【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

良習慣の習慣

「今、ココ、わたし」にフォーカスして幸せと豊かさを感じる習慣

投稿日:2014/02/15

Pocket

■佐藤伝さんとアドラー心理学の共通点

わたしが直接学ぶ機会をいただいた「伝ちゃん」こと佐藤伝さん

佐藤伝さんの教えである「習慣コンパス」に、

「今、ココ、わたし」
(習慣コンパス第7条)

という言葉があります。

【今日のお勧め本:行動習慣コンパス: 今すぐ、幸せと成功に導く!】

過去や未来にとらわれ過ぎずに「いまこの瞬間を感じる」大切さを説いた言葉です。
(まったくとらわれない、というより、とらわれ過ぎない感覚です。)

この言葉は、アドラー心理学にも通じる言葉だったんですよね。

女性

■「今、ココ、わたし」の例え話

「嫌われる勇気」出版セミナーでのお話です。

著者の岸見一郎さんが、

「今、ココ、わたし」

をイメージしやすい情景を話されていました。

それは「遠距離恋愛」のシチュエーションです。

少し、イメージしてみてくださいね。

恋人の2人は久しぶりに会ってデートを楽しみました。

本当に充実した時間を過ごし、幸福感を感じながら相手が新幹線に乗って帰るのを見送りました。

「楽しかった!」

しばし、豊かな気持に浸る時間。

そんなとき

「あっ!」

と、思い出します。

「次に会う日を約束するの忘れてた。。。(笑)」

と。

さて、この例え話。

いかがでしょうか?

2人がどれだけ

「今、ココ、わたし」

に集中していたかが伝わってきますよね。

「次に会う」という未来を忘れるほどに、今にフォーカスし、現在地にフォーカスし、自分にフォーカスしている。

結果、相手にもフォーカスしていたのです。

微笑ましいシチュエーションですよね。

■では、反対は?

では、逆のシチュエーションだとどうでしょうか?

またイメージしてみましょう。

帰りの新幹線まで残り1時間。

楽しかった時間がもうすぐ終わってしまう。

1時間後の別れを想像するだけで不安になります。

そのような心持でいると、なんとなく平穏ではいられなくなります。

やがて、何かの加減で不機嫌になってしまう。

2人一緒にいる「今」を楽しめず、現実を認められません・・・。

いかがでしょうか?

正直に告白いたします。

わたしは、岸見さんの回答を聞いて、

「自分は後者の感覚で生きているな、、、」

と感じました。

そして、それを妻や子供たち、大切な人にも強要しています。。。

■「今、ココ、わたし」を忘れない

アドラー心理学でも、前者の感情で生きると良いと説きます。

確かに、前者の状態が日常的に続いたら、ハッピーですよね〜。

過去の嫌なイメージを取り払い、将来の漠とした不安から解放されて今に集中できる。

過去にとらわれず、未来におだやかな光を感じている状態。

常にエネルギーがあり、幸福感を感じる自分なのです。

確かに、「空気を読め」と言われる現代の日本では、アドラー的に生きるのは難しい。

今すぐに実践するのは困難を伴うでしょう。

それでも、本書を読んで、何か行動を変えてみることをおススメいたします。

【自分を大切にしながら、自らを変革していく】

そこには上下関係や支配関係はないのです。

変わり続けましょう。

それが唯一の生き残る道です。

「今、ココ、わたし」

それを大切に、自分だけの人生を歩んでいきませんか?

チャレンジできる贅沢を満喫しましょう!

【今日の良習慣】
「今、ココ、わたし」を大切にする


※広告
————————————————————

夢実現の次のステージに行くために大切なことって何でしょうか?

それは、

「インプットの時間をきちんととること!」   

です。

ベストセラー作家の佐藤 伝さんが、ある秘密のコンテンツをベースにした「講師認定講座」を開催されます。

いまや国内外で、習慣に関する著書が100万部を突破している【習慣の専門家】伝ちゃんこと佐藤伝さん。

今回の講師認定講座では、30年間の行動習慣の研究の成果を、すべてまるごともらえる上、受講後には伝ちゃんのすべてのコンテンツを、自分のセミナーなどに自由に使っていいそうです。
しかもフリー(無料)です!!

