セミナーの習慣 気づきの習慣 質問の習慣

正論はいらない。目的は「それならできそう!」という感情から行動することだから。

投稿日:


正論だけでは、人は行動できません。

それよりも「それならできそう!」という感情になることが大事です。




 

「正しさが人を動かす」という勘違い

私が、ずっと勘違いしていたことがあります。

それは、

・正しいことを伝えようとしていた

です。

具体的には、セミナーやコーチングのときです。

私は、お客さまに、

「これをやるのは、人として正しいですよ」

とお伝えしていたんですね。

間違ってはいないのかもしれません。

ただ、前述のように「勘違い」だったのです。

理由は、

・正しさだけが人を動かすわけではないから

です。

むしろ逆です。

正面きって正論を言われると、人は「わかってるよ、そんなの」と思うのです。

たとえば、私がブログで、

「赤信号は止まる習慣が大事です!!!」

「本を読みましょう!!!」

「腹8分目があなたを健康にします!!!」

というタイトルの記事を書いたとします。

誰も読みません(笑)。

タイトルは正しいですよね(たいていの人にとっては)。

ただ、「貴重な時間を投じて読みたいか?」と言われたら、進んで読みたいとは思いません(少なくとも私は)。

むしろ、「この記事を読んだら、責められる気持ちになりそうだなー」と感じます。

親や先生に「これから叱られるな……。」と身構える感覚です。

ですから「どうしても読みたい!」とは思えないのです。

もしも私がセミナーやコーチングで正しさばかりを連発したら、お客さまを同じ気持ちにさせてしまうかもしれません。

私はそこに気づかず、正しいことを探して、正しいことをお伝えしていたのです。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール





大事なのは「それならできそう!」という感情

では、正しさよりも大事なのは何でしょうか?

私は、

・「それならできそう!」という気持ちになっていただくこと

が大事だと考えるようになりました。

理由は、前述のように正論を伝えるだけでは、「クライアントの行動につなげる」という価値提供ができないからです。

たとえば、相手に「伊藤さんのようにブログを毎日書くためには?」と聞かれたとします。

私が「そうですね、1日1記事を9年間書き続ければ、できると思います」と答えたらどうでしょうか。

あなただったら、

「なるほど!それならできそう!」

と思うでしょうか。

そんな人はあんまりいませんよね(笑)。

たいていの場合、

「え……。そんなに時間かかるの?私が聞きたいのはそういうことじゃないんですけど」

と思うはずです。

「それならできそう!」ではなくて、「それは無理だな……。」と思わせてしまってるわけです。

お客さまのモチベーションを上げるどころか、モチベーションを下げてしまう。

そんな役割を担いたくはありません。

ブログを書き続けることは、本当におすすめなのです。

人として大事な思考力や言語化スキルが、間違いなく高まります。

それは断言できます。

ただ、これからブログを書こうとしている人にとって「1日1記事を9年間書き続けましょう」というアドバイスは、適切ではありませんよね。

なぜなら、

「それならできそう!」

と思っていただけないからです。

大事なのは「行動する」という目的です。

「なるほど、伊藤さん。それは正しいですね」と言ってもらうことではないんですね。

相手は「正しさ」が欲しいのではない。

行動するための感情を手に入れたいのです。

 

