【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

コミュニケーションの習慣

あなたの認めかたは間違っているかも?アクナレッジメントを使って「We」のスタンスで到達点を表現しよう

投稿日:2015/05/11

Pocket

yes-685044_640

「聴く」だけでなく、「認める」こともスキルだってご存じでしょうか?
そして、「認める」ことにも受け入れられやすいテクニックがあるのです。

 

 

「アクナレッジメント」とは?

archery-472932_640

コーチングにおける「認める」スキルを、「アクナレッジメント」と呼びます。

よく勘違いされるのですが、アクナレッジメントは「賞賛」とは違います。
賞賛は、自分以外の人があなたに評価を与えることですよね。

しかし、アクナレッジメントは、現実的に「到達点」を表現することです。
たとえば、「最後までやりとげましたね」とか、「掲げた目標を達成しましたね」といった表現となります。

この場合は評価ではありませんよね。
そのため、相手に受け入れられやすいのです。

 

3つの立場で承認を考える

swan-431640_640

相手に伝える3つの立場を考えてみましょう。

1 YOUのスタンスで話すケース

「あなたは、○○です。」

私たちが普段よく使っている言い方ですよね?
ただ、この言い方は、あなたの立場から、あなたの価値観で相手を評価してしまっている表現です。

もしも言い方をミスってしまったら、「上から目線」のニュアンスが含まれてしまいます。
使う場合は、注意する必要がありますね。

 

2 Iのスタンスで話すケース

「あなたが○○したことは、私にこのような影響を与えています。」

たとえば、「コーチの励ましのおかげで、私は目標達成することができました!」といった表現です。

最初のYOUの立場とは異なり、自分にとっての感情をフィードバックをしているため、相手の抵抗は少ないのです。
そのため、上司などの目上の人にも失礼はありません。

 

3 WEのスタンスで話すケース

「あなたが○○したことは、私たちにこのような影響を与えています。」

たとえば、「あなたの言葉で、私たちのコミュニケーションが深まりましたね。ありがとうございます。」といった表現です。
「私たち」「僕たち」というスタンスにたつことで、相手との距離はグッと近いものになります。

アクナレッジメントとしては高度なアプローチの分類です。

 

まとめ

話している相手自身が気づいていないことを感知して、先に伝えられたらベストです。

たとえば、子どもや部下の成長を感じ、「私たち」の立場になってプラスのフィードバックを与えてあげられたら、相手は嬉しさを感じるでしょう。
誰も見てくれていないと思っていた努力を、信頼している人から認められたら嬉しいですよね?

その嬉しさから、相手はより良くなるための行動を能動的に開始し、達成感を感じはじめるのです。
それが、自己成長感と呼ばれるものです。

やる気や自発性があるから、行動が主体的になる。
そのようにして、結果や他人の評価から、自分へのプロセスに価値を置くようになっていくのですね。

そのような成長を気づかせるためのサポートの役割として、コーチはアクナレッジメントを使います。
とても重要なコーチングスキルなのです。

まずは、あなたの会話のスタートを「私たち」に変えてみませんか?

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

【編集後記】

取引先のお客さまたちがは、カンヌ映画祭の準備で慌ただしそうです。

エンタメ業界にずっと携わっている私としては、1度参加してみたいイベントです。

今年のパルムドールはどんな映画が受賞するのでしょうか。
楽しみです!

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 

-コミュニケーションの習慣

執筆者:

関連記事

10,000回のフィードバックから考える。相手にどのように声がけをすればいいのか?

相手の言動や行動に対するフィードバック。 どのようなことに気をつければいいのでしょうか。 私のおすすめは、3つのポイントにしぼってフィードバックをすることです。   スポンサーリンク &nb …

プレゼンがうまくいかないときに考えるたった1つのポイント

過去2年、プレゼンで失敗していました。 ただ、今回はうまくいきました。 その違いを考えてみました。   目次1 「何が起こるかわからない」緊張感2 面倒くさいものに3年間向き合えるか3 相手 …

目標設定がうまくいくコツ。「Have→Do→Be」ではなく、「Be→Do→Have」の順番で考える。

「目標を立てたけれど、ブレーキがかかって動けない」ということはありませんか? そのようなときは、「Have・Do・Be」の視点から目標をとらえ直してみましょう。   スポンサーリンク &nb …

コミュニケーションでの相互理解を実現するためには?

コミュニケーションでの「相互理解」を実現したいと考える人は多いでしょう。 相互理解を実現するためには、まずは自分から相手の話を「聴く」ことからスタートしましょう。   目次1 理解されたいな …

1人3役のポジションでゴール達成を考えてみよう。「ディズニーストラテジー」のアプローチ。

何かにチャレンジする際には、 ・最悪を考えた上で、楽観的に前進する という思考で考えられると理想的だと思っています。 そのためには、3つのポジションからイメージするとわかりやすくなります。 &nbsp …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。