【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

質問の習慣

質問をくり返す習慣で専門家になる方法

投稿日:

Pocket

自分に質問することは、船の舵のようなものです。

目指す方向に向かって、問いかけていきましょう。




 

人が質問していることに詳しくなるメカニズム

人は、自分にいつも質問していることに詳しくなります。

理由は、

・私たちの脳は、質問している方向に意識を向けるから

です。

たとえば、ブログ。

いつも「どうすれば、いいブログを書けるかな?」と自分に質問している人は、いいブログを書くためのアンテナがたちます。

ですから、「いいブログって何だろう?」という答えを探しにいきます。

そして、自分が好きなブログを探したり、「こんなブログを書けるようになりたいな」というブログ(ブロガーさん)を見つけます。

対象が見つかれば、ネタのつくり方や文体が参考になります。

結果、自分のブログに好影響を与えてくれて、ブログの質が高まるわけです。

きっかけは、

「どうすれば、いいブログを書けるかな?」

という問いです。

質問が起点なのです。

つまり、ブログについて詳しくなりたければ、

「どうすれば、いいブログを書けるかな?」

という問いをくり返せばいい。

この流れが、

・人は、自分にいつも質問していることに詳しくなるメカニズム

なのです。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール





質問をくり返す習慣で専門家になる方法

このメカニズムを活用して、専門家になる方法があります。

それは、

・自分が詳しくなりたい分野に向けて、質問をくり返す習慣を身につけること

です。

具体例で考えてみましょう。

あなたが「先のばし撃退の専門家になりたい」と考えたとします。

その専門家へのスタート地点を、

・質問

にするのです。

たとえば、私たちが日常にやってくる

「面倒くさいな」

という言葉。

あなたも、多かれ少なかれ「面倒だなぁ」と思うことがありますよね(きっと)。

私がセミナーなどで「面倒くさがりやだと思う人は手をあげていただけますか?」と質問すると、8割くらいの人が手をあげますので。

このとき、専門家になれずに終わる人と専門家になれる人の対応が分かれます。

まず、「面倒だなぁ」と思って、先のばしする人。

人は、基本的には面倒くさがりやですから、面倒くさいことはやりたくありません。

その本能にしたがえば、無事に先のばし達成です。

先のばし撃退の専門家になれません。

一方、「面倒だなぁ」と思ったときに、違う対応をとれる人がいます。

それが、先のばし撃退の専門家になれる人なのです。

先のばし撃退の専門家になれる人は、「面倒だなぁ」と思ったときに、

「この面倒くさいことをやらないために、どうすれば効率化できるかな?」

と考えられる人です。

面倒くさいことがやってきたら、

「どうすれば先のばしを撃退できるかな?」

「先のばし撃退くり返さないためには、どんなスキルを磨けばいいのか?」

「この先のばしをやらなくて済むようになるツールはないだろうか?」

と自分に問いかけられるのです。

その人は「あとで面倒くさくなることが本当に苦手だから」です。

先のばしを全力で避けたいのです。

そのため、

「どうすれば先のばしを撃退できるかな?」

と問い続けます。

答えが見つかれば、それを取り入れます。

先のばしが起こらないように、行動します。

うまくいったことがあれば、それを続けます。

うまくいかなければ、改善策を考えます。

「どうすれば先のばしを撃退できるかな?」と。

問いかけから改善策が見つかれば、さらに先のばし撃退が進みます。

こうして、先のばし撃退をもっと進化します。

やがて、先のばし撃退の専門家が誕生するわけです。

 

■スポンサーリンク




質問は船を動かす舵である

この好循環の起点は、何でしょうか?

そう、

「どうすれば先のばしを撃退できるかな?」

という問いかけから始まっているんですよね。

ですから、私は、 

・人は、いつも自分に質問していることに詳しくなる

と考えているのです。

その意味で、

・質問は、船を動かす舵のようなもの

だと考えています。

あなたが、広い海の上を船で航海しているイメージをしてみましょう。

目の前には、青い海が広がっています。

何の考えも持たずに進んでいくと、目的地につきません。

すると、遭難したり、難破したりして、面倒くさいことになるでしょう。

自分に質問しない人は、そのまま「面倒くさいけど、仕方ない。根性で乗り切ろう」と考えます。

そうして、波が高くても苦難のルートを進んでしまいます。

一方、自分に質問できる人は、自分に

「このまま進んだら面倒くさいことにぶつかるな。。。どうすれば面倒くさいことを避けて、理想の航路で進めるかな?」

と問いかけます。

問いによって、舵を切り、船の角度を変えるのです。

「違う、自分が進みたい道はこっちじゃない」と。

そうして、理想のルートを見つけるために試行錯誤して、航路を発見するわけです。

つまり、

・質問=船の舵

なのです。

質問しなければ、ぶつかる可能性が高まります。

質問すれば、自分が望むルートに舵を切ります。

これは、私たちの人生と同じです。

問いかけなければ、地図がない海を進むしかありません。

質問があれば、自分が目指す方向を目指せます。

その道は、楽な航路ではない可能性も大いにあります。

でも、どうせなら、あなたが進みたい航路を探していきましょう(私も航路を探しています)。

あなたが自分の質問から選んだ航路なら、多少つらくても進んでいけます。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール


 

■スポンサーリンク




 

■編集後記

昨日は、朝6時から「習慣化オンラインサロン」の朝活に参加してファシリテーション。

8時から新しいサービスのオリエンテーション。

午後は家族と新しいお店を開拓。

帰りにレンタルコミックを借りて(私は『ブルーピリオド』と『ファブル』と『ザ・ファブル The second contact』です)、家族で読みふけっていました。(^^)


 


 

【メルマガを発行しています】

テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

あなたがひとりで複数のビジネスをおこない、ご自身の人生を充実させていくノウハウにご興味があれば、ぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く習慣」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!



「複業で自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

 


 

■スポンサーリンク

-質問の習慣

執筆者:

関連記事

良い質問は安易な答えよりも強い。効果的なふり返りのための16の質問。

「伊藤さんはひとり会議でどんなことをやっているんですか?」という質問を受けました。 いくつかバリエーションがありますが、そのうちの1つは「質問を活用したKPT」です。   スポンサーリンク …

完ぺきじゃなくても始めたいことはありますか?「後押し」と「スモールアクション」で動き出そう。

「完ぺきを待っていては、何も変わらない。」 ブログにも書いたことが何度もありますし、頭ではわかっているつもりでしたが、やはり体が動かないことは多いですよね。 そのような膠着状態を抜け出すために必要なの …

あなたが目指している「憧れ」は大丈夫?自分を知らずに間違った「憧れ」を追い求めるのはつらい。

・ポジティブに考えなければならない ・成果が出ていなければ、だらけてはいけない ・常に成長していかなければならない ・即断即決しなければならない ・行動力を高めなければいけない あなたも、このようなこ …

「なぜ、自分はできないのか?」ではなく、「どうしたら今よりもっとうまくいのか?」と考える思考習慣を身につけましょう!

  こんにちは、伊藤です。 ぼくは、成果を出している人に共通している点として、 「どうしたら今より良くなるのか?」 という、 「どうしたら〜」という改善思考を持っていると考えています。 &n …

少ない可処分時間をどう使う?あなたは「重要な2割」の活動を優先していますか?

あなたは、1日の可処分時間をどのように使っていますか? 私は、可処分時間にも「80対20の法則」を意識して適用しています。   スポンサーリンク   目次1 成長とは「ありたい姿」 …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。