【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

良習慣の習慣

メンバーの自主性に任せずに「想い」をメッセージとして発信し続ける習慣

投稿日:2014/07/17

Pocket

今さらですが、ワールドカップの日本代表は残念な結果でしたね。。。

今回の結果については、至るところで論戦が繰り返されていました。

今回は、先日ぼくが目にしたサッカー監督の話題から考えたことを記事にいたします!

 

(ここから有料メルマガのご紹介です)

————————————————————

「早起き」メルマガ(有料)始めました!

登録はこちらから!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

————————————————————

(有料メルマガのご紹介はここまでです。)

 

サッカー日本代表チームの監督の戦術評を読んで

ぼくが読んだ記事は、ワールドカップ日本代表を率いた歴代の監督たちについて書かれた内容でした。

その記事の中で、ぼくが引っかかった記述がありました。

それは、

「日本の選手たちの自主性や自由を重視し過ぎた戦術をとった監督たちは、結果を残せなかった」

という記述。

ぼくは、歴代の日本サッカーの監督について詳しく分かりません。(汗)

そのため、記事に基づいた話ですが、要は、

▼監督自身のメッセージを明確に主張し続け、選手たちがメッセージに呼応していたチーム

は、結果が良かった。

反対に、

▼選手たちの自主性に頼り過ぎ、自由という名の下に監督自身のメッセージを伝え続けることを怠ったチーム

は結果が悪かった、ということでした。

 

これを読んで少し考えてしまいました。

「結果を残せなかった」(と言われている)監督がどのようなサッカーを目指しているのか、何度も「チームのありたい姿」を繰り返し伝える監督であったならば、どうなったのかと。

選手たちは監督のイメージを中心に、素直に、そして柔軟に対応していた可能性はあります。

あやふやな「自主性」に頼り過ぎることはなかったのかもしれません。

(すべては結果論ですが。。。)

 

ジャイアンツの原辰徳監督の例

その記事を読んで思い出したのですが、いまや名監督の呼び声高いプロ野球ジャイアンツの原辰徳監督は、メッセージが明確でした。

初めて監督に就任した時のインタビューでは、キャッチフレーズにした「ジャイアンツ愛」という言葉をひたすら繰り返していたことを覚えています。

そのときは笑っていましたが、今から考えると原監督は明確に意識して発言していたことに相違ないと思っています。

それくらい繰り返さないと、自分のメッセージは選手たちに伝わらないということを原監督はご存じだったのでしょう。

ペナントレースが始まると、選手たちは原監督のメッセージに素直に従い、チーム一丸となって力を発揮していました。

そして見事に、監督就任1年目で優勝したのです!

 

想いを発信し続ける

スポーツや仕事とは違えど、ぼくも家族を持つ身です。

曲がりなりにも家長と言われる存在ならば、メッセージを発する必要性があるのではないかと考えるようになっているんですよね、最近。

MKJ_kyouheisakebu500

ぼくは共働きの家に生まれたので、けっこう「放ったらかし」で育てられたイメージがあります。

正直、ぼくの両親からメッセージのようなものを受けとった記憶はありません。
(両親の名誉のために書いておくと、愛情は溢れるほどに注いでもらいました・笑)

平凡ではありましたが、わり合い自由に育ててもらいました。

その分、大学生になって上京したときや社会に出てから、苦労したことや恥ずかしい失敗もたくさんしました。

当時こそ、さまざまな処世術(?)を伝えてくれなかった両親を恨みそうな時期もありましたが、今にして思えば、すべては実体験から学ぶ良い経験となりました。

過去を受け入れられる程度に自由で幸せなのです。

ですから、ぼくの子供たちにも「自由」に過ごして欲しい、と考えていました。

 

しかし、今は時代も変わっています。

ぼくも「親のメッセージ」というよりは、楽しさや悩みを抱えている1人の男として子供たちに関わろうかと考え始めています。

特に、息子は中学1年生ですから、少しづつぼくの話も理解してくれるでしょう。

 

ぼくが家族に伝え続けるメッセージは何なのか?

改めて考えていきたいと思います。

チャレンジできる贅沢を満喫しましょう!

【今日の良習慣】
「長(おさ)」ならば、想いを言語化して発信し続ける

 


-良習慣の習慣

執筆者:

関連記事

良習慣の定着を目指すのは大人も子どもも同じ。大人はブラッシュアップし続けられるか考えてみよう。

娘の保育園のイベントに参加しました。 イベント後に配布されたプリントに書いてあった項目に、私は目を奪われて少し笑ってしまいました。   スポンサーリンク   目次1 保育園で配られ …

アンソニー・ロビンズ氏がおすすめする 幸福のための「10の感情」を意識する方法

人生をより良くすごすために意識したい「10の感情」があります。 それらの感情を意識する習慣化の方法を記事にしてみました。   目次1 「今週1週間を、どんな感情で過ごしたいか?」2 アンソニ …

早起き習慣化に挑戦している方に質問です。あなたは早起きの「例外ルール」と「歯止めルール」をつくっていますか?

  こんにちは、伊藤です。 おかげさまで、早起きを目指す方たちに接する機会が増えてきました。 その中で、ぼくがよく感じる傾向と対策があるのでご紹介いたしますね!     …

今年のパフォーマンスを最大化するために最初に考えておいたほうが良いこととは?

  こんにちは! 銀座コーチングスクール認定コーチ「早起きコーチング」の伊藤です。 年始の目標をたてると、ついつい 「売上ノルマを毎月達成する!」 「TOEIC800点を超える!」 「10キ …

コーチングセッションがクライアントさんに機能したかどうかを計測する指標って何でしょうか?

  こんにちは、伊藤です。 コーチングというサービスを通して何を提供したいのか? 改めて考えてみました。     目次1 コーチが確実にたずねる質問とは?2 答えはクライ …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。