【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

思考の習慣

予防の習慣。「頭のいい人は問題を解決するが、懸命な人はそれをあらかじめ避けるものだ」

投稿日:2019/06/26

Pocket




私たちは、逆境からの逆転劇やウルトラCに目を奪われがちですよね。

でも、本当にすごいのは、そもそものトラブルを起こさない「予防するパワー」だと思うのです。

 

予防のパワーを感じたYouTubeの中のイチロー選手

先週末、家族団らん中にYouTubeで調べるものがありました。

その調べものだけだったら良かったのですが、うっかりほかのコンテンツを再生してしまったんですよね。(^_^;)

幸いなことに、私はそれほどYouTube中毒ではないのですが、思わず長時間観てしまったのは(未完了リストがたくさんあるのに・・・)、プロ野球の映像でした。

少年時代に観ていた胸を熱くさせた原さんや斎藤雅樹さんの映像もあれば、ジャイアンツとドラゴンズの「10.8決戦」、そして数々のファインプレー映像集に思わず目を奪われてしまったんです。

あの連続再生のひもづけはすごい。

YouTubeにはまって貴重な時間を失ってしまう人の気持がよくわかりました(なので、せめてブログネタにしようと思って記事を書いています・笑)。

 

「レーザービーム」のすさまじい威力

さて、その野球映像の中で、もっとも印象に残ったのは、元メジャーリーガー(もう「元」なのが残念ですが)のイチロー選手のプレー映像でした。

何が、それほどまでに私の興味をひいたのか。

それは、

・イチロー選手の「予防」がすごすぎる

ということです。

ちょっとわかりづらいと思いますので説明しますね。

そのコンテンツの最初の映像は、有名な「レーザービーム」の映像でした。

伝説のプレーですよね。

「レーザービーム」で、イチロー選手の肩の強さが、一気にメジャーリーグに知れ渡ることとなりました。

その後、実際に進塁や得点を阻止して、ほかのチームからも「イチローの肩には注意が必要だ」という認識になっていったんですね。

私が、映像を観ていて「いやあ、これはすばらしい」とうなりました。

 

「レーザービーム」の本当のすごさは見えない場所にあった

そのすばらしさは、これまでイチロー選手の活躍を意識してきたつもりの私も、これまでほとんど観ることがなかったシーンだったのです。

YouTubeの映像が丹念に追っていた映像は、イチロー選手がキャッチすると、相手チームの選手が警戒して、ギリギリの進塁を避けていた映像です。

そこで私が気づいたのは、

・予防策になるプレーというのは、ニュースにはならないのか・・・!

ということです。

相手チームのランナーがサードをまわってホームを狙うとき、イチロー選手がライトからバックホームすると、ランナーはストップしてしまうんです。

これはつまり、

・イチロー選手の肩のすばらしさが発揮されて得点を防ぐと、ドラマが起こらない

ということなんですよね。

こういったプレーは地味なので、スポーツ新聞やニュースでは大体的にとりあげられることはありません。

でも、得点や進塁を防ぐために、非常に大きな効果です。

タイムリーヒットを打って1点とることも大事ですが、守備の力で1点を入れさせないということも同じくらいすごいことではないでしょうか。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール





頭のいい人は問題を解決するが、懸命な人はそれをあらかじめ避けるものだ

イチロー選手のプレーを観ていて思い浮かんだ言葉は、

・賢明な人

でした。

それは、アインシュタイン氏の

“頭のいい人は問題を解決するが、懸命な人はそれをあらかじめ避けるものだ”

という名言にひもづいています。

問題やトラブルは人生につきものですが、それを解決する人は「頭のいい人」。

でも、「懸命な人」は、そもそも問題やトラブルが起きないように予防をしておくということですね。

いわゆる「第2領域」の活動に時間を投資するということは、予防の意味も大きいものです。

このように、「予防」というのはすばらしい活動です。

トラブルを未然に防ぐというのは、間違いなくすぐれた成果ですから。

ただ、少しだけ問題があります。

それは、先に述べた通り、

・予防を徹底すると、ドラマが起きないので退屈

ということなんですね。

もう少し詳しく説明します。

 

パターン1:肩が弱い選手

また野球で考えてみましょう。

チームが1点差で勝っているものの、2塁にランナーがいます。

1本ヒットが出れば逆転されてしまいそうな状況です。

ここで比較してみます。

まず、パターン1は、

・肩が弱い選手がライトを守っているとき

です。

打者がライト前にヒットを打ちます。

そこで、肩の弱い外野手ですから、2塁ランナーはホームに駆け込みます。

肩が弱いので、ランナーの走力との勝負。

タッチプレーもギリギリ。

アウトなのか。

セーフなのか。

まさに手に汗を握る展開。

観戦に行っていたら、どちらにしてもファンは盛り上がるでしょう。

書いているだけで興奮してきました(笑)。

 

パターン2:イチロー選手

さて、一方のパターン2。

もちろん、

・肩が強いイチロー選手がライトを守っているとき

です。

同じような状況でヒットが出たとき、2塁ランナーはどうするか。

イチロー選手の肩の強さからホームに走らないのです。

ギリギリのタッチプレーは起こりません。

手に汗も握りません。

普通にランナーは3塁にストップしているからです。

「シーン、、、」とまではならないと思いますが、普通にプレーが次の打者にまわるだけです。

・・・おもしろくない状況です(笑)。

しかし、これは見方を変えれば、

・イチロー選手が相手の得点を事前に防いでいる

ということなんですよね。

味方のキャッチャーにリスクを負わせず、ピッチャーをかばい、観客をいたずらにドキドキさせず安心感を与えているのです。

すばらしいことだと思いませんか?

