタートをきる時間は、みんな一緒でなくて構わないのです。

4時に起きたって良いし、お昼すぎに起きる人がいても良い。

要は、「1日のスタートには、フライングという概念はない」ということです。

 

1日のスタートを早起きでアクティブ・フライングしよう

そこまで考えてみて、あらためて冒頭の名言、

“朝は、英雄たちの時代をよみがえらせる”

(アメリカの思想家 ヘンリー・デイヴィッド・ソロー)

をふり返ると、「朝は、英雄たちがよみがえるほど気高い時間」だという風に読みとれます。

成果をあげる人は、朝が早いです(あくまでも傾向として)。

うまくいっている経営者は早起きの人が多い。

成績を残す営業マンほど、早朝出社してしている。

イチロー選手だって、ほかの選手より2時間も早くグラウンドにでている。

つまり、成果をあげるためには、フライングをためらわないということですね。

いえ、むしろ、「積極的にフライング」しているのです。

「アクティブ・フライング」ですね(笑)。

子どもの頃のかけっこレースではフライングがありましたが、私たち大人が1日スタートする場合には、もうフライングは気にしなくても大丈夫。

自分で決めた時間に早起きをして、1日をアクティブ・フライングでスタートしましょう。

早起きで1日をアクティブ・フライングするためのセミナーも開催しています(笑)。

お申込みは下記よりどうぞ。(^_^)

2016年3月9日(水)【第18回】朝2時間の自由時間を生み出す!早起き習慣化セミナー

【第18回】朝2時間の自由時間を生み出す! 早起き習慣化セミナー 2016年3月9日 – こくちーずプロ(告知’sプロ)

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

今日は、毎月開催している勉強会の日でした。

今回は趣向を変えて、同じコミュニティーで、大阪からいらした中村仁さんのセミナー「スペシャル勉強会」tとしてコミュニティーのみんなで参加。

明日と明後日も開催しています。(^-^)

中村仁『もう紹介に頼らない!ステップバイステップで見込み客を顧客に変え、年間報酬1,000万円を達成するエスカレーター式集客セミナー』

【お知らせ】
2016年3月9日(水)【第18回】朝2時間の自由時間を生み出す!早起き習慣化セミナー

【第18回】朝2時間の自由時間を生み出す! 早起き習慣化セミナー 2016年3月9日 – こくちーずプロ(告知’sプロ)

【モニター募集中!】
皇居ラン&コーチング!

「皇居ラン&コーチング」サービス | 【良習慣の力!】ブログ

【募集中!】「100人コーチング」のお申し込みはこちらから!

【無料】100人コーチングのご案内 | 【良習慣の力!】ブログ

良習慣によって自らがなり得る最高の自分になる!
チャレンジできる贅沢を満喫しましょう!

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-早起きの習慣

執筆者:

関連記事

早起きを継続させるカギは、やはり「睡眠時間の確保」にあるという好例。

  こんにちは、伊藤です。 本日は、週末の 「早起き習慣化」 の話題について書きますね。     目次1 早起きする人は行動派2 早起きをビジネスに直結させる行動3 「起 …

朝時間の確保で主導権を握る。まずは15分からスタートしてみましょう。

先日、知人から「やりたいことがあるんだけれど、仕事が忙しくて日常があっという間に流れていってしまうんです。」という相談を受けました。 そのようなときこそ、何とか15分でも良いので朝時間を確保して欲しい …

ダブルブッキングのミス。ピンチに陥ったときに有効だった「100年基準」の考え方。

先日、久しぶりにダブルブッキングをしてしまうというミスをしてしまいました。 あり得ないミスですが、、、ピンチを切り抜けるために、有効だった考え方を記事にします。   スポンサーリンク &nb …

「帰る時間は何があっても守る」を実現する3つの方法

早起きを習慣化していくために重要なのは、実は早めに仕事を終えることだったりします。 ですから、日中の仕事時間をできるだけ圧縮する必要があるのです。   目次1 高密度仕事術では「帰る時間は絶 …

早起きを続けるポイント。あらかじめ休む日のルールを決めておくこと。

早起き習慣化をはじめとした長く続ける習慣のポイント。 それは、休みをあらかじめ入れておくことです。 (クライアントさんの許可を得て記事を書いています)   スポンサーリンク   目 …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。