セミナーやコンサル、カウンセリングなどに、どれだけ使用してもその収益は100%すべてあなたの取り分ということです。

月会費や年会費や賛助金などを徴収する団体が多いなかで、ご自身の貴重なたくさんのコンテンツを、すべてライセンス・フリーなのです。

「習慣」という普遍的なテーマを扱っている講座ですので、個人向けのセミナーとしても、法人向けの研修や講演の一部としても、いつでもどこでも使える汎用性の広いコンテンツです。
あなたのコンテンツや提供できるサービスが、いっきに増えますね!

しかも、ベストセラー作家でもある佐藤伝さんのコンテンツは、どれも具体的で実践的、わたし自身もしっかり活用させてもらっていて、いつも本当に感謝しています。

個人コンサルや、個人カウンセリング、個人コーチングの際に非常に役立ち、お客さまに喜んでいただき「つぎのお客さまの口コミ紹介に直結しています!」という嬉しい声をたくさんいただいています。

いつも全国各地から参加者が集まる大人気のこの講座。
今回も早くも残りの席が少なくなってきているとのことですから、ご興味のある方は、ちょっとだけ急いだほうがいいかもしれません。

今なら劇的におトクな早割が適用されているそうです。

気になる方はこちらからどうぞ↓
行動習慣ナビゲーター認定講座

※大事なことを書き忘れるところでした!!

伝ちゃん先生から、読者の皆様にプレゼントがあります。
わたしのブログを見て申し込んだ方は、特別に受講料を3万円OFFにしてくださるそうです!!

ちなみに、いったん受講料を支払ったのち、講座の初日に受付で封筒に入れた3万円を現金でお渡しするという方法でキャッシュバックしてくださるそうです。

ですのでエントリーなさる場合は、コメント欄に ひとこと

「良習慣」さんのブログを見て申し込みました!

と 忘れずに書いておかれることをおススメします。

では、今日このあとも「なんとなくイイ気分」で!

気になる方はこちらからどうぞ↓
行動習慣ナビゲーター認定講座

————————————————————

-良習慣の習慣

執筆者:

関連記事

メールやSNSの返信がたまって困っている人へ。「1読だけ読む」を実現する3つのルール。

あなたはメールやSNSのコメントを1日にどれくらい受け取っていますか? 「受信する数が多くて困っている」という人は、 ・メールやSNSのコメントは1度だけ読む という習慣を意識してみましょう。 &nb …

「続けるぞ!」という意志の力は頼らずに、「こうありたい!」という願望の力を頼る

  こんにちは! 銀座コーチングスクール認定コーチ「早起きコーチング」の伊藤です。 1日、1年、そして人生。 良いリズムをつくるためには、やはり習慣化が重要ですよね。   &nbs …

過去の悪い原因を問い詰める「なぜ?」より、未来の改善を求めて「何を」と考える習慣を身につけよう!

  こんにちは、伊藤です。 あなたは、部下や後輩、子どもがあなたの望む行動をとらなかったとき、 「なぜ、〜しなかったのか?」 と聞いていませんか? ぼくは、「なぜ?」よりも、 「何があなたの …

あなたにとって「働く」とは?質問への答えの変化が行動を変える

言葉に対する定義が変わると、行動も変わります。 読書会で「働く」という言葉への意味づけが変わる体験がありました。   目次1 あなたにとって「働く」とは?2 あなたの信頼度がビジネスの成果に …

1年の目標を「習慣づくり」から考える方法

1年の目標を考えている人も多いと思います。 ひとつの観点として、習慣づくりから1年を考えるというアプローチもおすすめです。   目次1 「あなたにとって習慣とは?」という質問2 どんな意図を …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。