【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

時間の習慣

スケジュール管理ビギナーの人に伝えたい。私の時間活用が変わった2つのアプローチ。

投稿日:2019/01/07

Pocket

10年前はまったくスケジュール管理というものがわかっていませんでした。

その意識が変わったきっかけは、大きく2つの変化をとりいれたことです。

 

スポンサーリンク


 

スケジュール管理の変化1:時間にマイルールをつくった

私が時間の使い方に関して工夫し、最初の頃、実際に変化が出たことは大きく2つありました。

1つ目は、スケジュールに自分なりのマイルールをつくっていったことです。

たとえば、会社の仕事であれば、原則として午前中のアポイントメントは入れないようにしています。

午前中は1日の中でもエネルギーが多い時間帯であり、同じ1時間であっても夜とはパフォーマンスの質が異なります。

ですから、ここで数字を扱うようなタスクや思考系の重要なタスクをおこなうようにしました。

そうしたほうが、質の高いアウトプットができると感じたからです。

実際、深夜に見積書や請求書をつくっていたときは、よくミスをしていました。。。

また、午前中をブロックすることで、打合せや外出は午後にまわすようになりました。

ミーティングや届けものは集中力が少なくなっていても、人と会うことでパワーが出てくるものなので、意外と平気なのですよね。

それと、メールチェックは、それまでは、とりあえずPCを立ち上げたら朝1番に取り組むタスクでした。

ただ、それも習慣を変え、重要なタスクを終わらせてからメールチェックに取りかかるようにするなど、試行錯誤をしたのですね。

こうして、集中できる時間に重要な仕事をして、エネルギーが切れてくる頃に集中力がなくても乗り切れる仕事をする。

そのようなルールをつくることで、1日を通した全体のパフォーマンスがあがりました。

 

スケジュール管理の変化2:「自分とのアポイントメント」を入れるようになった

2つ目は、私がスケジュールに対する考え方やとらえ方が変化したことがあります。

それは、Googleカレンダーに「自分とのアポイントメント」を入れたことです。

それまでの私は、フランクリン・プランナーという「7つの習慣」の手帳を活用していました。

そこに記載していたのは、「ほかの人とのアポイントメント」だったのです。

しかし、自分に与えられた「時間」という資産は、自分のためのもののはずです。

ですから、本当に重要なのは、

・自分が成長するためには何をしたほうがいいのか?
・自分がつくりたいライフスタイルはどのようなものなのか?
・自分はこれからどのような人生を歩みたいのか?

というようなことを考えるために、「自分とのアポイントメント」を入れることが、大事なことのはずです。

そのような基本的なことに、長い間気づいていなかったのですね。

もちろん、人とのつながりはとても重要です。

師匠や友人たちに会う時間は大事ですし、コーチングセッションのように未来を考える時間を天引きすることも重要です。

また、すでに成果が出ている人なら、人脈に投資する感覚もとても重要なのだと思っています。

ただ、成果が出ていないのなら、自分で未来を考えてビジョンを描いたり、プランニングをしなければ、ほかの人の目標達成のためにあなたの時間が使われてしまうのです。

ですから、「ほかの人とのアポイントメント」はできるだけ減らしていくことです。

そうして、自分が実現したいビジョンを実現するために、「自分とのアポイントメント」を入れましょう。

 

「時間簿」をとり、24時間を少しずつ改善していく

私たちは、意外と重要ではないことに時間を使っています。

使途不明時間やあいまいな時間は、けっこう気を使っていても1日の中に存在しているものなのです。

これは、時間簿をとる習慣をやってみてよくわかりました。

たとえば、

・FacebookやTwitterへの自己アピールの投稿
・愚痴や陰口ばかりの飲み会
・生産性の低い会議
・明日には忘れてしまうYahoo!ニュースの情報収集
・スマホでのネットサーフィン

など、なんとなく浪費している時間は多いのですね。

「自分がどのように1日をすごしているかわからない」という人は、ぜひ、1日の時間簿をとってみることをおすすめいたします。

そのようにして1日を見える化して、不要な活動は減らしていきましょう。

また、自分のエネルギーが減る活動や感情生活が悪くなる活動もリストラしていきたいものです。

その代わりに、自分のやってきたことを認める時間を確保したり、将来のことを考える時間をつくりましょう。

できるだけ、1日をそのようなプラスの時間で満たしていくこと。

24時間をパーフェクトにすることは難しいもの。

しかし、そうやって意識して考え、少しずつでも工夫を重ねていくこと。

それが、最終的に充実した1日につながっていくはずです。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、子どもたちに時間をもらって妻と2人で買い物へ。

妻が自宅用に新しいPCが必要ということで、
Windows PCをチェックしにいきました。

ちょっと予算オーバーだったので、もう少し検討します。(^_^;)

――――――――――――――――

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

ひとりで複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-時間の習慣

執筆者:

関連記事

理想の1日のつくり方。今日という1日はあなたの人生の縮図である

「自分がなり得る最高の自分になるためには?」 この問いに対する私の答えは「理想の1日を過ごし続けること」です。 では「理想の1日」とは、どのようにつくっていけばいいのでしょうか。 記事にしてみました。 …

優先順位の原則。「これをやる」と決めることは「ほかのことをやらない」と決めること

タイムマネジメントを考えるときのポイントは、私たちは常に何かをして時間を使っているということ。 サボっているときでさえ、サボるということに時間を使っているわけです。 ですから、「これをやる」と決めると …

夏休みあけの仕事スタートを乗り切る名言。「その日の計画を終える前に、その日を始めてはいけない」

長期休暇あけ、仕事はじめの1日を効率的にすごすために必要なのは、 ・計画 ・フィーリング どちらだと思いますか?   スポンサーリンク   目次1 夏休みあけの自分のファインプレー …

あなたは「達成感」と「充実感」の違いに気づいていますか?

あなたは「達成感」と「充実感」の違いを即答できるでしょうか。 私なりに2つの感情の違いについて考えを記事にしてみました。   目次1 「集中タイム」の価値とは?2 「集中タイム」に訪れた誘惑 …

やりたいことが進まない人はいますか?解決方法は、心に浮かんでいる「やりたいこと」をとにかくはじめることです。

  明後日に控えた「時間カイゼン習慣術」セミナーの準備に、いい感じで追い込まれています。 この緊張感が成長のための負荷になりますし、そのためには「とにかくはじめる」ことが大事なのです。 &n …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。