【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

先のばしを減らす習慣 行動の習慣

「いつか」を「いつ」に変えればゴールが生まれる

投稿日:2020/10/19

Pocket

夢をゴールに変える方法があります。

それは「夢に日づけを入れる」ことです。




 

「いつか」という言葉が夢を遠ざける

「いつかフルマラソンを完走したい」

「いつかTOEICで900点をクリアしたい」

「いつか複業に取り組みたい」

これらは、以前の私が頭に思い描いていた「夢」でした。

しかし、当然のことながら「いつか」という言葉を使っている限り夢が実現することはありません。

これは、旅行で考えるとよくわかります。

「いつか家族旅行をしたい」

これだと「旅行行きたいよね」と話しているだけで時間がすぎていくだけですよね。

・いつ行くのか?

・どこに行くのか?

・どれくらいの期間行くのか?

といったことがわかりません。

それらが決まらなければ、家族旅行は実現しないのです。

とくに「いつ」ですよね。

「いつか」から1文字「か」をとって「いつ」にすることが重要。

明確な期限を決めなければ、夢は願望のままで終わってしまうのです。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール





「いつかフルマラソン」がゴールに変わった体験

冒頭の「いつかフルマラソンを完走したい」という願望。

これは私が大学生のときに考えたことです。

ただし「いつか」だったので実行うつされることはありませんでした。

2011年に私がフルマラソンのレースに初挑戦したときは、まさに夢に日づけをいれたことで実現に向かいました。

きっかけは2つ。

1つは東日本大震災。

2011年の3月に起きた悪夢のような現実。

あらためて自分の命がいつ終わるかはわからないことを痛感しました。

もう1つは35歳の誕生日でした。

これは村上春樹さんの短編小説「プールサイド」の影響です。

短編小説の主人公が「人生の折り返しを35歳にする」という設定のストーリーがあります。

その話が妙に印象的で、ずっと「35歳までに」というフレーズが私の中にひっかかっていました。

その2つが組み合わさって、2011年に「よし、フルマラソンに挑戦しよう」という気持ちになったのです。

このときにインターネットで「ランネット」を検索。

当時はレースを探すのもドキドキしていました。

ただ、当時は今よりマラソンレースは少なかったです。

東京から日帰りでエントリーできる初心者向けのレースは少なかったのですね。

しかも私が調べはじめたのが遅く、35歳の誕生日を迎える前におこなわれるレースはさらに希少でした。

結果、見つかったのは静岡県で開催される「しまだ大井川マラソンinリバティ」でした。

制限時間は7時間で初心者にもやさしいレースを発見したのです。

宿泊が必要でしたが、当時の私はさまざまなことを事後報告で取りくんでいたこともあり、強引に出場。

事前に家族との小競り合いがありつつ(笑)、なんとか完走することができました。

大学生時代の夢が、ゴールに変わった瞬間です。

これは、

・35歳の誕生日まで

・レースが開催される日が決まっている

という期限があったからこそ、実現したわけです。

 


■スポンサーリンク




「いつか」から「か」を削除する

期限には、人を集中させる不思議なパワーがあります。

これは自分自身にも力がわいてきますが、ほかの人を見ていても同じでしょう。

ペナントレースで優勝争いをするプロ野球。

ワールドカップでベスト8を目指したラグビー日本代表。

オリンピックで金メダルを目指しているアスリート。

これが、期限がなくてただトレーニングしているだけでは、夢が叶うことはないのです。

夢をゴールに変える日づけという期限。

この期限こそ、あなたのやる気を高め、あなたの行動を加速してくれるものです。

あなたが期限を決めて行動している一方で、ライバルが期限を定めずにダラダラと行動しているとしたら、時間が経過するごとにあなたの実力が上回っていくはずです。

夢や願望という言葉だけだと、いまいち実現する可能性が薄まってしまう感じがします。

でも、そこに期限を加えてゴールに変える。

そうすれば、期限があなたのエンジンを動かしてくれます。

あなたは、そのエンジンで行動を加速できるのです。

「いつか」から1文字「か」をとって「いつ」に変えていきましょう。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール


 

■スポンサーリンク




 

■編集後記

昨日は、早起きして朝6時すぎに自宅を外出。

8時から「習慣化オンラインサロン」の「先延ばしストレスから解放される習慣」セミナーに運営側として参加しました。

10時から「習慣化の学校」にも運営側として参加。

アイスブレイクから放電・充電・未来日記のパートまでファシリテーションも担当。

夕方まで濃密な時間でした(オンライン上の密です・笑)。

夜は妻に時間をもらってやきとんやで「ひとり戦略会議」。

充実した1日でした。(^^)


 


 

【メルマガを発行しています】

テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

あなたがひとりで複数のビジネスをおこない、ご自身の人生を充実させていくノウハウにご興味があれば、ぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く習慣」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!



「複業で自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

 


 

■スポンサーリンク

-先のばしを減らす習慣, 行動の習慣

執筆者:

関連記事

「タスクあふれ」を解消する3つの方法

やることが重なってくると「タスクあふれ」の状態となります。 その「タスクあふれ」を解消する3つの方法を記事にしました。   目次1 やることがおおいと「タスクあふれ」になる2 「タスクあふれ …

iPhoneの「スピーチ(読み上げ)機能」でKindle本を無料で簡単にオーディオブック化する方法。「手ぶらで読書」が習慣化できる。

「時間がなくて本が読めない」 「オーディオブックもいいけど、電子書籍と両方とも買ったら2倍のコストがかかってしまう」 そのような悩みを解消する方法があります。 それが、iPhoneの「スピーチ」機能を …

同じ場所・空間・時間帯。頭の中に「習慣化の川」をつくり出そう

ある行動を習慣化するためには、行動のきっかけを同じにものしておくことが有効です。 そのフックには、場所・空間・時間帯などがあります。   スポンサーリンク   目次1 電車の中を移 …

新しい習慣化をスタートする際に取り入れて欲しい「自分を子どもに見立てる」視点。

新しい習慣をうまく定着させるためには、いろいろなコツがあります。 そのうちの大事なポイントの1つは、「新しい習慣化にトライする自分を子どものように見立てる」ということです。   スポンサーリ …

「行動できない」という悩みを抜け出すために。5つのフェーズから課題解決を考える方法。

「行動できない」とひと言で言われますが、そのフェーズはいくつかの段階があります。 行動ができていないときは、自分がどのフェーズにいるのか考えてから行動することが重要です。   スポンサーリン …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。