【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

良習慣の習慣

岡田斗司さんに学ぶ「習慣引力」から抜け出す方法とは?

投稿日:

Pocket

岡田斗司夫さんの本が面白い!

わたしがお師匠と仰いでいる習慣化コンサルタントの古川武士さんにおススメ本をご紹介いただきました。

こちらの岡田斗司夫さんの本です。

【今日のお勧め本:オタクの息子に悩んでます 朝日新聞「悩みのるつぼ」より (幻冬舎新書)】

岡田斗司夫さんが習慣化に関わることが興味深かったのでシェアいたします。

 

(ここから有料メルマガのご紹介です)
————————————————————

「早起き」メルマガ(有料)始めました!

登録はこちらから!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

————————————————————
(有利メルマガのご紹介はここまでです。)

 

統一された自我は存在しない

前提の話です。

「なぜ、悩みは解決しないのか?」

というくだりで、岡田さんは

「自分を一つの統一された自我と考えない」

ことが重要だと言っています。

「思い通りに動かない部下がいっぱいいる小さな会社というふうに考える」

と。

実は岡田さん、最近少し太ったそうです。

あのレコーディングダイエットの創始者が。(笑)

だから、まずいことは分かっている。

頭の中の「自分社長」は。

「食べるな!」って強く思うのです。

でも、社長が何を言っても効果がないときがあります。

昼間とか社長がいる前では従順なのですが、酔っぱらったときや眠いとき、そして面倒くさいときはみんな別人になってしまうからです。

「社長はあんな風に言ってるけど、少しなら食べても大丈夫だよね。」

「明日からやろうよ。」

と言い出しはじめるわけです。(笑)

習慣化との共通点

まさに習慣化と同じです。

たとえ話をしますね。

社長を含めて10人の会社をイメージして見ましょう。

朝の朝礼で、社長がいきなり

「今期の目標はみんなでダイエットすること、に決まりました!」

と言い始めます。

a0002_007383

しかし、部下は何が何だか分かりません。

この時点でダイエットに賛成なのは言い出しっぺの社長ひとり。

会社の中での割合は10%です。

この状態で突っ走ろうとすると厳しい。

ブレーキを踏みながら前進しているような状態です。

しかし、この状態を継続する。

このあたりで多少メリットがあることが分かってきます。

基本的には良いことをやろうとしているわけですから。

1ヶ月ほどたった頃に部下が2人くらいこっそり社長に続いてダイエットをし始めます。

これで30%の人が実践することとなります。

このステージは

「意識的に何とかやっているレベル」

です。

2ヶ月目も社長は続けます。

周りの2人もついてきています。

するとそれを見ていた3人が後についてきました。

これで60%の割合。

3ヶ月目に入ると、もうやっていない人の方が少数派になっています。

こうなると

「やらないと気になるレベル」

まで上がります。

継続率がグッと上がる頃ですね。

やがて3ヶ月目が終わると、9人の人がダイエットし始めています。

なんと90%の実践率。

「やらないと気持ち悪さを感じるレベル」

に到達です。

このプロセスが習慣化の重要なポイントなのです。

ここを岡田さんは非常に分かりやすく例えていらした。

さすがだと感じたんです。

「自分社長」が採用できる方法とは?

では、どうすれば良いのでしょうか?

やはり、

【環境を変える】

ことがコツです。

社長ができるのは環境を大きく変えることなんですね。

例えば、入院するとやせますよね。

それは病院食どうこうではなく、単純に好き勝手に食べれない環境があるからです。

だからやせられる。

それと同じ原理なのです。

社長がひとりでも始めていってそれが良いことであれば、徐々に社長に賛同する人があらわれます。

すると、まとまって目的にあたることになるので何かしらの成果が出ます。

自然に。

そうなると「心の中の自分たち」が思い腰を上げて一致団結するのです。

これが、

「モチベーションが高い」

という状態なのです。

やりたいことがあるなら、自らの環境を変えて「株式会社自分」の中の部下たちを動かしていくことが大切なのです。

あなたは「自分社長」。

どんな環境を変えていきますか?

チャレンジできる贅沢を満喫しましょう!

【今日の良習慣】
習慣引力から抜け出すために環境を変える

 


-良習慣の習慣

執筆者:

関連記事

習慣化を楽しく続けるために。パートナーや仲間と一緒に進むための2つのポイント。

習慣化をサポートし、自分でも習慣化していて、強く感じているのは習慣のプロセスを見守るパートナーや仲間がいるかどうか、だということです。 苦痛を楽しみに変えて継続するためのポイントを2つにまとめてみまし …

ふり返りは「過去の時間」を「未来の時間」につなげる習慣

あなたは、ふり返りの習慣を持っているでしょうか? 過去の時間をレビューすることは、未来につながる重要な行動です。   目次1 過去の時間をみているか2 ふり返りの方法はさまざま3 「過去の時 …

ドラッカー氏が大切にしていた習慣とは何だと思いますか?

先日、「平成進化論」道場生の勉強会に参加しました。 2時間で2部構成の勉強会。 前半は藤田勝利さんが講師を務められました。 ※ご参考 PROJECT INITIATIVE 株式会社 藤田さんに故・ドラ …

no image

「テレビ」と「テレビを観る子供」とうまくつきあう方法とは?

本ブログにお越しくださり誠にありがとうございます! ■「テレビジョンは目のチューインガムである」 これは、フランク・ロイド・ライトという建築家の言葉だそうです。 非常に的を射ている表現ですよね。 僕も …

習慣化するときに必ずやってくる不可抗力への対処法

せっかく取り組みはじめた習慣に、不可抗力が起きてくるときがあります。 不可抗力は「続く人」にも「続かない人」にも、均等にやってくるはずですが、なぜ両者の結果に違いが出てしまうのでしょうか。 &nbsp …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。