【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

行動の習慣

割り込み仕事が計画を台無しにする?プランニングした1日のスケジュールを持つメリットを考える。

投稿日:

Pocket

息子が夏休みに入り、「夏休みの一日のスケジュール」を作成していました。

私も小学生や中学生時代につくった記憶がありますが、まさに「絵に描いた餅」でした。。。

さて、大人になったあなたは、計画倒れに「流された1日」を送っていませんか?

arrow-394142_640

 

スポンサーリンク

 

突発案件によって崩れるプランニングは無意味なのか?

古川武士さんの「早起き&高密度仕事術グループコンサルティング」で、受講者さんは、タスク管理ツールの「タスクシュート」や「たすくま」を使い始めています。

前回のコンサルティングで、多くの方が感じていた課題について話したことをお伝えいたします。

多くの方は、私がタスク管理ツールを使いはじめたときとまったく同様の感想をお持ちでした。

もっとも共感したのは、「せっかく計画をつくったけれど、割り込みや突発事項が多くて計画が形骸化する」という質問です。

10分かけてプランニングしても、終わってみると結局やりたいことができていない。

まさに、学生時代につくった「夏休みの計画表」と同じですよね。

では、タスク管理やプランニングは無意味なものなのでしょうか?

 

公共機関の運行ダイヤが必要なように、個人のスケジュールにも計画が必要

私がお伝えしたのは、「計画を理想にしすぎないことがポイント」だということです。

そして、タスク管理や計画は、たとえ無駄になってしまったとしても、つくるべきだと考えています。

たとえば、電車やバスの運行ダイヤを思い出していただけますでしょうか?

私は通勤にJR総武線を使っています。

日本の公共交通機関は非常に優秀ですから、普段はとても正確です。

ただ、朝は何かとトラブルが多く、人身事故やホームへの人の進入があったりして、電車遅延が、わりと頻繁に発生します。

電車の運行ダイヤは計画されたスケジュールではありますが、事故などで突発事項が発生するわけです。

しかし、トラブルで遅延が発生したとしても、運行ダイヤは必要ですよね?

「どうせ遅れるから運行ダイヤなんて必要ないよ」とは、とても思えません。

むしろ、運行ダイヤがなかったら、もっと大きな事故がおきて、みんなが困ることになるでしょう。

飛行機のフライト予定や、映画の上映スケジュールだって同様のこと。

やはり、タスク管理や計画表をつくる意味は大きいのです。

 

計画がなければ戻り先を見失ってしまう

私がタスク管理ツールを使いはじめた頃に感じたことは、「戻り先が見えることの安心感」でした。

割り込みや突発事項が入るのは仕方がありません。

特にわ私のように営業をやっていれば割り込みがあるのは当たり前です。

もっといえば、コールセンターのオペレーターさんは、言ってみれば突発事項だらけです。

むしろ、突発事項への対応こそがメイン業務なのです。

それに比べれば、まだ営業のほうがコントロールする余地があります。

そのような割り込みや突発事項から戻ってきたときに、「いま、このタスクを実行する」という場所にすぐ戻れるかどうか。

計画があるからこそ、戻れるわけです。

計画通りにいっていればその計画にしたがえば良いし、割り込まれても、また計画に戻って再開すれば良いのです。

計画がなかったら、計画から「脱線」していることさえ分からずに1日が終わります。

以前の私は、まさに脱線状態の1日ばかりを過ごしていました。

でも、タスク管理ツールを使うことによって、少しは時間の使い方が向上したのです。

時間は、目には見えませんが、とても重要なリソースです。

大切に使いたいものですよね。

あなたは、毎日の計画をつくっていますか?

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

【編集後記】

昨日も、会社を早めに出て、コーチの友人・森田さんと相互セッション。

私の提案がコーチらしからぬ、かなり強引なものでしたが、、、(汗)

9月に、小さなイベントを開催することとなりました。

詳細が決まりましたら、当ブログでも告知いたします!

 

良習慣によって自らがなり得る最高の自分になる!
チャレンジできる贅沢を満喫しましょう!

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-行動の習慣

執筆者:

関連記事

PDCAサイクルがうまくいかないときの対処法。「Do」からはじまるDCAPサイクルを活用する。

「PDCAサイクル」といえば、目標達成に非常に効果的なアプローチです。 しかし、「P(計画)」が最初なので、考えすぎて動けないときがあります。 そのようなときの対処法を記事にしました。   …

「やりたい!でも、できない」のはなぜか?スタートできないときにお勧めの方法。

あなたには、「習慣化したら良い効果があるのは分かっているんだけれど、なかなか始められない。。。」という習慣がありますか? 私にとって、「瞑想する習慣」は、まさにそれに当たる習慣でした。 昨日参加したセ …

1日5分のわずかな瞑想でイライラや不安が解消できる

不安やイライラを1日5分で解消する方法があります。 それは、瞑想をすることです。   目次1 ネガティブな気持ちへの対処は瞑想の習慣2 瞑想を続けると脳の形が変わる3 1日5分の瞑想を習慣化 …

私たちの人生に「選択しない」という選択はない

私たちは常に選択に迫られています。 「後悔したくない」という気持ちと、どのように向かっていけばいいのでしょうか。   目次1 7年前の「習慣化の学校」への決断2 「決意」と「決断」の違いとは …

「タスクあふれ」を解消する3つの方法

やることが重なってくると「タスクあふれ」の状態となります。 その「タスクあふれ」を解消する3つの方法を記事にしました。   目次1 やることがおおいと「タスクあふれ」になる2 「タスクあふれ …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。