【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

名言の習慣

カール・ヒルティの名言に学ぶ。早起き習慣化後の目的を「偉大な思想」に昇華させてみよう。

投稿日:2016/04/15

Pocket

絶えず偉大な思想に生き、
ささいなことを顧みない。
これが、人生の苦渋と心配事を
たやすく乗り越える道である。
(スイスの法学者、哲学者、政治家 カール・ヒルティ)

自分の人生をかけてでも得たい大きな目標があれば、ささいなことは気にならなくなります。

早起きにも通じる考え方だと思っています。

watzmann-southern-tip-863769_640

 

スポンサーリンク

 

誰もがおちいりがちな早起きの近視眼的なアプローチ

「早起きを習慣化したい。」

「早起きして、良いリズムで1日を過ごしたい。」

これは多くの人が願っていることではないでしょうか。

早起きセミナーや早起きコーチングを行うようになって、その潜在的なニーズを感じています。

しかし、同じくらい多くの方が挫折してしまうのも事実。

失敗する大きな理由の1つに、「早起きへの近視眼的なアプローチ」があると考えています。

 

早起きが習慣化できたら、何をやりたいのか?

早起きする大きな目的は何でしょうか?

意識していただきたいのは、「早起きを達成したあとに得たいものは何なのか?」ということです。

つまり、「なぜ、あなたは早起きしたいのか?」という理由を考えることです。

「なぜ」を繰り返すことによって、ゴールへのレイヤーが深まっていきます。

その問いを繰り返していくと、「あなたが人生で本当に得たいものは何?」という核心に迫ることにつながります。

残念ながら、単純な質問をただ繰り返すだけでは、「本当の欲求」になかなかたどりつかず、限界があります。

2時間セミナーの中の1ワークという枠では、とても収まりません。

私自身、その限界をわかっていながら、しかし、「少しでも本質への道をつくることで、参加者の方に気づきが起これば嬉しい」という想いを込めてワークをおこなっていただいています。

一方で、すでにミッションやビジョンを持っている方なら問題ありません。

この質問を繰り返すことによって、早起きとミッション&ビジョンがつながる。

そうすれば、無理な努力をせずとも、自然と早起きができるようになってくるからです。

 

遠くを見ることによって、目の前の早起きのつらさに打ち勝とう

そのワークをおこなう意味は、この「遠くを見る」というポイントにあります。

早起きだけに焦点をあててしまうと、近視眼的なとらえ方しかできません。

「早起きのために、早起きする」という思考におちいってしまうのです。

そうなってしまうと、残念ながら、「気力、体力、根性に頼る早起き」になります。

待っているのは、「短期的な成功、長期的な挫折」です。。。

そうではなく、早起きを習慣化したあとに得られる大きなメリットを、たえず意識・確認していただきたいのです。

たとえて言うならば、5キロ走るのがやっとだった人が、フルマラソンのゴールを目指してトレーニングをしていたら、ハーフマラソンが楽に走れるようになる、という感覚です。

別の例でいえば、テストで50点だった子が、100点を目指して勉強しているうちに、80点という合格点をクリアできるようになる。

それと同じイメージで、「人生で得たいものを得るためには、早起きが必要。そのために早起きをする。」という順番になることか必要なのです。

そのために、私の早起きセミナーでは、できる限り大きな目標を考えていただく、という意図をもって設計しています。

セミナーの最後には、「早起きの『つらい』を、『 早起きしたい!』 に変える」という私のミッションが伝わっているように。

「ここまで考えれば早起きはかんたん!早起きは自分のありたい姿を実現するための、あくまでも手段なんだ!」という気づきを得て頂けたら、最高だと思っています。

ただ、今回のご参加者の方にいらっしゃったのですが、「理想の1日のスケジュールを考えようと思っていだけれど、手をつけていませんでした。本日のセミナーで実行できて良かったです!」という感想をいただきました。

確かに、私も共感します。

「やろうやろうと思っていて、できないこと」は多いものです。

早起きに関する考えごとなら、早起きセミナーに参加して、強制的に時間を確保してしまうのがおすすめです。
(私自身、そのような強制的に考える時間を天引きするためにセミナーを受講することがあります。)

「起床」という行為は、一生ついてまわるものです。

つまり、早起きのノウハウを知れば、一生もののスキルを身につけたことと同じになるのです。

もしかすると、早起きのスキルを手に入れることは、ちょっとした資格を取ることよりも、ずっと有益かもしれませんね。

ご興味があれば、ぜひ、一緒に考えてみませんか?

5月のセミナーは下記より受け付けています。

早起き習慣化セミナー 〜朝2時間の自由時間を生み出す!〜 【第20回】 2016年5月11日 – こくちーずプロ(告知’sプロ)

絶えず偉大な思想に生き、
ささいなことを顧みない。
これが、人生の苦渋と心配事を
たやすく乗り越える道である。
(スイスの法学者、哲学者、政治家 カール・ヒルティ)

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は会社帰りに、近所のやきとん屋でひとり会議。

・早起きセミナーの価格改定(価格アップ)
・コーチングフィーの価格改定(価格アップ)

といったビジネスのことから、

・早起きセミナーの早朝開催
・習慣化セミナーの開催
・読書会の開催
・3人ごはんのアイデア出し

など、やりたいことを書き出してみました。

考えているだけでワクワクしてきますね!

良習慣によって自らがなり得る最高の自分になる!
チャレンジできる贅沢を満喫しましょう!

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-名言の習慣

執筆者:

関連記事

「怒りは自分に盛る毒。」という名言を受けて。わたしにとって「怒り」とは何か?

目次1 やってしまいました・・・2 怒ることは自分の実力不足を露呈すること3 怒りによって現実を変えるのは限界がある4 「怒りは自分に盛る毒。」 やってしまいました・・・ 先日、感情的になってしまうこ …

ノウハウばかり集める「ノウハウコレクター」にならないために

目次1 その高揚感は本物?2 実際はどうなのでしょう?3 良いコンテンツ=お酒!?4 ノウハウの回遊魚にならないために その高揚感は本物? 良いセミナーや良い本を読むと、高揚感が出ます。 「よし!俺も …

名著「生き方」から【人生を価値あるものにすることができる、真の「能力」】とは何かを学ぶ。

  こんにちは! 銀座コーチングスクール認定コーチ「早起きコーチング」の伊藤です。 本日でめでたくブログをスタートしてから500記事となりました!     目次1 ブログ …

混乱は成長のスタート地点。混乱を成長に変えるため3つのポイントとは?

“混乱は成長のスタート地点である” この言葉を手に入れたとき、混乱に対する私の意識は大きく変わりました。   目次1 混乱は成長のスタート地点2 混乱は悪いことではない3 混乱を成長に変える …

人としての「成熟」とはどのようなことなのか?鎧を着込むのではなく、薄皮を剥いでいく。

「名刺に資格や肩書を書き連ねることが誇らしい」 私は、ずっとそのように考えてきて、実行してきました。 ただ、そのような鎧を着込むことをやめたとき、ちょっと違ったフェーズにたどりついた気がしています。 …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。