【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

気づきの習慣

柔軟に、しなやかに。「素直は学びを最大化し、周囲に好かれる資質である」だとぼくが考える理由

投稿日:

Pocket

最近、至るところで「素直であることの重要性」を耳にします。

個人主義が叫ばれているこの時代。

素直であることは、周りの意見やの世間の常識に流されて個性を失うことにつながる心配はないのでしょうか?

 

(ここから有料メルマガのご紹介です)

————————————————————

「早起き」メルマガ(有料)始めました!

登録はこちらから!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

————————————————————

(有料メルマガのご紹介はここまでです。)

 

素直が自他ともに良い

最初から自分の意見ですが、、、

ぼくは、

▼他者の意見を取り入れずに頑固一徹で進む人

よりも、

▼他者の意見も取り入れることができる素直な人

のほうが成長できる!

と考えています。

そして、周りからも好かれるのではないかと思っています。

 

例えば、あなたが長(おさ)としてチームで仕事をする場合を考えてみてください。

チームのメンバーに頑固な職人さんのような人がいて、戦略・戦術にまったく協力してくれないとしたら、チーム力を発揮する場面が生まれませんよね?

社長や監督や父親、あるいはキャプテンであれば、素直なメンバーに囲まれた方がやりやすいに違いありません。

前回の記事にも書きましたが、メンバーがチームの長を信じて突き進むことが、結果的にはチームの総合力を高めていくように思います。

 

木のたとえ話

比喩的な話です。

ある場所に、

▼見た目はしっかりとした真っすぐな木

▼柳の木

があるとします。

激しい雷雨に襲われたとき、2本の木はどのように対応するでしょうか?

ただ真っすぐに立っているだけの木は、その姿を維持するだけです。

「ずっと維持するだけ」では限界があります。

長期間はげしい雷雨に見舞われたら、やがて幹が折れてしまうかもしれません。

 

しかし、柳の木のように、根を張りながら葉を揺らして嵐をかわしたり、やり過ごす。

そのような術(すべ)を持っていれば、生き残る可能性が高くなりますよね。

 

a1180_006203

 

柔軟に、しなやかに。

そのように考えていくと、

【素直であるということは、しなやかで柔軟性のある対応ができる】

と言えるのではないかと思うのです。

これは行動にも思考にもどちらにも共通しています。

ストレスや怒りの感情に振り回されることも少なくなりそうですよね。

そして、最初に書いたように、自分以外の素晴らしい点を学んで取り入れることができるのです。

 

以前のセミナーで、習慣化コンサルタントの古川武士さんは、

「柳のようにしなやかに考える」

とおっしゃっていました。

柔軟にしなやかであること。

それはフラフラとしていて、周りから見ると危なっかしいというか、「しっかりしろ!」という気持になるかもしれません。

もっと、一本の太い芯があって打たれ強いほうが、しっかりしたイメージがありますからね。

しかし、ぼくは思うんですが、柔軟でしなやかであることは、軸が無いために揺らいでいるのではありません。

むしろ、

【土の中にしっかりと根ざした軸があるからこそ、その軸を中心にしなやかに動ける】

と思うのです。

そのような意味で、柔軟であるということは、「強み」といっても良いかもしれませんね。

ぼくも自分自身の軸を支えつつ、ゆらゆらと(のらりくらりと?・笑)行動していこうと考えています。

チャレンジできる贅沢を満喫しましょう!

 

【今日の気づき】
素直であることは、柔軟でしなやかな行動・思考習慣の基礎になる

 


-気づきの習慣

執筆者:

関連記事

冒険とは、自分の本当の気持ちで生きること。価値観のピントを合わせて日常を冒険にする方法

コーチングセッションを受けていて、そして本を読んでいて気づきがありました。 それは「平凡な日常を冒険にする方法」です。   目次1 「冒険とは、自分の本当の気持ちで生きること」2 価値観のピ …

信頼できる師匠を持とう。舞い上がって自分を見失わないために。

「憧れの夢が叶うかもしれない!」 そのようなとき、自分を見失いがちですね。 先日、私が自分を見失いながら、師匠たちのおかげで踏みとどまれたことがありました。   スポンサーリンク &nbsp …

「まず理解に徹し、そして理解される」が有効になる場面はどこか。「自己開示」と「受け止める場」の2つの大事な前提。

習慣化コミュニティーの仲間から「自分を理解されることを優先するのはいけないことなのでしょうか?」という質問をいただきました。 この質問に対する私の考えを記事にします。   スポンサーリンク …

「リーダーとは、オーケストラの指揮者のようなものである」に非常に共感

「早起き」メルマガ(有料)始めました! 登録はこちらから! ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ メルマガ登録・解除 幸せな成功をつかむ!「朝4時」起きの技術!~「早起き」は人生変革への最短ルー …

なぜ、私の人生にはおもしろいことが起きないのか?

「なぜ、私の人生にはおもしろいことが起きないのか?」 この質問について考えていきます。   目次1 「なぜ、私の人生にはおもしろいことが起きないんだろう・・・?」2 「なぜお笑い芸人さんの身 …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。