【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

思考の習慣

第1次的な感情と第2次的な感情。大切にするべきは第1次的な感情。

投稿日:2016/09/30

Pocket

感情には第1次的なものと第2次的なものがあります。

感情のトラブルを避けるためには、第1次の感情を上手に扱うことが大切です。

bd517b7c76f5da2370f9f87c70a28f34_s

 

スポンサーリンク

 

帰りが遅くなった息子にぶつけてしまった言葉に後悔

先日、息子が夜の塾からなかなか帰ってこないときがありました。

通常、塾は21時40分までです。

塾から自宅までは徒歩1分なので、多少授業が長引いたとしても22時すぎには帰ってきます。

しかし、その日は22時をすぎても帰ってきません。

「もしかして、何かあったんだろうか・・・?」

なんとなくそわそわしてくる妻と私。

様子を見に行こうとしたら、息子が「ガチャッ」と家の鍵を開ける音。

私たちは安堵しました。

結局、その日は塾から帰ってきたのは22時30分をまわっていました。

息子の顔をみたとき、思わず「ちょっと遅いんじゃない?何してたの?」とイラッとした感情をそのままぶつけてしまいました。

息子は、とまどった表情をして、「塾の先生にわからないポイントを聞いていたら長引いちゃっただけだよ。寄り道したり、友だちと話していたわけじゃないよ」と言いました。

このとき、私は「しまった」と思いました。

なぜなら、このときのイライラした感情の表出は、本来の私の感情ではないことに気づいたからです。

 

感情には第1次的な感情と第2次的な感情の2段階がある

感情日記をつけるようになってから、じつに興味深いことに気づきました。

1日5分の感情日記を書く習慣。自分の無意識の思い込みを探求するために。 | 【良習慣の力!】ブログ

それは、感情には、

・第1次的な感情

と、

・第2次的な感情

があるということです。

本来の感情は第1次的な感情なのですが、意識をしていないと第2次的な感情が勝ってしまうことがあるものなのです。

先の私の例でいうと、第1次的な感情は「心配」です。

息子に何かあったのではないか、事故にでもあっていたらどうしようか、という息子への心配が第1次的な感情なのです。

それなのに、息子が無事に帰ってきたときにイラッとした感情をぶつけたのは、第2次的な感情なのです。

しかし、息子に伝わったのは、第2次的な感情なのですよね。

だから息子(何も悪いことはしておらず、むしろ熱心に質問していた)は、とまどったのでしょう。

私も、第1次的な感情で、「いつもより遅いから心配していたよ」と伝えれば良かったものを、第2次的な感情、つまり本意ではない感情で話してしまったのです。

それに気づいたからこそ「しまった」と思ったのです。

 

第1次的な感情を上手に扱おう

自分の感情をうまく扱うためには、第1次的な感情を扱うことです。

歪曲された第2次的な感情を表現してしまうと、相手にも自分にもメリットがありません。

第1次的な感情を上手に扱えていれば、私は息子に対して今後同様のケースがあったときの対処法やルールを一緒に決めるなどの善後策を話しあえたはずです。

息子だって、私たちを心配させるためにわざと遅くなったのではありません。

私も本心では心配しているのに、ねじ曲げた感情で話したことを後悔しました。

私をふり返ってみても、これまでの周囲の人たちをみても、考えてみると第1次的な感情をうまく扱えずに、第2次的な感情を表出させてしまったことによるトラブルが多いように感じます。

第2次的な感情で流されるままに感情を表出させる前に、自分の第1次的な感情を大切にするようにしましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、早起き習慣化についての個別コンサルティングでした。

テーマはまさに私が過去に扱ったもので、リラックスタイムに制限時間をもうけること、就寝時間を守ることからはじめること、そして家族に理解してもらうこと。

早起き習慣化のハードルは共通点が多いんですよね。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-思考の習慣

執筆者:

関連記事

批判に対処する3つのステップ。批判を改善材料にするか、スルーするか。

先日のセッションで、行動を起こしているクライアントさんから、「自分の行動をされた」というお話がありました。 そこで、批判への対処を考えてみました。   スポンサーリンク   目次1 …

「あの人に嫌われているかも・・・」と不安になったら、「ほかの人の本音は死んでもわからない」という呪文を唱えましょう。

コミュニケーションをとっている相手から、 ・メールの返信がそっけない ・あいさつをしたのにスルーされた ・なんとなく最近、避けられている気がする といったこと、感じたことありますか? 私はよくあります …

「失敗は成功のもと」を実現するために必要なたった1つの思考とは?

「失敗」を成長にしていくために必要な思考があります。 それは、「他責思考」ではなく「自責思考」で考えることです。   目次1 「失敗は成功のもと」に含まれている前提とは?2 自分の複業がうま …

ダラダラ残業を防ぐコツ。退社時間を決めて自分でタイムリミット効果をつくり出そう。

たとえ会社員であっても、仕事を終える時間は決められます。 たしかに多少の覚悟と勇気は必要ですが、まずは「仕事を終える時間=退社時間」を死守する意識が重要です。   スポンサーリンク &nbs …

「嫌われたくない」と思いすぎてしまう人へ。妥協が増えて優柔不断になっていませんか?

「嫌われたくない」という感情は、私たち誰もが持っている自然な感情です。 ただ、それを重視しすぎてしまうと、何も選べなくなってしまいます。 「自分で選ぶ」という選択を意識的にトレーニングしてきましょう。 …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。