【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

コミュニケーションの習慣

コーチングでは「目指すゴールがないクライアント」とのセッションは難しい?

投稿日:2016/04/16

Pocket

以前、友人である一流のヘッドハンターから、「転職希望者の中でも、『自分の目指す姿』を持っていない方のご支援はなかなかむずかしい部分がある」という話を聞きました。

これは、コーチングのクライアントさんと、大きな共通点のある話です。

「ゴールを持っていないクライアントさんにどう対処するべきか?」

私の考えと対応法を記事にしました。

board-895399_640

 

スポンサーリンク

 

目標を持っていないクライアントさんはコーチングでの支援は困難?

冒頭のような話をすると、「ゴールを持っていないクライアントさんの場合は、コーチングができないの?」と思われう方もあるかもしれません。

もしも、本当に「目標とか、めざしているゴールはありません」という人があれば、正直言って、コーチングは困難です。

残念ながら、コーチングというスキルは万能ではありません。

コーチングは対象者を選びます。

なぜでしょうか?

 

クライアントご自身でさえ、自分のゴールが見えていない状況もある

マラソンにたとえるとわかりやすいと思いますが、コーチングとはクラアインとのゴール達成をご支援するものです。

それなのにゴールがないということは、「ゴールがないのに、どこを目指すのか?」ということになってしまうのです。

それは、クライアントさんが

・どこに向かえば良いのか?

・どんな行動をとれば理想に近づくのか?

・何を達成できたら嬉しいのか?

ということがわかっていないということです。

コーチは、「答えは、クライアントの中にある」というマインドでセッションを行います。

ですから、クライアントが欲しいもの・目指す場所ががわからなければ、コーチもご支援のしようがないのです。

実際、「あなたが人生で本当に得たいものは何ですか?」という質問をしても、即座に答えられる人は驚くほど少ないものです。

どれだけ、

「人間として成長をしたい。より良く変化したい。」

と言っている人でも、

「しかし、、、何をゴールにすれば良いのかわからない。。。」

と、悩まれている人が多いのです。

一方で、これまでに100人近くのクライアントさんとセッションをともにしてきましたが、「テーマがなくてコーチングができません。」ということはありませんでした。

テーマ設定に時間がかかることはありましたが、「コーチング」という言葉に反応できるくらいに意識レベルの高い方であれば、必ずしも何らかの目標を持っています。

ただ、気づくための方法をご存じなかったり、考えるための時間が確保できていない、というケースが多いのですね。

 

理想と現実にギャップを持っていない人はいない

現在の私は、

・私のコーチンングのクライアントさん
・習慣化専門学校の生徒さん
・「習慣化の智慧」のご参加者のみなさん
・私が主催している「早起き部」のメンバー

など、毎日50人くらいの方々の習慣化のプロセスをサポートしています。

それだけの数の方々の習慣化に携わるコーチというのは、おそらく日本有数ではないかと考えています。

それだけ多くの方とおつき合いしていると、「目標なんて特にありません。日々と適当に楽しく過ごせれば良いです。」と言う人にお会いしたこともあります。

私は、「目標や目指すゴールがないのなら、コーチングやセミナーを受ける意味はないのでは・・・。」と考えてしまいます。

しかし、よくよく話を聞いてみると、やはり、「その場にくるだけの理由」を持っています。

人は誰だって多少の不満や不安を抱えているものです。
(表からみると、非常に成功している人でも、それはゼロではないようです。)

ですから、理想と現実のギャップがある。

だからこそ、私は、「何もない」という方であっても、オリエンテーションの際に、「相手は、何かしら未来への希望や期待を持っている」というスタンスでお話を伺います。

そうすると、「本人も気づいていなかった目的」や、「目指したい方向性」が見つかる場合があります。

また、私は傾聴のプロなので、「あなたには、こういった可能性があるかもしれませんよ。その方向性を目指してみるのはいかがでしょうか?」というフィードバックをお伝えすることもできます。

そのような提案がきっかけになり、コーチングが動き出すこともあるのですね。

ただ、プロコーチとして正直なことを言えば、、、単発セッションには限界があります。(^_^;)

しかし、課題解決のためにプロコーチに話してみることが、解決の一助になる可能性はありますし、傾聴のプロに自分の課題を話すことは、人生の中で大きな価値があるでしょう。

単発セッションは、以下のフォームより受つけています。(^_^)
(有料になってしまいましたが、まだまだ格安です。)

【募集中】100人コーチングのご案内 | 【良習慣の力!】ブログ

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

息子の塾が3教科から5教科に増えたこともあり、時間管理に手こずっていました。

昨日、じっくり話を聞いて、理想のスケジュールをヒアリング。

作成後、息子が「やることが明確になった」という感じが伝わってきました。

高校受験を控えた今年度、まだ「バージョン1」の作成ではありますので、PDCAをまわしていこうと思います。(^_^)

【お知らせ】
2016年5月11日 朝2時間の自由時間を生み出す! 早起き習慣化セミナー

良習慣によって自らがなり得る最高の自分になる!
チャレンジできる贅沢を満喫しましょう!

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-コミュニケーションの習慣

執筆者:

関連記事

前進するために。自分がやりたいことを語っているか?さらにほかの人に助けを求めているか?

コーチングをしていて思うのは、行動できる人に2つあると感じています。 その1つは、「自分がやりたいことを口に出している」ということ。 もう1つは、「助けを借りることができる」ということです。 &nbs …

「大きな目標=結果の目標」を達成するために、「小さな目標=過程の目標」を重視する。

どんな大きな目標も、小さな目標の積み重ねです。 それだけに、小さな目標である「過程の目標」を大事にしたいものです。   スポンサーリンク   目次1 「小さな目標=過程の目標」の重 …

あなたの意識が向いている方向はどこですか?「ない」ととらえるか「ある」ととらえるか。

同じ事実があっても、ある人にとっての現実と、別の人にとっての現実は異なるものです。 その差は、意識をどこに向けているのかによって変わるものだと考えています。   スポンサーリンク &nbsp …

イエスセットで良好なコミュニケーションをつくり出す方法

初対面のときなどで相手が緊張していると、こちらが話していることが十分に伝わりません。 そのようなときに活用できる心理的なテクニックをご紹介します。   目次1 相手の緊張をやわらげる方法とは …

「この話題、切り出しづらい・・・」と思ったら、「枕詞のフレーズ」を使ってみよう。

いきなり本題に入ることが良しとされるケースはあります。 しかし、相手にマイナスなことやネガティブなことは、正面切ってはっきり伝えることがためらわれるケースもありますよね。 そのような状況では、「枕詞の …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。