【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

良習慣の習慣

習慣化に需要なのはどっち?ロジカル・シンキングか、それともインスピレーションか。

投稿日:

Pocket

習慣化したい行動がたくさん出てくると、

・理詰めで考えた習慣

か、

・直感で考えた習慣

か、どちらを優先したほうが良いのか迷うときがあります。

そのようなとき、私は「直感」で選んだ習慣を選択するようにしています。

その理由を記事にします。

splashing-164964_640

 

スポンサーリンク

 

直感から生まれた欲求は習慣化しやすい

習慣の定着を考えるとき、注意したいことがあります。

それは、

【定着させたい習慣は、論理(頭の中)だけで考えすぎないほうが良い】

ということです。

それは私が、毎日2桁を超える方の習慣化のフォローをしていて、実感していることでもあります。

そのように考える理由は、

・頭の中で論理的に考えた習慣は挫折しやすい

という一方で、

・直感的に身につけようと感じた習慣は継続する傾向にある

という傾向に気づいてきたからです。

 

心よりも頭を重視した私の失敗例

つまり、論理的な思考を手放したときに、頼りにすべきは何かと言うと、私の答えは、「直感」です。

難しいことは不要です。

単純に、自分の気持で、

「これは面白そう!」

「やってみたい!」

「なんかいける気がする!」

といった感覚を大切にする。

この感覚は、以外とあなどれないものなのです。

実際、過去に私の失敗談があります。

5年前、ビジネス書によく書いてあった「これからは英語をマスターしないとビジネスマンとして生き残れない。」という潮流にのっかり、英語学習をスタートしました。

しかし、当時の英語学習は私の直感ではなく、他人の価値観であり、頭で考えていた習慣でした。

正直なところ、、、英語学習には苦しさがともないました。

そのため、当初目標にしていたスコアであるTOEIC900点を超えることはなく、3年がかりで800点を超えたところで英語学習をギブアップしました。

一方で、「いつかフルマラソンを完走してみたい。」と考えていたマラソンは、大きなつらさを感じることなく目標を達成することができました。

コーチングも、「やってみたい!」という直感からはじめましたが、今でも興味はつきません。

このように、「直感は論理を超える」のです。

 

頭の論理よりも心の直感を大事にしよう

私たちは、普段の生活の中で意識していることよりも、潜在意識で多くの情報を処理しているといわれています。

そのように考えると、直感というのは、実は思ったよりも自分にとって必要な答えを弾き出しているのです。

ですから、習慣化をするためには、大げさなロジックは必要ないと思うわけです。

むしろ、「直感でやりたい!」と思った習慣について、その行動理由を語る際にロジカルな説明が必要となるのです。

たとえば、スポーツ選手でも、試合でとっさにでる技は論理で繰り出したテクニックではありません。

地道なトレーニングの上になりたった直感から優れたテクニックが出ているわけです。

その後、インタビュー等でほかの人に説明する場合に理屈をつけています。

論理にふり回されて習慣化がうまくいかないのは、目的と目標を履き違えてしまっている場合が多いです。

論理的に考えることが悪いわけではありません(私が苦手なだけで・汗)が、まずは直感を大事にしてみる。

頭の中だけで考えたロジカルの整合性よりも、心から出てきた直感を大切にしていきましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、家族で八景島シーパラダイスの水族館にいきました。

テニス部卒業となった受験生の息子も参加して、久しぶりに家族4人で1日中一緒。

たまの完全オフの日、充実したリフレッシュとなりました。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-良習慣の習慣

執筆者:

関連記事

長く続ける「秘けつ」は、すべて師匠のひと言アドバイスに凝縮されていた。

50メートルを泳ぐのがやっとだった私が、200メートルを何とか泳げるようになってきました。 そこに至るまでにもっとも有効だったのは、師匠の「つらくなったときにどうするか?」という教えです。 &nbsp …

毎日をポジティブにすごすための小さな習慣を取り入れよう

大事だと思っている価値観は、意外と毎日の生活の中で忘れられてしまうものです。 それを忘れないような小さな習慣を取り入れましょう。 大事なのは大事な価値観を思い出す工夫をしておくことです。   …

お昼休みを有効活用するために。「ランチタイム三分の計」で時間濃度を3倍に高める。

あなたは、お昼休みの時間をどのように使っていますか? オフィスではたらくビジネスパーソンの多くは、お昼休みとして1時間が与えられているのではないでしょうか。 その1時間を、いつも同じ同僚や先輩と、ただ …

no image

「お勧め本はその場で買う!」という習慣(1)

———————————————————— 当ブログは、「良習慣(りょうしゅうかん)」(僕の造語です)によって「人生の変革」にチャレンジし続ける軌跡をつづった奮闘記です。 僕が「良習慣」を身につけていく …

「ニューロ・ロジカル・レベル」 を習慣化に応用する。自己認識レベルを意識して自分を叱る/ほめる。

「ほめる」と「叱る」。 この正反対の行為をうまく活用することによって、習慣化しやすくなる方法があります。   スポンサーリンク   目次1 自分を叱るか、自分をほめるか2 NLPの …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。