【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

良習慣の習慣

稲盛和夫さんの「仕事・人生の結果」の公式に学ぶ!能力、熱意、考え方で重視すべき要素とは?

投稿日:2015/02/27

Pocket

 

こんにちは、伊藤です。

先日、稲盛和夫さんが提唱された有名な公式を思い出す機会がありました。

あなたは、ご存じでしょうか?

それは、仕事や人生で成果を

【 仕事・人生の結果 = 考え方 × 熱意 × 能力 】

という公式であらわしたものです。

素晴らしい公式ですよね。

成果を決める3要素

「考え方 × 熱意 × 能力」

の中でも、もっとも重要なものは

「考え方」

です。

その理由を考えてみましょう。

 

thinking-272677_640

 

能力と熱意について

成果を上げるためには、まず「能力」は必要ですよね。

英語、会計、ITといったストック型のスキルから、コミュニケーション力、交渉力、調整力といったといった目に見えないスキル、そして身体的なものまであらゆる「能力」があります。

すべてのスキルがあれば、とうぜん成果を出せるでしょう。

ぼくの友人で、公認会計士でありながらMBAを取得している友人がいます。

たとえば、彼が医師免許や弁護士資格を取得したら、より多くの成果を出せますよね。

そのような意味で、能力は重要といえます。

次に、「熱意」はどうでしょうか。

想像もできないような成果を出す人には、人並み以上の情熱があると言われます。

たとえば、コミュニケーションがあまり上手でなくても、熱意で行動を繰り返す。

それによって困難をのり越え、やがて願望を達成するのです。

あなたにも、多少の荒波に負けないレベルの凄まじい情熱があれば、達成できることは今よりたくさん出てきますよね?

さらに、能力と違って「熱意」は自分の意識で変化させられるものなのです。

やはり、「熱意」も大切です。

 

考え方にあって、能力と熱意にないもの

能力も熱意も大切。

しかし、やはり最重要なのは

「考え方」

です。

なぜか?

それは、優れた能力を持っていて、熱意があったとしても、考え方が悪かったら、成果はマイナスになるからです。

分かりやすく、数値化してみましょう。

(数値化することを、コーチングでは「スケーリング」と言います。)

まず、能力の範囲は、

「0から100」

でスケーリングできます。

・まったく何もできない状態 = 0
・なんでもできる状態 = 100

です。

次に、情熱の範囲も、

「0から100」

でスケーリングできますね。

・まったく何もやる気がでない= 0
・どんなことでもやってやろう、という気持 = 100

という感じです。

最後に考え方。

これが最重要でしたね。

なぜ、最重要なのでしょうか?

それは、考え方の範囲は、

【「−100から100」まである】

からです。

考え方だけは、マイナスという値があるのですね。

 

変えられる部分を向上させ続ける

どれほど優れた能力と人並はずれた熱意があっても、考え方がマイナスだったらどうなるでしょうか?

極端に計算すると、、、

▼能力100 × 熱意100 × 考え方−100 = −1,000,000

成果は、マイナス100万になってしまうのです。(汗)

警察も驚くような手口の犯罪にみられる、頭の切れる犯人が考えた手口などはその実例と言えるかもしれません。

一方、能力の数値が多少劣っていたとしても、熱意を持ち、良い考え方を持っていればプラスの成果が出ます。

たとえば、能力が平均以下であっても、たくさんの熱意と、良い考え方を持っていれば成果が出ます。

▼能力40 × 熱意80 × 考え方80 = 256,000

という感じで、先ほどのマイナス例と比べると、なんと125万を超えた結果の差が出るのですね。

補足すると、性格を変えることは難しいものですが、考え方を変えることは誰にでもできます。

また、良い考え方とは、必ずしもポジティブ思考ということでもありません。

このあたりは、またあらためてエントリにします。

ということで、自分で変えられること、すなわち熱意を持ち、徐々に良い考え方を増やしていけばいくほど、あなたの成果は高まるのです。

だからこそ、良い思考習慣を身につけることが最重要、という結論となるのです。

 

良習慣によって自らがなり得る最高の自分になる!

チャレンジできる贅沢を満喫しましょう!

 

【今日の気づき】
熱意を高め、考え方をより良く変えていくことで成果を高められる

 

お問い合わせ・ご感想・激励(笑)は下記まで!( ↓ )

お問い合わせ

 

現在、

▼「早起き習慣化3ヶ月プログラム」

▼「100人コーチング」

を募集中です!

コーチングにご興味がある方はぜひお問い合わせくださいませ!

コーチングで成長したい方、目標を達成したい方へ

 

【良習慣】の力! 〜習慣道への挑戦!〜 登録・解除
選択して下さい 登録 解除
メールアドレス
お名前
メモ






 

銀座コーチングスクール GCS認定コーチ

【無料メールセミナーのお知らせ】
==================================================
一週間で、あなたもコーチの仲間入り!
全6回の無料メールセミナーを配信中!
http://www.ginza-coach.com/coaching/m_seminar.html
==================================================

 


-良習慣の習慣

執筆者:

関連記事

大事な本題があるときほど、まずは「チェックイン」からスタートしましょう!

  こんにちは! 銀座コーチングスクール認定コーチ「早起きコーチング」の伊藤です。 本日は、ぼくが参加している勉強会で上司学コンサルタントの嶋津良智さんに聞いた 「コミュニケーションをスムー …

あなたにとって「働く」とは?質問への答えの変化が行動を変える

言葉に対する定義が変わると、行動も変わります。 読書会で「働く」という言葉への意味づけが変わる体験がありました。   目次1 あなたにとって「働く」とは?2 あなたの信頼度がビジネスの成果に …

習慣化すれば楽になる。でも、楽しいことばかりしているだけでは良習慣は定着しない。

人は、好きなことや得意なことは続けられます。 一方で、嫌いなことや苦手なことは続きません。 新しい習慣を身につけることは、楽しいことばかりしていては定着しないものもあります。   スポンサー …

「プラン通りに進められる人」になるための上手な計画の立て方を学ぶ!

  こんにちは、伊藤です。 昨日のエントリで、 「成果を出せる人と出せない人の違いはどこにあるのか?」 という問いに対する、2つのコツのうち、1つ目の 【ゴールだけでなく、スタートをいつにす …

停滞感や倦怠感を遠ざけるコツ。日常の中の非日常で小さなリスクをとり続ける。

大人になってお金や時間を自分の感覚で使えるようになると、守りに入りがちです。 意識して小さなリスクをとっておくことが、停滞感や倦怠感を遠ざけるきっかけになるでしょう。   スポンサーリンク …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。