【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

良習慣の習慣

不安な気持ちに自分で「大丈夫」と言えるようになるためには?

投稿日:

Pocket

あなたが習慣を続けていると「この地道な習慣を続けていて、本当に大丈夫なんだろうか・・・?」と不安に思うことがあるかもしれません。

その疑問について自分で「大丈夫」と言えるようになるためにはどんなことが必要なのか考えてみました。




 

「この習慣を続けていて大丈夫なのか?」という不安

「この地道な習慣を続けていて、本当に大丈夫なんだろうか・・・?」

この質問は、私もよく聞かれるものです。

実際、私もよく考えていましたし、今でもふと頭をかすめることがあります。

そのときは、前提について考えることにしています。

それは、

・卓越した成果を出している人は、確実に「良習慣」を持っている

という現実です。

良習慣を持っている人は、「良習慣を定着させるスキルを持っている」ということです。

結果を出すための要因である「良習慣」を持っているので、成果がついてくるわけです。

要は、無意識のうちに成果を出すスタイルを確立させているということでしょう。

ほかの人から見ると「あの人はストイックだ」と言われることになります。

でも成果を出している人にとっては、「良習慣に取り組んでいるだけ」なんですよね。

逆にいえば、安定した良習慣を持っていない人が大きな成果を出すことはほとんどないのではないでしょうか。

これはスポーツ選手を見ればわかります。

野球でも、ラグビーでも、活躍している選手は必ずといっていいほど良習慣を持っているからです。

元メジャーリーガーのイチローさんや五郎丸選手、体操の内村航平選手もルーティンと言われる良習慣を持っていますよね。

彼らは、活躍してから良習慣を取り入れたわけではないと思います。

むしろ、良習慣を持っているから、結果的に活躍しているんですよね。

良習慣に地道に取り組み続けたからこそ、成果につながったわけです。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール





良習慣の継続が不安を打ち消してくれる

先日読んだ本によると、海外のスポーツ選手は良習慣のようなこつこつとした行動は苦手なんだそうです。

仮にイチローさんのようなトレーニングスタイルを取り入れたとした場合、3日くらいは継続できる。

でも、長期間に渡って淡々と継続するのができないということなんですね。

ということは、日本人は習慣化が得意なのでしょう。

実際、日本には「継続は力なり」という言葉ありますよね。

日本人にはこつこつと地道に取り組んでいくメンタリティーが似合っているところもあると思います。

良習慣は、続けることで無意識化していくものです。

会社員の朝の通勤はいい例です。

だいたい決まった時間に家を出て、同じ時間帯の電車の同じ車両にのり、決まった乗り換えを経て、ほとんど同じ時間帯に会社に到着する。

私自身、会社について始業のタイムカードを押したときに、前日とまったく同じ時間が打刻されているのが続いてひとりで笑ってしまったことがあります(笑)。

それくらいルーティンの行動は無意識化されているわけです。

たとえば、ブログを継続すれば記事を書くスキルやアウトプットの能力は高まります。

意図を持ったブログを地道に継続すれば、人生を変えるパワーがある良習慣です。

ですから、私も取り組んでいますし、友人やクライアントにもおすすめしています。

実際、私は出版という道につながりましたし、セミナーのコンテンツにもつながっています。

ただ、スピードが求められる今の時代。

「継続して時間をかけた結果、自分が望む成果を手に入れる」というのは流行らないようです。

むしろ逆行しているんでしょう。

ですから、冒頭のように「本当にこの地道なことを続けていて大丈夫なんでしょうか・・・?」と不安になる人もいらっしゃるのだと思います。

しかし、逆に私は良習慣を確立することこそ、不安を打ち消してくれるものだと考えているんです。

ですから、むしろ自分の不安を打ち消すために良習慣に取り組んでいるという感覚です。

 


