【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

仕事の習慣

私たちは「集中できる環境づくり」にもっと投資したほうがいいと考える理由

投稿日:2021/08/24

Pocket

あなたの才能を発見したり、やりたいことに気づくために必要なのは「中断されない時間」です。

そのために、もっと集中できる環境づくりを考えていきましょう。




 

相互集中タイムで3ヶ月の先のばしタスクが完了

今朝は「習慣化オンラインサロン」絆チームのパートナーYさんと朝6時からZoomを接続。

停滞していた重要なタスクに手をつけました。

私のタスクは、「習慣化オンラインサロン」の新規ご入会メンバー向けのステップメールを書くこと。

今までも最初の10日間向けはありました。

それを拡充するために3ヶ月のメール(1週間に1通)にする必要がありました。

メールの数は14通。

それなりのボリュームです。

重要なタスクではあるのです。

でも、もっと緊急のタスクが多かったため3ヶ月ほど保留(仕掛り)になっていました。

ステップメールを書くために6時から7時まで1時間を投資。

2人でお互いのタスクに集中しました。

その後、はずみがついた私は8時からさらに1時間執筆。

結果、3ヶ月保留にしていたタスクが完了しました。

たった2時間の集中。

それだけで、3ヶ月保留にしてしまっていたタスクが終わったのです。

これは先のばしに悩む人にはありがち。

行動する前は「時間がかかりそうだな」と思っている。

少し手をつけるけれど、手強い感じがする。

だから保留にする。

でも、集中してやらざるを得ないタイミングがやってくる(それはたいてい締め切り前だったりします)。

本腰を入れて集中して取りくんでみると、思ったよりも短時間で終わるのです。

そして、誰もがこう思うのです。

「こんなにすぐに終わるんだったら、もっと早くやっておけば良かったな・・・」と。

あなたも、このような経験があるのではないでしょうか。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール





人は「環境」によって、とる行動が決まる

ある研究によると、

・人は「環境」によって、とる行動が決まる

という結果が出ています。

たしかに、集中できる環境にいれば、私たちは集中できますよね。

シンプルなのです。

たとえば、学生時代の期末テストの時間。

間違いなく集中していました。

それは、

・教室なので誘惑がない

・先生の監視がある

・まわりが集中している

という環境にいたからです。

ノイズがないのですね。

でも、現代はノイズがあふれています。

たしかに、私たちの日常には、

・携帯電話への連絡

・スマホへのSNSの連絡

・「ちょっといいですか?」と呼びかけられる

など、集中しづらいのです。

ですから、

・ノイズ

・集中に不適切な環境

・集中力不足

となります。

そのため、注意力散漫になる。

意識も分散してしまうのです。

それでは、なかなか成果は出ませんよね。

私の今朝の集中タイムのように、友人とマンツーマンでお互いのタスクを実行すれば逃げられません。

実際、お互いに1時間集中できました。

2人とも「気づいたら7時」という感想だったのです。

これは日常とは異なり、

・ノイズをシャットアウト

・相互に監視

・集中力アップ

という環境がつくることができたのが、集中できた理由です。

その環境に身を置いたからこそ、3ヶ月の保留(先のばし)タスクが2時間で完了したのです。

先のばし解決に必要なのは能力ではありません。

大事なのは「環境」なのです。

これがまさに

・人は「環境」によって、とる行動が決まる

ということなのですね。

 

■スポンサーリンク




集中するための中断を減らそう

私たちが成果を出すためには、集中力と集中タイムが必要です。

そのために、集中せざるを得ない環境に自分の身をおくこと。

それが手っとり早い解決方法です。

むしろ、タスクや予定が立て込んできたときほど、考える環境をととのえたいところです。

わずか2時間でいいのです。

YouTubeやテレビを見ていたら2時間なんてすぐに終わってしまいますよね。

その時間を、静かで集中できる環境づくりに投資していきましょう。

それがノイズへの対抗策です。

中断がなく、集中できる時間。

それが私たちを前進させてくれます。

一方、中断が多いと、私たちの才能や能力は発揮されづらくなります。

集中できる環境で、あなたの才能が開かれようとしているのに、その前に中断が入ったらどうなるか。

当然、あなたの才能が発揮されるタイミングを失うわけです。

同じように、

・やりたいことに気づくチャンス

・好きなものを好きだと感じるきっかけ

も失ってしまうのです。

たとえば、ピカソ氏が創作している時間は、集中していたはずです。

だからこそ、彼の才能が発揮されたわけです。

真剣に画を描いている最中に、ほかの人に何度も呼びかけられたりしていたはずはありませんよね。

集中して創作できる環境をつくっていたはずです。

ですから、アーティストたちは自分のアトリエをもっていたのです。

私たちが能力を最大限に発揮し、パフォーマンスを高めたければ、まず取り組むことは1つ。

「環境づくり」なのです。

これをいかに意図してつくれるか。

それが、私たちの集中力に影響を与えます。

私は、そのためにコワーキングスペースや有料会議室を活用しています。

有料ですが、その価値を感じています。

さて、あなたはいかがでしょうか。

集中力のための環境づくりの重要性は伝わったら幸いです。

意識して取りくんでいきましょう。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール


 

■スポンサーリンク




 

■編集後記

昨日は、夜に「良習慣塾」メンバーの方との相互セッション。

お互いの今月のマストゴールを再確認。

そこから今週のマストゴールをコミットしました。

少ししびれるスケジュールで設定してしまいましたが、ヒリヒリしながらがんばろうと思います。(^^)


 


 

【メルマガを発行しています】

テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

あなたがひとりで複数のビジネスをおこない、ご自身の人生を充実させていくノウハウにご興味があれば、ぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く習慣」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!



「複業で自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

 


 

■スポンサーリンク

-仕事の習慣

執筆者:

関連記事

注意散漫な私が生産性を高められたシンプルなタスク管理法

注意散漫で集中力に欠ける人は、タスク管理が苦手です(私が該当しています・笑)。 そんな人でもうまくいくタスク管理の方法を記事にしてみました。   目次1 「タスクが中途半端になってしまう」と …

長時間パソコンによる肩こり対策に「折りたたみ式ポータブルパソコンスタンド」

パソコンに向かう時間が増えたため、身体に不調が起きているという話を聞いていました。 私にもその前兆がやってきたため「折りたたみ式ポータブルパソコンスタンド」を導入してみました。   目次1 …

仕事の生産性を高める「モードをかためる」3つのステップ

「時間あたりの生産性を高めたい」と思うときは、私たちは何をすればいいのでしょうか。 生産性を高めるために、私が取り組んで効果を感じている方法に「モードをかためる」があります。 この記事で「モードをかた …

あなたの才能と強みを発見するための「自分シェルター」の習慣

私たちの強みや才能を発揮していくためにはどうするか? 私は「自分シェルターをつくる」ことだと考えています。   目次1 「自分シェルター」とは?2 「自分シェルター」でインターネットから離れ …

成長を実感する方法

ブログを3000日以上書いていますが、日々の成長はなかなか感じにくいもの。 そのようなときに役立つのが、同じテーマで定点観測をすることです。   目次1 「ブログ3000記事セミナー」で20 …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。