【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

書く習慣

1日15分でストレスを軽減する方法。重要タスクと目標を紙に書き出す

投稿日:2020/02/20

Pocket

1日に15分、時間をとって自分の重要タスクや目標をノートに書き出しましょう。

その習慣があなたのストレスを軽減し、年収アップにもつながる可能性があります。




 

1日15分でストレスを軽減する方法

毎日のストレスを軽減する習慣を発見しました。

それは、

・毎日15分間の時間をとって、頭の中にあるものを書き出すこと

です。

これは単なるタスクリストやTo Doリストではありません。

重要なタスクや重要な目標を書き出すことなんです。

おすすめは手書き。

パソコンで打つのではなく、ペンを持って紙に書き出しましょう。

なぜか。

頭の中だけで考えているよりも、紙に書き出したほうがクリアになるからです。

経験している方ならわかると思います。

15分が難しかったら、ほんの5分だけ取り組むだけでも「見える化」できるもの。

本当に一目瞭然なんです。

イメージとしては、ちょうど頭の中にあるタスクを紙にダウンロードしているような感覚ですね。

頭の中でモヤモヤしていることを毎日毎日ダウンロードする。

そうすることで、少しずつ頭の中が軽くなっていくような感じなんです。

まさにパソコンのハードディスクからいらないファイルやゴミを捨てていくような感覚でもあります。

ですから、頭の中がどんどん軽くなっていくんですね。

では、どんなことを書き出せばいいのでしょうか。

おすすめは、

【1】いま取り組むべき「重要なタスク」

【2】いま取り組むべき「重要な目標」

の2つです。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール





【1】いま取り組むべき「重要なタスク」を書き出す

ひとつめは、

【1】いま取り組むべき「重要なタスク」

です。

具体的には、

・いますぐ取り組むべき重要なタスク

・今日中に取り組むべき重要なタスク

あたりがいいですね。

余裕があれば、

・今週中に取り組むべき重要なタスク

・今月中に取り組むべき重要なタスク

くらいまでいけると理想的ですね。

また、そのほかにも次のような8つの分野でのタスクを書き出してみるといいでしょう。

(1)健康(美)

(2)学び(知識・スキル・教養)

(3)遊び(趣味・プライベート・余暇)

(4)環境

(5)仕事(キャリア)

(6)人間関係(家族・友人)

(7)経済(お金)

(8)感情(価値観・精神的充実)

このように人生の重要分野での重要事項を書き出す。

これだけでストレスが大きく減るメリットがあるんですね。

私たちの脳は、3つ以上のことを記憶しづらくなっています。

特に明確でないものを覚えておくのが苦手なんです。

数でいうと「4つ以上のこと」は認識しづらくなるという研究結果が出ているそうです。

つまり、「ひとつ、2つ、3つ・・・いっぱい」という感じになってしまうんです(笑)。

ですから、紙に書き出すことで4つ以上のことを認識しておく。

すると、無用なストレスを抱えなくてよくなるわけです。

 


■スポンサーリンク




【2】いま取り組むべき「重要な目標」を書き出す

2つ目は、

【2】いま取り組むべき「重要な目標」

です。

「目標を紙に書き出す」とは、古典のビジネス自己啓発書に書かれていますよね。

そしてもちろん、現代のビジネス書にも書かれています。

ということは、やはり効果があるから残っている手法だということでしょう。

 

「紙に書き出す効果」についてのハーバード大学の研究

その手法を研究した事例があります。

1979年にハーバード大学の教授が、学生たちに「目標を持っているかどうか」を質問していきました。

結果は、

(1)目標を持っていない:84%

(2)目標を持っていたけれど、紙には書いていない:13%

(3)目標を持って、それを紙に書いている:3%

という3つのパターンにわかれました。

それから10年後。

教授は、学生たちに追加で調査をおこないました。

そこで、じつに興味深いことがわかりました。

 

