【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

書く習慣 気づきの習慣

出版企画書を書くときに意識しておきたい3つのポイント

投稿日:

Pocket

先日、出版企画書セミナーに参加しました。

そこでの学びと気づきを記事にまとめてみます。




 

出版企画書は本の設計図である

出版企画書。

著者が出版社や編集者さんに対して「こういう本を企画しています」と示すものですね。

出版するまでには様々なルートがあります。

そのうちの1つが、著者が出版企画書を作成して出版社に提出する方法。

編集者さんにOKをいただき、社内の編集会議で企画書が通れば、執筆スタートということとなります。

ただ、企画書が通過したからといって確実に出版ができるということでも無いようです。

私が知っている著者の先輩の方々も、お蔵入りになった原稿を持っていると聞いています。

執筆途中で著者と編集者さんの意見や方針が合わなくなり、打ち切りになってしまった例も。

コミュニティーの友人では、念願の出版が決まったまでは良かったものの、執筆がうまくいかずに途中で立ち消えになってしまったという例もありました。

出版企画書は、住宅でいえば建築の設計図のようなもの。

ここをきちんと設計しておかないと、機能的な住宅を建てられないのと同じなのです。

だからこそ、出版企画書を書き慣れておくことが重要だと考えています。

とはいえ、初めての出版企画書を書いたのは昨年が始めて。

何をどう書けばいいのかわかりません。

しかも、制限字数があるので、そこに収めるのがまた大変なのです。

著者は、どうしても「これを伝えたい」という欲求が文章を長くさせてしまう。

「誤解がないように」と。

でも、編集者さんは「ポイントを短く知りたい」という欲求がある。

「結論だけ示して」と。

つまり、

・著者=書き手=長く伝えたい

・編集者=読み手=短く知りたい

という両者にギャップが生まれてしまうのです。

ここに出版企画書の難しさがあると感じています。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール





出版企画書セミナーで学んだ3つのポイント

では、出版企画書では何を意識すればいいのか。

セミナーから受け取った3つのポイントをピックアップしてみます。

 

1:出版企画書はラブレターである

2:著者は読者を連れていく場所を明示する

3:欲しいのは 「情熱・オリジナリティ・説得力」である

 

1:出版企画書はラブレターである

出版企画書は、著者から編集者へのラブレター。

そのような視点から書いてみるといいのだということです。

思わず「なるほど」と口に出してしまいました。

これは私にとってインパクトある考え方です。

出版企画書は、著者ひとりの視点から書いてしまいがち。

でも、それだと「私はあなたのことをこれだけ好きなんです」という一方通行のラブレターになってしまいます。

それでは、相手には響きません。

「僕とおつき合いしていただければ、あなたにこんなにいいことがありますよ」という視点が必要ということなのでしょう。

 

2:著者は読者を連れていく場所を明示する

今回のセミナーで、サラッと言われたこのひと言。

響きました。

著者は、本を読んでくれた読者をどこに連れていきたいのか。

企画書で明示する必要があるのです。

「この本を読んでいただければ、読後にこうなれますよ」と。

これはコーチングの手法に通じるものがあります。

「コーチ」の語源は「馬車」です。

馬車の役割は、乗る人が望む目的地まで送り届けることなのですね。

「そうか!執筆とコーチングにはこんな共通点があるのか!」と気づいた瞬間でした。

 

3:欲しいのは 「情熱・オリジナリティ・説得力」である

編集者さんが欲しいのは優等生としての企画書ではないとのこと。

それよりは荒削りでもいいから著者が持っている

・情熱

・オリジナリティ

・説得力

が欲しいということです。

最後は、著者のエネルギー。

やはり著者の「どうしても世の中や読者さんにこれを伝えたい」というメッセージが必要なのですね。

 

