仕事の習慣

「営業するのが怖い!」という人に伝えたいエピソード

投稿日:


私たちは、多かれ少なかれ、誰もがセールスパーソンの側面を持っています。
だからこそ「セールス」や「営業」というイメージに苦手意識を持たないようにしたいものです。




 

「営業は避けたい」と思っていた理由

会社員になるとき、「できれば避けたいな……(汗)」と思う職業がありました。

その職業は、
・営業
です。

営業職に従事されている方で、気を悪くされたら恐縮です。
そんな私も、今はばっちり営業職なのでご安心いただきたいなと思います。(笑)

なぜ、そう思っていたのでしょうか。
私には、何となく「営業=押し売り」のイメージがあったんですよね。

きっと、子どもの頃に、テレビやマンガで刷り込まれたイメージだと思います。
それが何だったのか思い出せないのですが。
ただ、私と同じように「営業=押し売り」と感じている人は多いので、時代の影響なのかもしれませんね。

実際、コーチングや「良習慣塾」で複業をサポートしていると「できればセールスせず、SNSで商品を販売したいんです……。」という声があります。
その気持ち、マジで痛いほどわかります。

会社で営業を何年もやっていた私でさえ、そう思っていたんですから。
ましてや、営業を経験していない方だったら、そう思うのは自然です。

ただし、、、なんです。
複業家になるためには、セールスはどうしても避けられないというのも、これまた当然です。
ご自身がセールスしなければ、誰かが「知らないうちに、誰かが自分の商品を販売してくれていました」ってことはないですからね。(笑)

会社なら、営業部やマーケティング部が販売してくれるかもしれません。
ただ、自分でビジネスをするなら、誰でもセールスパーソンの側面を持たなければならないものなんです。

それなのに、前述のようにセールスに苦手意識を持っている方は多いです。
きっと、あなたが想像するよりもずっと。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール





「営業」へのイメージを変える

私も会社員としては法人の取引。
個人の取引より金額が大きくなります。

1社あたり数百万円の請求書を、毎月何枚も作成しています。
その一方で、自分のビジネスになるとどうだったか。
1件のコーチングセッションで3000円の請求書をつくるのもドキドキしました。(笑)

なぜ、そんな違いがあるんでしょうか。
理由は、
・仕事の責任が、すべて自分ひとりにあるから
なんです。

もしも質が低いサービスを定期してしまい、お客さまから「3000円を払ったのに、このクオリティーなんですか?お金を返してください!」なんてクレームを受けた日には、たまりません。
恐怖以外の何物でもない。
ですから、セールスが不安になるんです。

やる必要があることはわかっている。
でも、怖いからできれば避けたいというのが本音。
それが、セールスに対する多くの人たちの感覚かもしれません。

では、改善していくためには、どんな風に向き合っていけばいいのでしょうか。

私が採用した方法は、
・「セールス」に対する意味づけを変える取り組み
です。

おすすめは、
・「セールス」「営業」という言葉に関する印象(意味づけ)を変えること
です。

たとえば、「営業」を「提案」に言い換える。
これで、自分の印象や解釈を変えられました。

あとは、日本ではなく、アメリカのセールスパーソンをロールモデルにすること。
すると、アメリカでは、優秀なセールスパーソンというのは、人格者であり、スキルもあり、愛情も持つ「デキる人」として尊敬されているんですよね。
それだけでも、営業へのイメージが変わりませんか?

中でも効果があったのは、
・エピソード
です。

私がよくご説明するエピソードの1つを、あなたにもご紹介しますね。
このエピソードを聞けば、きっとあなたも「セールス」や「営業」が、押し売りとは違っていることがわかるはずです。

 

■スポンサーリンク




営業が怖くなったら思い出して欲しいエピソード

私の体験です。
ガラにもなく、花屋さんに行ったときの話です。(笑)

私がお客。
あなたは、花屋の方。
そんなイメージをしていただけますでしょうか。

私が、あなたの花屋さんに訪れます。
あなたは「いらっしゃいませ」と笑顔で迎えてくれます(ありがとうございます)。

私は、花の知識がまったくありません。
そんな私が、なぜ花屋に訪れたのか。

目的があったんです。
妻への誕生日プレゼントとして、花束を買いに行ったんですね。

私としては、花屋さんに来た目的はある。
でも、花に関する知識はまったく無い。

正直、困っている状態です。
ですから、お店に入ることもドキドキする状態。
それでも、目的があるので「えいっ!」とお店に行き、あなたに相談するわけです。

「あのー、、、妻への誕生日プレゼントとして花束を贈りたいんですが、花についてまったくわからないんです……(^_^;)」

私はあなたに話します。
そうなれば、あなたは聞いてくれるはずです。

たとえば、
・ご予算はどれくらいをお考えですか?
・奥さまは何歳くらいの方ですか?
・好きな花はありますか?
・何系の色がお好きですか?
・反対に、苦手な色や嫌いな花はありますか?
など。

