【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

良習慣の習慣

午後の仕事効率を向上させるために短い昼寝(パワーナップ)をとる習慣

投稿日:

Pocket

日本人の平均睡眠時間は短い

全米睡眠財団が2013年9月に発表した国際睡眠調査によると、日本人の平均睡眠時間は平日夜で6時間22分。

これはアメリカ、カナダ、メキシコ、イギリス、ドイツの6カ国中で最も短いということです。

 

(ここから有料メルマガのご紹介です)
————————————————————

「早起き」メルマガ(有料)始めました!

登録はこちらから!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

————————————————————
(有利メルマガのご紹介はここまでです。)

 

昼寝制度を導入する企業

厚生労働省が11年ぶりに「健康づくりのための睡眠指針2014」を発表。

その中に「午後の早い時間に30分以内の短い昼寝をすることが、眠気による作業能率の改善に効果的」と記載したのです。

実際、昼寝制度を導入している企業もあるのです。

GMOインターネットさんでは「おひるねスペース GMO Siesta」というお昼寝専用スペースがあります。

株式会社はてなさんでも昼寝用の畳スペースを提供しています。

その他、ヒューゴやIT業界以外でもリフォーム会社等で20分のパワーナップ制度の導入により経理等の細かい業務でミスが減った会社もあるそうです。

a0002_005058

昼寝でリフレッシュはNG?

わたしの体験談です。

ちょうど4年くらい前、会社の仕事が非常に詰まっていた時期がありました。

やってもやっても終わらない。

先が見えない。

もちろん、お仕事が増えるのは良いのですが、睡眠不足が続いて体力的に厳しかった時期があったのです。

そこで、本から学んだ「ランチタイムに15分ほど仮眠をとる」という手法を試してみました。

結果、わたしにはあっていたようで意外とリフレッシュ効果がありました。

そんなある日、社員食堂でランチライムの後に仮眠をとっていました。

すると後日、上司から「昼寝するなんてけしからん」というような注意を受けてしまったのです。(^^;)

(わたしが考えたいのは、上司が間違っているとかわたしが正しい、というレベルの話ではありません。)

ランチ後のパワーナップを習慣にする

当時、わたしは睡眠に関する科学的な根拠に基づいた本を何冊か読んでいました。

すると驚くくらいに「15分程度の昼寝は午後の仕事効率を上げる」といったように同じことが書いてあったのです。

しかも、年十年も昔のデータではなく、比較的新しいデータでした。

そのような動向を知らずして、ただ単に自分の過去の価値観だけで

「ランチライムに昼寝するのはいけない」

と頭ごなしにNGを出してしまう、というのはどうなのか、と感じたわけです。

昼寝に限らず、科学的な動向やビジネスの傾向について知識のアップデートはからずに、過去の自分の常識だけで部下や友人の意見を否定するのは避けたいですね。

ということで、昼寝の有効性が分かったので、わたしはこれからもランチタイム後の短い昼寝を導入していきたいと思います。

もし、日中の昼寝を試したことがない方があれば、実験的に導入してみるのはいかがでしょうか。

チャレンジできる贅沢を満喫しましょう!

【今日の良習慣】
ランチの後、15分程度の短い昼寝をする

 


-良習慣の習慣

執筆者:

関連記事

コンプレックスは宝。嫉妬も宝。ネガティブな感情を強みの種になる。

「コンプレックスは宝」という言葉があります。 最初に聞いたときは受け入れられませんでした。 しかし、自分のコンプレックスや嫉妬を感じる部分が、自分の強みに変わることは、確かにあります。   …

挫折した習慣に再チャレンジ!瞑想を習慣化するために私が実践した5つのポイント。

昨日の記事で、取り組みたい習慣は、具体的な行動を言語化することが重要だということを書きました。 「やりたい!でも、できない」のはなぜか?スタートできないときにお勧めの方法。 | 【良習慣の力!】ブログ …

「あの人のことを許せない!」そんな状況で試したい「REACH」という「許容のテクニック」!

目次1 自分以外の人に思いやりを持つ・許容する2 「REACH」とは?3 「REACH」の内容は?4 具体例は? 自分以外の人に思いやりを持つ・許容する 「人生成功の8つの習慣」セミナーで学んだ「自分 …

「良い考え方」から「良い行動」がつくられる。「微差・僅差の法則」によって望む未来を創造しよう!

  こんにちは、伊藤です。 昨日のエントリに書いた考え方の重要性。 【ご参考エントリ】 稲盛和夫さんの「仕事・人生の結果」の公式に学ぶ!能力、熱意、考え方で重視すべき要素とは?   …

習慣化目標を公言しよう。内部と外部のモチベーションの組み合わせが習慣化のパワーになる。

ダイエットの習慣化、今のところ順調です。 2年ぶりのダイエットの習慣化にトライする中で強く感じるのは、やはり「自分の内部のモチベーション」と、「自分以外の外部のモチベーション」を組み合わせた際の威力で …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。