【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

コミュニケーションの習慣

その買い物は本当に必要か。「希少価値の法則」に躍らされていたら要注意です。

投稿日:

Pocket

お正月に見ていたニュース番組で、福袋やバーゲンセールに駆けこむ人たちを見ました。

あの光景を見るたびに思い出す法則があります。

 

スポンサーリンク

 

「なくなってしまっても大丈夫ですか?」という質問に不安

10年前くらい、何を勘違いしたのか(笑)、住宅購入を検討したことがあります。
(あの不勉強さで、いきおいで購入していたら、今ごろたいへんだったろうな・・・)

その頃、売り出し中の分譲マンションを家族で内覧に行った際の話です。

その時に見た物件は、なかなか良いものでした。

ただ、「これだ!」という決め手に少し欠けていたのも確かだったし、そのマンションを見学したあとに別候補のマンションを見る予定がありました。

ただ、条件としては目の前にある物件のほうが良さそうな感じはあったのです。

そのため、また別の日に見学に来る可能性を不動産会社の方に伝えました。

 

「希少価値の法則」とはどのような法則か

すると、不動産会社の方に「承知いたしました。ただ、お客さまがご覧になったお部屋はたいへん人気がございます。ほかの方が購入希望の場合は、そちらの方を優先させていただくことになってしまいますがよろしいでしょうか?」と言われたのです。

その瞬間、私は急に不安になりました。

「もし、別のマンションを見にいっている間に、ほかの人に契約されてしまったら、もうこのマンションに住むことはできないのか・・・」

思わずその場で仮申込の手続きをしようかと考えました。

その後、妻と話して気持を取戻し、やはり後日に再訪する可能性を伝えました。

いま考えても、もし私が1人だったら、仮申込くらいは確実にやっていたのではないかと思います。(^_^;)

私の例のように「もしなくなったり、減ったりしたら後悔してしまうかもしれない」という思いから、判断をあやまってしまうことは多いものです。

このような心理状態は、「希少価値の法則」といわれます。

「希少価値の法則」の影響で、私は購入者という立場から、とたんに「買わせてもらわないと困る!」という弱い立場になってしまいました。

不動産会社の方に「なくなってしまっても大丈夫ですか?」と言われただけなのに、です。

 

冷静な判断を鈍らせる「希少価値の法則」に注意

不動産会社の方が、本当のことを言っていたのか、セールストークだったのかは、もうわかりません。

ただ、心理学を学んでいる今の私であれば、「ちょっと待てよ、、、」と立ちどまって考えることはできると思います。

本当のことであれば、もちろん良い情報であるわけですが、冷静な判断を鈍らせてしまう情報提供であれば、そこは差しひいて考えなければなりませんよね。

これは、お正月の福袋やバーゲンセールに並んでいた人たちをテレビで見た際に感じた違和感にも通じます。

あの現象は、「数量限定」とか、「お正月だけの期間限定」といった売られかたをしているわけですね。

道を歩いていても、

・定価の半額!
・本日限り!
・閉店セールの最終日!

など、いたるところにこの法則が使われています。

「いま自分が持っているお得な立場がなくなってしまうかもしれない」と考えると、「買っておかないと損をするんじゃないか?」という考えが浮かんできます。

人は後悔することを嫌う生き物ですから、ビジネスの世界でもよく使われているのですね。

本当に欲しいものであれば問題ありません。

でも、もしそれほど必要でないものなのに冷静な判断ができないときは、「希少価値の法則」にまどわされていないか、チェックしてみましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日も、4時台に早起き成功。

新年早々は好調です。(^_^)

習慣化の学校の事前セッションも3名の方と。

なんだか新しい人との出会いって、ワクワクしてしまうのですよね。

ふと、「新しい世界を知る」という自分欲求がふれていることに気づきました。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-コミュニケーションの習慣

執筆者:

関連記事

体験に投資する重要性。ICF(国際コーチ連盟)資格取得のワークショップ受講から得た気づき。

1月31日と2月13日に、ICF(国際コーチ連盟)の資格取得へのワークショップを受講しました。 2日間かけて、丸20時間。 朝9時30分から、夜8時30分まで、コーチングの教科書ともいうべき「コア・コ …

コーチングセッションで生まれるワクワク感。クライアントさんのコンテンツで社会にインパクトを与えたい。

早起き習慣化を成功させたクライアントさんとの継続セッションの中でワクワクする出来事があったので記事にいたします。   スポンサーリンク   目次1 14日間連続で5時台に起きれるよ …

「一本の映画を撮るように、人生をプロデュースしなさい」という名言をコーチングに活かす。

私が好きな言葉に、 “一本の映画を撮るように、人生をプロデュースしなさい” という名言があります。 これは、ミス・ユニバース・ジャパンのナショナル・ディレクターだったイネス・リグロンさんの言葉です。 …

あなたは「クリエイティブ・リスニング」ができていますか?会話やコミュニケーションの質を高める10のチェックポイント

あなたは、「良い聞き手」、つまり「クリエイティブ・リスニング」ができていますか? 記事の中の10のポイントをチェックしてみましょう。     目次1 「聴く」を能動的に行えばクリエ …

「大きな目標=結果の目標」を達成するために、「小さな目標=過程の目標」を重視する。

どんな大きな目標も、小さな目標の積み重ねです。 それだけに、小さな目標である「過程の目標」を大事にしたいものです。   スポンサーリンク   目次1 「小さな目標=過程の目標」の重 …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。