【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

早起きの習慣

「早起きがしたくて仕方ない!」は自分でつくる。3つの起きる工夫とは?

投稿日:2016/10/02

Pocket

早起きするためには、起きる楽しみがあると良いですよね。

早起きする楽しみをつくる工夫を記事にしました。

b216bd275f414d1f1845b2bfac9f3326_s

 

スポンサーリンク

 

人は起きる楽しみがあれば早起きできる

私は、早起きがまったくできない時期が、ずいぶんと長い間ありました。

当時はよく二度寝や寝坊を繰り返しており、自己嫌悪の日々だったのですね。(^_^;)

しかし、普段の日は寝坊していた私でも、旅行や遊びに行く用事があれば、早起きをしていました。

まるで別人のように・・・(笑)。

平日は会社に間に合うぎりぎりの時間まで寝ていて、会社に着くのは始業時間の直前。

余裕がなくて自宅から駅まで小走りしたり、駅のエスカレーターで人の肩にぶつかりながら「われ先に!」という感じでした(書いていて気づきましたが、これは今の私が苦手なタイプの人のことですね・・・)。

それなのに、旅行や遊びになると眠い目をこすりながらも、ちゃんと早起きができる。

「それができるんなら、早朝出社でもすれば良いのに」と、今では思います。

でも、とにかく早起きできなかったので、それは難しかったのです。

 

早起きするための目的は自分でつくる

思い返してみると、 学生時代の遠足や修学旅行などでは、みんな早起きしていたはずですよね。

そのように考えると、早起きができない人というのはいないのではないでしょうか。

では、特別な用事があるとき、なぜ人は早起きできるのでしょうか?

その理由としては大きく2つあって、「強制力」と「楽しみ」でしょう。

とくに大きいのは「楽しみ」の部分です。

「早起きしたら、とても楽しいことが待っている!」というふうになったら起きられます。

あなたの大好きな芸能人が、朝5時に電話をくれたら飛び起きるはずです(笑)。

要は、「起きるための目的が存在している」ので、起きられるのですね。

逆に考えると、起きる目的や楽しみがないから、早起きができないわけです。

旅行やイベントは楽しいことがわかっているので早起きできるけれど、平日の仕事は、、、とても楽しいものとはいえないので早起きができないのです。(^_^;)

こう考えると、起きられない理由というのは実にシンプルですね。

 

起きる楽しみをつくる3つの方法

それを前提とすると、解決策は「毎日起きた瞬間に楽しみが待っている」という状態をつくりだすことです。

毎日好きなことしかしない人生。

たとえば毎日、世界の行きたい国々に旅行する。

そうすれば、寝ているのがもったいないくらいに早起きします。

まあ、それができれば苦労しません・・・よね(笑)。

普通の人にはなかなか難しいことでしょう。

ではどうするかといえば、自分で楽しみをつくる工夫を考えることです。

私がやってみて効果があった施策を3つご紹介いたします。

 

1 自分の好きなジャンルのニュース記事を読む

朝起きたら、自分が興味のある分野のニュース記事を読みます。

自分が好きなジャンルであれば、興味がわくでしょう。

起きるモチベーションになります。

このときは、スマホやネットサーフィンもOKです。

 

2 SNSやブログを楽しむ

Facebook、TwitterやInstagramなど、フォローしている人たちが更新していたSNSを読むことも楽しみでしょう。

私の場合は友人たちが書いているブログです。

毎日更新している友人たちが多いので、朝時間に目覚ましがわりに読むことを楽しみにしています。

 

3 マンガやエンタメ小説を読む

最近、私が試しているのがマンガを読むことです。

きっかけは息子のために買っていた横山光輝さんの三国志です。

中学生のときに初めて読んで以来、何度か読み返しつつ、息子のために書い直したました。

これは、いま読んだほうがおもしろいです。

続きが気になるので、起きてしまいます(笑)。

そう考えると、シリーズもののエンタメ小説などでも良さそうですね。

 

以上が3つのアプローチでした。

ここでのポイントは「日中に我慢していることを朝1番に持ってくる」ということです。

夜寝る前にだらだらとスマホやネットサーフィンをするくらいなら、早起きしてやったほうが良いです。

なぜなら、夜は制限時間がないことに対して、朝は出発時間があるからです。

夜だと「ついつい1時間、2時間、、、」というところを、朝なら「サッと30分」という感じで短縮できます。

夜と朝では、チェックする意識も変わるので、効率的かつ効果的な情報収集になるでしょう。

日中に、電車の中でニュース記事をだらだらと読むのであれば、思いきってやめる。

そうして、翌日の朝の楽しみ、つまり、起きるモチベーションに変えてみましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

土曜日は、早朝に継続クライアントさんとのセッション。

そのあと、娘を予防注射につれていき、お昼を食べつつ家族会議。

夜は妻の実家にいって、大満足の1日でした。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-早起きの習慣

執筆者:

関連記事

夜ふかしをやめる対処法(テレビ・スマホ・アルコール)

つい夜ふかししてしまうことに課題を感じている人が多いです。 夜ふかししないための対策を記事にしてみました。   目次1 夜ふかししてしまう3つの理由2 目標達成率は、誘惑物との接触回数に反比 …

定期的に、欠かさず、少しづつ進める。朝の時間帯は自己投資に最適。

スピードハック研究会のサイトに、 “「定期的に、欠かさず、少しづつ進める」以上に効率の良い方法はない” とありました。 これは良い教えですね。 朝の時間帯は、まさに「定期的に、欠かさず、少しづつ進める …

早起き習慣化には何時間睡眠がベストなのか?学説に頼りすぎず、自分の身体の声を聴いてみよう。

早起きセミナーでよくある質問の1つに、「やはり8時間睡眠や7時間睡眠がベストなのでしょうか?」というものがあります。 しかし、そのような定説に流されるのではなく、適切な睡眠時間は自分で調べることをおす …

早起きしたいのに夜ふかししてしまう人に。自分が楽しむ時間を朝にシフトチェンジしてみませんか?

あなたは、朝に「楽しむ時間」を設定していますか? 子どもが遠足のときは早起きするように、そして大人がマラソン大会やゴルフのときは寝坊しないように、朝に楽しみがあると早起きできますよね。   …

早起き習慣化に重要な「学びと実践」のサイクル

ものごとを習得するためにはインプットだけでもだめですし、アウトプットだけでもいけません。 「学びと実践」のサイクルをまわしていくようにしましょう。   目次1 「早起き習慣化セミナー」32回 …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。