少なくとも私は、イチロー選手に感じた「予防のパワー」を「すごい」と感じました。

同時に、世の中にはこういった「予防」のストーリーはたくさんあるんでしょうから、そのストーリーをもっと見えるようになりたいとも思いました。

 


■スポンサーリンク




優れた人はドラマが起きないように予防している

もしも、あなたが映画の「タイタニック」を観ているとき。

豪華客船が氷山にぶつからなかったら、あの映画を観たいと思うでしょうか?

思いませんよね(笑)。

一方、優れた船長だったら、あの事件は起きないのです。

危険な氷山に気づいて、回避するからです。

でも、ドラマになるのは、氷山にぶつかるほうなんですよね。

人生やビジネスでも、同じです。

たとえば、

・社長の起死回生のアイデアが、会社を倒産危機から救った

とか、

・死ぬ気で脱サラした起業家の人生逆転物語

など。

そういったストーリーの方がわかりやすいですし、注目を集めますよね。

でも、よく考えてみれば、そんな風に窮地に陥らないように「予防」できることもたくさんあったのではないかと思うのです。

そんな風に考えると、私たちは、目に見える派手な現象に目を奪われがちです。

しかし、本当に賢明な人は、そもそもの問題を「予防」している人たちなんです。

 

「予防」のパワーを人生に取り入れる

さて、この「予防」のパワーを私たちの人生にも取り入れていきたいものですよね。

では、具体的にはどのような行動をとればいいのでしょうか。

これは、ここ3週間ほど私が取りくんでいることなのですが、

・1週間に1度、人生におけるリスクを考える

・そのリスクに対する予防策を考える

というシンプルな方法です。

時間は短くしていて、私は10分に設定しています。

その10分は、徹底的にリスクについて想像をしてみるのですね。

そうして、そのリスクに対して何ができるか、自分なりに考えています。

私の性格上、本当はそういったリスクについてイメージするのは苦手です。

妄想しているほうが好きですので(笑)。

ただ、100%ポジティブというのは逆にリスクをまったく考えないので危険もあるんですよね。

 

まとめ

イチロー選手の守備の力のように、「予防」は地味ではあるものの、とても重要な活動です。

その優れた「予防のパワー」を活用するためにも、私たちも事前にリスクを想定しておきましょう。

そして、そのリスクに何ができるのか、そんな対策をとれるのか。

頭の中で想像したり、書き出してみるだけでも、とても効果があります。

あなたも、ぜひ取りくんでみませんか?

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール


 

■スポンサーリンク




 

■編集後記

昨日は、会社終わりでカフェに立ち寄り、

・ブログ
・ひとり戦略会議
・1週間のふり返り

をおこないました。

こういうルーティンがきっちりできる時間があると、充実感を味わえますね。(^_^)


 

【メルマガを発行しています】

テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

あなたがひとりで複数のビジネスをおこない、ご自身の人生を充実させていくノウハウにご興味があれば、ぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く習慣」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!



「複業で自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

 


 

■スポンサーリンク

-思考の習慣

執筆者:

関連記事

イライラや怒りの静め方。自分自身をふり返り、解釈をやわらげる。

なぜ、イライラや怒りは発生するのでしょうか。 最近、そのようなことをよく考えます。 イライラや怒りを感じることそれ自体は自然なことですが、そればかりでも良くないでしょう。 イライラや怒りをやわらげるた …

あなたの可能性が隠れている場所とは?

あなたは、新しい体験を日々やっているでしょうか。 あなたがまだ試したことがないことに、あなたの可能性が眠っているのです。   目次1 初体験の新しいITツール2 まだ試していないことの可能性 …

あなたは大丈夫?あきっぽい人の「初心者のプロ」という病。

「熱しやすくて冷めやすい」と困っている人の話しを聞きます。 この性格・タイプを変える方法を記事にしました。   目次1 「熱しやすくて冷めやすい」という悩み2 「初心者のプロ」ができあがるま …

「すぐ怒ってしまう」と後悔する人へ。「怒り」という2次感情の前の「1次感情」に焦点をあてる。

・怒り ・イライラ などは、ネガティブな感情です。 そのような感情になった場合に、早めに抜け出すコツを知っていると便利です。   スポンサーリンク   目次1 良くも悪くもパワーが …

思わず「イラッ」としたらどうしますか?そのようなときは「相手を変えず、自分の見方を変える」を試してみましょう!

こんにちは、伊藤です。 先日、ぼくが遭遇したちょっとしたトラブルから、 「相手を変えず、自分の見方を変える」 という学びを実体験しました。     目次1 ランチタイムのおそば屋さ …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。