■スポンサーリンク




出版企画書に込めた想いが重要になる

「今は難しいことでも、続けていけばやがて簡単になる」

私が信じていることの1つです。

ブログの記事も最初は今より大変でした。

セミナーも最初は今より大変でした。

少しずつ慣れていくのです。

出版企画書も、まずは量を経験していくことが大事なのでしょう。

たとえば、

・1ヶ月に1冊の出版企画書を書く

・それに慣れたら1週間に1冊の出版企画書を書く

・それにも慣れてきたら毎日に1冊の出版企画書を書く

と習慣化していくのもおもしろいかもしれませんね。

ソフトバンクの孫正義さんが1日1つの事業アイデアを考えていたように。

執筆も同じはず。

書き続けていくことで見えてくることがあると考えています。

私は最初の1冊目『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』の経験しかありませんが、たしかに本の執筆はタフです。

原稿は、毎日少しずつしか進みません。

一気に進まない感じは、マラソンに似ています。

ただ、マラソンは足を動かせば前に進みますが、本の執筆は手をただ動かしているだけではコンテンツになりません。

頭を使います。

また、マラソンは自分だけが走ればゴールにたどりつけますが、本は読者のことを考えて書かなければなりません。

ひとりよがりの文章では誰も読んでくれないからです。

お金も数百万がかかる。

たくさんの人が関わるプロジェクトなのですよね。

自分で自由に書けるブログと違って、依頼を受けて執筆をするというプレッシャーもあります。

私もライターズ・ブロックになり、数ヶ月書けませんでした。

執筆中にギブアップしてしまう人がいるのもよくわかります。

そのように苦しいとき、出版企画書に込めた想いが重要になるのですね。

そのためにも、出版企画書を書くことに慣れていきたいものです。

さて、あなたはどんなことに慣れていきたいでしょうか。

そのために、どんな良習慣を手に入れていきたいでしょうか。

ぜひ考えてみましょう。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール


 

■スポンサーリンク




 

■編集後記

昨日は、夏季休暇をとるはずがトラブルで出社する状況に。。。

仕事が詰まっていましたが、なんとか帰宅して夜は家族で「もののけ姫」を観ました。(^^)


 


 

【メルマガを発行しています】

テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

あなたがひとりで複数のビジネスをおこない、ご自身の人生を充実させていくノウハウにご興味があれば、ぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く習慣」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!



「複業で自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

 


 

■スポンサーリンク

-書く習慣, 気づきの習慣

執筆者:

関連記事

自分の強みは自分の中にある。多くの人との出逢いと対話よって発見できる。

みんなが考えているより、 ずっとたくさんの幸福が 世の中にはある。 たいていの人は、 それを見つけられないだけなんだ。 メーテルリンクの名言です。 人が自分の強みや才能に気づくことに通じる名言です。 …

「賢人会議」のすすめ。あなたの中の賢人が、思考と行動の意思決定に影響している。

「あの人に、自分の悩みを相談してみたい」と思ったことはありませんか? その相手は有名すぎる人であったり、海外にいたり、すでに亡くなっている人かもしれませんね。 しかし、「賢人会議」というフォーマットを …

TIスイムのコーチの助言から気づく。あなたが求める「本当の成果がある場所」とは?

「クライアントが求める成果は、セッションとセッションの間の【行動】に存在しています。」 普段、私がクライアントさんにお伝えしていることです。 その言葉を、TIスイムのコーチにそのまま言われ、自分にショ …

「嫌われる勇気」を手に入れると「見えている世界」が激変する

目次1 ■「嫌われる勇気」読了2 ■アドラー心理学とは?3 ■本書から学ぶアドラー心理学のポイント4 ■他人を変えず自分を変える ■「嫌われる勇気」読了 ダイヤモンド社さんから出版されていた「嫌われる …

「経営者にとって大切な2つのこと」は、成長欲求を持つすべての人にも大切なもの

  こんにちは! 銀座コーチングスクール認定コーチ「早起きコーチング」の伊藤です。 「経営者にとってもっとも大切なものは何か?」 この質問は、上司学コンサルタントの嶋津良智さんがセミナーでよ …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。