■スポンサーリンク




行動の具体化が「それならできそう!」をつくる

昨日の「良習慣塾」メンバーでもあるBさんとのコーチングセッションでも同じ事例がありました。

Bさんとの対話で「新たに30分間の学習習慣を身につけると良さそうだ」という方向になりました。

私も賛成です。

しかも、前回のコーチングセッションから、2回連続で同じ話題にふれたわけです。

私は、「Bさんは、既存の習慣をやめてでも、新しい習慣を定着させたほうがいい」と感じました。

新たな習慣を達成できたら、今より1日が充実するのは間違いないと。

ただ、Bさんは現状ですでに4時台に早起きしている。

これ以上の時間確保は、かなり困難な状況だということは、私もわかっていました。

ここで、私が「いや、Bさんの未来にとってこの30分は有効な時間ですよね?何が何でも確保しないと将来後悔するかもしれませんよ」と言ったとします。

もしかしたら、正論のアドバイスかもしれません(現時点では判断できません)。

ただ、前述のように、人は正論をそのまま受け入れるのは嫌です。

何より「それは無理だな……。」という感情が生まれます。

クライアントにそう思わせてしまったら、プロコーチとしてはイケてません。

それよりも必要なのは、

「それならできそう!」

という感情なのです。

正論を振りかざすのではありません

やることはイメージを具体的に尋ねることです。

そこから、クライアントの感情を高めていただくのです。

ですから、

「30分ではなく、5分だけやるとしたらどうしますか?」

と質問しました。

どれほど予定が詰まっている人でも、大事な活動のために5分をとれないことはありません。

それに、5分と考えると、時間のすきまが見つかったりします。

昨日のセッションでもそうでした。

Bさんは「5分か、、、5分ならいけるかも」と言いました。

そこで、私は追加で、

・いつ

・どこで

を質問しました。

Bさんから「5分なら、朝、東京ドームの前でやれそうです」という答えが返ってきました。

なぜ、東京ドームの前……(笑)。

いや、いいのです(Bさんの通勤ルートなので)。

インパクトがあります。

何より忘れません。

「東京ドームの前にきたら、5分の学習をする」は、見事に「if-thenプランニング」ですから。

実行率は高まります。

さて、実際はどうだったのか。

さっそく今朝になってBさんから私のメッセンジャーに報告がありました。

「朝から爽やかな動画学習ができました」と。

東京ドーム前にある長嶋茂雄さんが豪快な三振をしている壁面から、動画学習をしているところのムービーつきでした(笑)。

この報告を受けて、Bさんはきっとセッションの最後に

「それならできそう!」

と思っていただけたのだと感じました。

うれしいことです(きっと、お互いに)。

このように、相手のサポートをする場合は、正論だけを押しつけるのは避けましょう。

お互いのためになりません。

それよりは、質問をして行動を具体的にすることです。

その働きかけによって、相手が、

「それならできそう!」

という感情になるためのご支援をすればいいのです。

正しいことだけでなく、

「それならできそう!」

と思っていただく。

部下やお子さんにアドバイスする際に、あなたも意識してみましょう。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール


 

■スポンサーリンク




 

■編集後記

昨日は、ランチタイムにコーチングセッションを受けました。

来期の「良習慣塾」や「良習慣コーチング塾」について話せました。

20時から習慣化コミュニティーの新しいプロジェクトのミーティング。

20時30分から「良習慣塾」メンバーとのコーチングセッション。

21時30分から「良習慣コーチング塾」メンバーとのコーチングトレーニング。

充実の1日でした。(^^)


 


 

【メルマガを発行しています】

テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

あなたがひとりで複数のビジネスをおこない、ご自身の人生を充実させていくノウハウにご興味があれば、ぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く習慣」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!



「複業で自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

 


 

■スポンサーリンク

-セミナーの習慣, 気づきの習慣, 質問の習慣

執筆者:

関連記事

知らない世界に出会う贅沢。「新しい何か」は何もしない非日常に勝る。

「アイデアは移動距離に比例する」という高城剛さんの名言があります。 私も共感する言葉ですが、なぜ高城さんの言葉に共感するのか? その裏側を考えてみました。   スポンサーリンク   …

正解探しのコミュニケーションは不健全。すべての答えはいったん受けとめる価値がある。

「クイズに答えられなかったら有給が取得できない」というニュースを目にして、思わず考え込んでしまいました。 詳細はわからない状態ではありますが、テーマにしたくなったので記事にしました。   ス …

5つの「ミラクル・クエスチョン」で「理想の人生」をイメージする方法

「どんな人生なら、自分は心からときめくのだろうか?」 そんな「理想の人生」を描くための5つの質問をご紹介します。   「理想の人生を生きる」とは、どのような状態なのか? 「理想の人生を生きる …

見たことがない未来を作り出す技術とは?VAKで未来をリアルに思い描ける!

あなたが実現したいイメージを描くために、重要な要素が3つあります。 さて、それはどのような要素だと思いますか?   スポンサーリンク   五感が記憶を作り出している 3日間のNLP …

人生の目的を発見するために「なんとなく」を見える化しよう

「人生の目的を発見する」というテーマに向き合うセミナーを開催しました。 ここからに逃げずに向き合う時間を確保することをおすすめしています。   「人生の目的を発見する」セミナー開催 昨日は「 …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。