【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

行動の習慣

「ささやかな習慣」の積み重ねであっても、「人生が変わった!」という感覚を味わえる。

投稿日:2019/01/08

Pocket

地味なアクションに見える「ささやかな習慣」。

誰にでもできるような小さな行動であっても、継続することで「人生が変わる」という感覚を得られるものだと考えています。

 

スポンサーリンク


 

「これだけは毎日やる!」という「ささやか習慣」はいかがですか

「2019年こそ、良習慣を身につけて、人生を変える!」

もしかすると今の時期は、そのように思っている人の数が、1年の中でもっとも多い時期かもしれませんね。

もしも、あなたがそのように思っているとしたら、私からおすすめしたいことがあります。

それは、

・「これだけは毎日やる!」という「ささやかな習慣」を決めて、毎日実行してみる

という提案です。

「ささやかな習慣なんて、やっても地味だし、人生が変わるわけないし・・・」と思うかもしれませんね。

特に、年始には、大きな目標や夢のようなビジョンを考えること人も多いでしょう。

もちろん、大きな目標を掲げることは悪いことではありませんし、大きな夢を描くのは私も大好きです。

ただ、だからといって、「習慣筋力」の弱い人が、大きな目標をいきなり達成しようとするのはおすすめできません。

なぜなら、それこそが挫折の原因になるからです。

 

「ささやかな習慣」の積み重ねで大きな目標を成し遂げる

「人生を変える」という言葉。

そのフレーズを聞くと、なんとなく人生の大きな転機が訪れたり、インパクトのある体験が劇的にやってくるようなイメージがあるかもしれません。

しかし、私が考えているのは、少し違います。

「人生を変える」という体験は、カミナリに打たれるような衝撃的な体験というよりは、日常の「ささやかな習慣」のこつこつとした積み重ねの結果として実現するものだと思っています。

「ささやかな習慣」の積み重ねというのは、1つひとつがとても小さく、多少行動したところで、遠目にはまったく変化がわかりません。

玉ねぎの薄皮を1枚ずつはがしていくような感覚でしょう。

しかし、たとえ薄皮1枚ずつであっても、根気よく皮をむいていくことで、その中心に存在する自分の本質が磨かれていくのだと思っています。

それが、やがて骨太で筋肉質のしっかりした自分の軸になるようなイメージですね。

このことは、「凡事徹底」という言葉で、イエローハットの創業者である鍵山秀三郎氏が語っています。

 

私は、大きな目標を実現できる人というのは、「とても大きなことをドカンと1つやりとげた」ということではないように思うのです。

それよりも、誰にでもできるようなレベルのことを、誰も真似ができないくらいに徹底して継続するからこそ、大きな目標を実現しているはずです。

イチロー選手も、「小さなことを積み重ねることが、とんでもない所に辿りつくただ一つの道」という名言を残していますし、ヒット1本の積み重ねを大事にしていたわけです。

そう考えると、私はやはり「ささやかな習慣」をバカにしてはいけないのではないかと思うのです。

 

自分で「ささやかな習慣」を実行することで自信を育てる

では、「ささやかな習慣」というと、どれくらいのレベルの習慣なのでしょうか。

それは、人によっても異なりますが、たとえば、

・通勤電車で学習をする
・脱いだ靴をそろえる
・デンタルフロスを使って丁寧に歯を磨く
・5年日記をつける
・家や職場で自分からあいさつする
・家族とハグする
・自分がつかったあとの水回りをサッとふいておく

など、本当に「ささやかな習慣」でいいのです。

ただ、大事なのは、自分で決めたのであれば、その「ささやかな習慣」をとにかく継続することです。

体調不良でも、雨の日も、風の日も。

このような継続が重要なのは、公立中学の陸上部を7年で13回日本一に導いた原田隆史さんも、生徒に指導していたと言われていますよね。

そうして、「ささやかな習慣」を実行するということを、「自分で決めて」、「自分で実行する」こと。

このくり返しが、とても重要なのです。

それが習慣になると、自分のことを少しずつ信じられるようになります。

「つらいことがあったときも、自分でがんばって続けられた」という自らの信頼残高こそ、自信を育てるための大事な資産です。

私も、ブログをなんとか継続できていることで、多少なりとも自分を信頼できるようになってきました。

すると、ふり返ってみたときに「思えば遠くへきたものだ」という感覚があり、気づけば「人生が変わった!」と実感するわけです。

派手さはありませんが、そのような「人生が変わった!」も存在していると信じています。

私のコーチングのクライアントさんたちも、はじめは「ささやかな習慣」の積み重ねをやってきて、そのうちにやりたいことを発見し、独立をしたり、複業をしています。

そのスタートは、「ささやかな習慣」を継続することなのですね。

ですから、あなたも、2019年の目標に、「毎日、ささやかな習慣を1つ実行する」という計画をしてみてはいかがでしょうか。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、会社の仕事はじめでした。

・・・ですが、ランチを食べる暇もなく仕事をしてしまいました(汗)。

それでも、夜は早めに退社して、継続クライアントさんとのコーチングセッション。

お正月休みが終わり、日常が戻ってきた感じがあります。(^_^)

――――――――――――――――

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

ひとりで複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-行動の習慣

執筆者:

関連記事

あなたはゴールへの挑戦を1回であきらめていないか?

「1度で成功しなければならない」という思い込みを持っている人が多いように感じています。 ゴールに向かって何度もとり組むことで、やぶれる壁があります。   目次1 人は何回で挑戦をあきらめてし …

テレビやYouTubeを観ることはあなたの将来にどう役立つのか?優先順位をシンプルにすることのすすめ。

いつも考えていることなのですが、「早起きしたいけど、できません」という人があれば、おそらく、心の底では早起きしたくないのではないでしょうか? 勉強が続かないとか、ダイエットしたいけれどやせられない人も …

チームとして習慣化に取りくむメリット。笑顔が増える、応援される、我慢がきく。

チーム一丸となって共通の目的達成を目指す。 これは習慣化においても通用する有効的な考えです。 そこで「チームとして習慣化するメリット」を記事にしました。   スポンサーリンク   …

「1日に4回のタスク」をどう扱うか?小さなタスクをリマインドする工夫。

イレギュラーで飛び込んできた小さなタスク、忘れがちではないでしょうか。 今回の私にふってきたのは「一定の間隔で目薬をさす」というもの。 ちょっとした工夫で思いのほかうまくいったので、記事にしてみました …

習慣化に必須のマイルールの設定。そこに取り組みやすさと例外ルールも追加する。

どんな習慣でも、長く継続していくとマイルールができてくるものです。 それと同時に、続けるためにハードルを下げながら、例外ルールを活用していくことが続ける秘けつです。   スポンサーリンク & …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。