花屋さんであるあなたは、もちろん花のプロフェッショナル。
私に比べものにならない知識があるわけです。
ですから、状況に応じて提案をしてくれるわけです。

「こんな感じでどうですか?」と。

私は、希望通りの花束を買えて満足。
花束を妻に贈り、喜んでもらえるわけです。
心の中で、「花屋さん、ありがとう!」と感謝します。

いかがでしょうか。
あなたはこの先花屋さんとしてセールスをしていると言う感覚はあるでしょうか。
おそらく、ほとんど無いのではないでしょうか。

むしろ、お客様の希望に沿って、あなたが持ちうる知識を提供してくれて、スキルを活用してくれる。
結果、お客様の状況に応じたサービスを届ける。

ですから、お客様に感謝されるわけですね。
きっと「お客さまに貢献できて良かったな」と思うのではないでしょうか。

さて、エピソードは以上です。

あなたは私に「セールス」をしました。
これは、どう見ても販売活動ですから。
でも、「押し売り」では無いですよね。

私は、嫌な気持ちになっていませんから。
むしろ感謝しているんです、あなたに。

これが「セールス」であり、「営業」です。
どう感じるでしょうか。

私たちが販売側になったとき、取り組むことは、
・お客さまが困っていることを察知する
・困っていることを解決できるように知識とスキルを磨く
・解決するためのメニューを増やしていく
なんです。

これらが充実すればするほど、押し売りにはなりません。
提案の幅が広がりますから。

あなたのセールスの意味づけ。
花屋さんのエピソードで、少しでも和らげられれば幸いです。

もし、あなたが「セールスが怖い」と思ったら、この花屋のエピソードを思い出してみましょう。
私は、このエピソードのおかげで、だいぶ楽になりました。

今回の記事が、あなたの営業活動を後押しできたらうれしいです。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール


 

■スポンサーリンク




 

■編集後記

昨日は、朝6時の『習慣化オンラインサロン』朝活ファシリテーションからスタート。

会社を早めに出てプールへ。
スイムトレーニングができました。(^^)


 


 

【メルマガを発行しています】

テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

あなたがひとりで複数のビジネスをおこない、ご自身の人生を充実させていくノウハウにご興味があれば、ぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く習慣」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!



「複業で自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

 


 

■スポンサーリンク

-仕事の習慣

執筆者:

関連記事

前進感を毎日味わう方法。大きなタスクを遠くに眺めながら、毎日一定の時間を確保する。

あなたは毎日のタスクを、どのように対処されているでしょうか? 小さなタスクに着実に取り組むことも重要ですが、大きなタスクを少しずつやっていくことも忘れないようにしましょう。   「小さなタス …

やることがたくさんありすぎて困るときの対処法

やることを広げすぎると、パフォーマンスが落ちます(実力者以外は)。 「やりたい」と「やらなきゃ」を見極めつつ、「やらない」という選択肢も持っておきましょう。   「やりたい!」が「やらなきゃ …

注意散漫な私が生産性を高められたシンプルなタスク管理法

注意散漫で集中力に欠ける人は、タスク管理が苦手です(私が該当しています・笑)。 そんな人でもうまくいくタスク管理の方法を記事にしてみました。   「タスクが中途半端になってしまう」というお悩 …

「タスクシフト」の5つのメリット。時間の区切りが生産性を劇的に高める

あなたのパフォーマンスを劇的に高める方法があります。 それは「タスクシフト」というテクニックです。   「タスクシフト」の実験 今朝は、休日の午前中の使い方について実験をしてみました。 それ …

伝えづらいネガティブな情報をすばやく伝える方法

「相手を嫌な気持ちにさせてしまうかもしれない、、、」というネガティブな情報を伝えなければならないとき。 つい、メールやメッセージすることををためらってしまうことはないでしょうか。 私はそこに困っていた …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。