目標を持っている人と持っていない人の年収の差

それは、

(2)目標を持っていたけれど、紙には書いていない:13%

の人たちの平均年収が、

(1)目標を持っていない:84%

の人たちのおよそ2倍も高かったんですね。

目標を持っているだけで、目標を持たない人たちよりも年収が2倍になる。

これは、大きな違いですよね。

実は、さらに興味深いことがあります。

それは、

(3)目標を持って、それを紙に書いている:3%

の人たちの平均年収です。

なんと、残り97%の人たちの

・およそ10倍

だったんですね。

「目標を紙に書き出す」というシンプルな習慣。

それが、ほかの人の10倍の年収を得る可能性が高まるということなんですね。

これは、やらない手はないと思いませんか。

 

目標を書き出す3つの効果

紙に書き出す効果は、様々なものがあります。

その中でも3つあげるとすれば、

(1)目標を忘れない効果

(2)目標が明確になる効果

(3)目標に必要な情報が集まってくる効果

ということでしょう。

どれも目標達成には重要な要素ですよね。

 

まとめ

私たち人間は、忘れやすい生き物です。

あいまいなことは覚えられませんし、行動できません。

だからこそ、書くことをおすすめしたいんですね。

それによってストレスを軽減できます。

そうしたら目標を思い出し、書き続けることで明確にし続けていきましょう。

目標達成のスピードや目標を達成する確率が、確実に高まっていくはずです。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール


 

■スポンサーリンク




 

■編集後記

昨日は、個人プロジェクトの仕込みなど。

話は変わりますが、今日たまたま目にした記事に妙に納得してしまいました。

タイトルが気になった方は、目を通していただくといいかもしれません。(^^)

(ここから)
――――――――――――――――

「妻が私の課題に土足で踏み込んできてつらいです……。」

■タイトル:夫の課題に土足で踏み込む妻に、アドラー心理学はいかに対応するか?

【質問】
『嫌われる勇気』に出てくる「課題の分離」について教えて下さい。

「これは妻の課題だから」と私が踏み込まないようにしても、妻は私の課題に踏み込んでくるのです。

向こうは私の課題や行動にどんどん口を挟み、こちらはそれをしないため、何やら妻の言いなりのような状態で心が疲れてしまいます。

どう対処すればよいでしょうか。

(40代、男性、会社員)

――――――――――――――――
(ここまで)

この質問に『嫌われる勇気』著者の岸見一郎氏と古賀史健氏が回答しています。

回答を読みたい方は下記よりどうぞ。
https://diamond.jp/articles/-/229122?page=2

私は該当していないことを願っています(笑)。


 


 

【メルマガを発行しています】

テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

あなたがひとりで複数のビジネスをおこない、ご自身の人生を充実させていくノウハウにご興味があれば、ぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く習慣」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!



「複業で自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

 


 

■スポンサーリンク

-書く習慣

執筆者:

関連記事

アイデアノートを書く習慣を「続ける」方法

自分のアイデアをストックしておくノートをつくりたいと思いながら、なかなかできていませんでした。 それが、ここ3ヶ月は継続できています。 成功している理由を記事にしてみました。   目次1 ア …

目標設定に欠かせない。表現表現の3つのポイントと2つの習慣。

新年度に入って、目標をたてている方もいらっしゃると思います。 そこで、私が考える「目標設定の文章はどのように書けば良いのか?」と、目標設定後の大事な習慣について記事にしました。   スポンサ …

連休あけのテレワークで生活リズムを取り戻すためには?

朝時間と夜時間、スマホに支配されてしまっていませんか? 朝と夜の15分の使い方を工夫するだけで、スマホからの依存を脱出しましょう。   目次1 連休あけに生活リズムをとり戻すためには?2 ス …

「本当の自分」を知るためのアプローチ。感情日記は自己分析・自己対話の材料におすすめ。

感情日記をつける習慣。 ・・・実は最初は少々懐疑的にスタートしていました。 日記というのは行動を記録したり、事実を起点に内省をするイメージだったからです。 しかし、今のところ途切れずに続けられています …

頭の中のモヤモヤをすっきりさせる「思考の棚卸し」の習慣を手に入れよう

日々、ノートに手書きで文字を書いています。 この習慣を手に入れると頭の中のモヤモヤがクリアになったり、思考が整理されてストレスが軽減できるようになります。   目次1 棚卸しは思考の整理に似 …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。