■スポンサーリンク




「普段どおりの自分」の力を発揮するための良習慣をつくる

私たち(私も含めて)は、ほかの人とつい比べてしまいます。

しかも、たいていは相手のすごいところと自分のだめな部分を比較してしまうんですね。

そのため、自信を失うし、自信を持つことが苦手です。

でも、本来は自分ができる最高の自分を発揮することしかできません。

誰かと比べてすごい人になることがすばらしいわけではないはずなんです。

ですから、私はいつも「良習慣の積み重ねで、自分がなり得る最高の自分になる」ことを目指しましょうとお伝えしています。

毎日、自分にも言い聞かせています。

そのためには、自分にとっての良習慣を発見することが重要。

その良習慣の行動によって、自分のベストパフォーマンスを出すことを目指すのです。

もし、ベストの自分が難しくても、良習慣で「普段どおりの自分」のパフォーマンスを出しましょう。

もちろん、私には毎日ベストを出すことは難しく、「普段どおりの自分」のパフォーマンスに落ち着いてしまいます。。。

でも、逆にいえば、良習慣で「普段どおりの自分」の基準を高めておけば、「普段どおりの自分」でもいいパフォーマンスを発揮できるようになるとも考えているんですね。

たとえば、朝の習慣です。

運動や学びなど、一連の朝の良習慣が達成できたときには、心からの充実感を味わえます。

そこには、ただ一連の良習慣に取り組むという行動があるわけではなく、

「今日の自分と主体的に向き合う」

という感覚があります。

めい想に集中できないときがあれば、睡眠が足りていないのかもしれないと思います。

内省の時間をとっていても、あせりを感じているときはいい気づきは起きず「ただやっている」感じになることもあります。

そんなときは、自分の部妙な不調を感じるんですね。

ですから、絶好調の自分とは異なる形で対処しようと準備します。

一方で、自分で決めた朝の一連の習慣に集中できた日は朝から達成感を味わえます。

その日は、1日の生産性も高いんですよね。

一連の良習慣の流れを決めておくは、自分のメンタルや体調のバロメーターにもなるわけです。

そうして、できるだけ「普段どおりの自分」の力を発揮するようにすること。

自分で決めた良習慣を継続できることは、そのような安心をつくることにも役立ちます。

その安心感や自信を少しずつ感じ取れる自分をつくる。

そうなると、「本当にこの地道なことを続けていて大丈夫なんでしょうか・・・?」という質問に、自分で「大丈夫」と言えるようになるはずです。

そんな自分をつくりあげるトレーニングを日々やっていきましょう。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール


 

■スポンサーリンク




 

■編集後記

昨日は、朝6時45分から「良習慣塾」メンバーと1週間のふり返りとプランニング。

スタートだけ揃えたあと、もくもくと個人ワークという地道な良習慣(笑)。

そのあとコーチングセッションを2件でした。

どちらのセッションもいい時間でとても濃い時間になりました。(^^)


 


 

【メルマガを発行しています】

テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

あなたがひとりで複数のビジネスをおこない、ご自身の人生を充実させていくノウハウにご興味があれば、ぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く習慣」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!



「複業で自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

 


 

■スポンサーリンク

-良習慣の習慣

執筆者:

関連記事

普遍的なテーマを改変し続けよう。コンテンツを過去・現在・未来から深掘りし続ける面白さ。

明日開催の「平成進化論」道場生コミュニティー向けの勉強会開催に向けて、準備を進めています。 今回、発表するコンテンツを改変することが、自分の考えを深め、整理することにとても有効だということを再確認して …

人生に変化と成長をもたらす「第2領域」の時間をつくるための3つの習慣。

人生を豊かにするための「第2領域」の時間。 「第2領域」を確保の方法と明らかにするやり方を記事にしました。   スポンサーリンク   目次1 やはり重要な時間管理のマトリックスの概 …

no image

「余命3ヶ月」と言われたら!?

———————————————————— 本ブログは、「良習慣」によって「人生の変革」にチャレンジする僕の軌跡をつづった奮闘記です。 僕の成功体験や失敗談(笑)、あるいは「良習慣」の提案によって、読ん …

だらだら過ごす休日とはおさらば!休日を上手に過ごすための3つのアプローチ

  こんにちは、伊藤です。 フリーペーパー「R25」特集「7つの悪習慣」への対策シリーズ。 本日は最後の7つ目、 ▼(7)無計画 = 満足度減「休日のリアル」 への対策を考えてみます。 &n …

継続するためには「できるか、できないか?」よりも、「しつこさ」が大事。

習慣化するためには、続けるための原則を学ぶことや行動を工夫することにあります。 それらに加えて、継続のために「しつこさ」が大事なのだと思うのです。   スポンサーリンク   目次1 …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。