【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

コミュニケーションの習慣 気づきの習慣

会話、インタビュー、コーチングセッション、JAZZ。面白くなるために必要な要素は共通しているはず。

投稿日:2015/01/30

Pocket

 

こんにちは、伊藤です。

引き続き阿川佐和子さんの「聞く力」から考えたことを書きますね。

 

jazz-499879_640

 

インタビューは生もの

阿川佐和子さんは、

「インタビューは生もの」

と書かれていました。

これは、コーチとしてセッションを行っているぼくには、本当にうなずける言葉です。

もちろん、コーチングだけでなくコンサルタンティング等の現場にいらっしゃる方は同意いただけるのではないでしょうか。

 

ギチギチよりもゆるくいく

コーチとしてクライアントさんとセッションしていて考えるのは、

「予定調和のセッションは盛り上がらない」

ということです。

ルーキーコーチであれば、セッションの型を守るのはある程度は仕方のないことです。

(むしろ、ルーキーのときこそ、基礎としての「型にはまる」のは大切だと考えています。)

でも、注意したいのは、あまりにも段取りが決まりきったセッションをしてしまうと、セッションの「ライブ感」が失われるのではないかということです。

セッションでは、必ずセッションテーマを設定します。

それはクライアントさんが解決したいことや目標に向かって行動していくための指針となるものです。

指針がなければゴールができませんから、ゴールは必ず設定する必要があります。

でも、ゴールが決まったら、ある程度のゆるさや余白が必要ではないかと考えているのです。

ギチギチのプロセスの中でセッションを進めたら、コーチもクライアントさんも苦しくなってくるからです。

 

即興性こそ面白さを生む

阿川さんがインタビューされるときは、3つくらいの質問の柱を考えていくだけで、あとは対談の流れによって聞くことを変えていくそうです。

「あれ?」と思うことを聞いたり、何か引っかかるものがあれば、その部分を広げていく。

質問の在庫がないので、話している人に集中されるのでしょう。

阿川さんが駆け出しの頃は、20個くらいの質問を考えていき、形式的に順番に聞いていたそうです。

もちろん、インタビューとしては成り立つのですが、インタビューとしての「深み」が出なかったそうです。

結果、記事にも「熱っぽさ」が出ません。

これは、仕事で形式的なルーティンをこなしているだけでは、卓越した成果が出ないことと同じですよね。

クライアントさん本人も分かっていなかった「気づき」や「発見」。

そして、コーチ自身もクライアントさんがどのような質問が「当たり」になるかは分かりません。

それは、まるでJAZZでの即興のアドリブ(インプロビゼーション)のようなものなのです。

そのような意味で、有効なアイディアや意外なひらめきこそ「ライブ感」の中にあるはず。

阿川さんの

「インタビューは生もの」

というフレーズを目にして、そのようなことを考えたのです。

 

自らがなり得る最高の自分になる!

チャレンジできる贅沢を満喫しましょう!

 

【今日の気づき】
会話、インタビュー、コーチングセッション、JAZZ。

すべては即興性の中に面白さがあるのではないか。

 

お問い合わせ・ご感想・激励(笑)は下記まで!( ↓ )

お問い合わせ

 

【良習慣】の力! 〜習慣道への挑戦!〜 登録・解除
選択して下さい 登録 解除
メールアドレス
お名前
メモ






 

銀座コーチングスクール GCS認定コーチ

【無料メールセミナーのお知らせ】
==================================================
一週間で、あなたもコーチの仲間入り!
全6回の無料メールセミナーを配信中!
http://www.ginza-coach.com/coaching/m_seminar.html
==================================================

 


-コミュニケーションの習慣, 気づきの習慣

執筆者:

関連記事

常に前進するだけでは柔軟性が生まれない!一歩引き返す勇気も立派な戦略!

目次1 電車が1時間遅延2 外部環境に感情を乱されない3 外部要因の変化に頼るのは思考停止4 戻る勇気を持つ 電車が1時間遅延 今朝、沿線の電車に遅れが出ていました。 人身事故でおよそ1時間ほど動かな …

「心地よい強制力」で楽しく成長し続けられる。コーチとクライアントでつくりあげるモチベーション。

1人ではなかなかできないことってありますよね。 そのようなとき、やはり味方やサポーターを見つけて、2人でやってみることは有効です。   スポンサーリンク   目次1 自立型クライア …

あなたは成長している?子ども時代の原風景をあらためて見て感じたこと。

「自分に自信がなくて困っています・・・。」 セミナーや面談でお会いすると、そのように言われる方があります。 とても共感します。 私自身、自分なりに努力し続けていることでも「実力はまだまだだなあ。。。」 …

先人の行動に引き上げていただくイメージを持つ

■道場生が新しい道を選び、海外へ   先日、鮒谷周史さんの人気メルマガ「平成進化論」3日間セミナー道場生の壮行会に参加しました。 今回、道場生の中からお2人が海外(インドとミャンマー)に転勤 …

あなたが目指している「憧れ」は大丈夫?自分を知らずに間違った「憧れ」を追い求めるのはつらい。

・ポジティブに考えなければならない ・成果が出ていなければ、だらけてはいけない ・常に成長していかなければならない ・即断即決しなければならない ・行動力を高めなければいけない あなたも、このようなこ …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。