【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

複業の習慣

フロントに出る勇気を持つ。矢面にたつ経験こそが、あなたを成長させる。

投稿日:

Pocket

中学2年生の息子が、職業体験をしてきました。

中学生たちが、実際の職場に行き、体験に協力してくれる店舗や施設で、職業を体験できるのです。

職場体験活動:地域のいろいろな職場
保育体験活動:保育所、幼稚園
ボランティア・福祉活動:福祉施設・養護施設等
文化芸術創作活動:音楽、伝統芸能、郷土

息子は、今川焼やたい焼きを販売する店舗に、製造・販売スタッフとして体験に行きました。

息子が接客という「フロント」の体験をしてくれたことが嬉しかったのです。

私は、フロントの体験がとても重要だと考えているからです。

firefighter-848346_640

 

スポンサーリンク

 

お客さまとじかに接するフロント仕事はきついこともある

今から10数年前の入社当時、私は、営業のことをまったく分かっていませんでした。

当然、成果は出ません。

それどころか、後輩に売上を抜かれ、「伊藤さんに私のお客さまを引き継いでも良いですか?」と言われる始末。。。

「営業は数字で評価されるし、ごまかしがきかない。フロントにたつ仕事って大変だな・・・」と考えていました。

そんなとき、営業というフロントの仕事よりも、経理や総務・人事といった、いわゆるバックオフィス系の仕事をしている方を羨ましいと思ったことがあります。

なぜなら、バックオフィスの方は、お客様から直接クレームを受けることもないし、ノルマや売上目標に苦しむ必要もない。

浅はかですけれど、そんなふうに考えていたのです。

営業で成果を出せない私が長時間残業をしているときに、バックオフィスのスタッフが定時すぎにサラッと帰る姿も憧れていたのでしょう。

 

フロントの成果は会社の外に明確にあるが、バックオフィスは会社内の曖昧な評価で判断されてしまう

しかし、今は少し考え方が変わりました。

私は、営業というフロントの仕事を経験していて良かったと思っています。

大きな理由の1つは、フロントは、自分の仕事を評価してくれる人がお客様であるということ。

お客さまは正直です。

良くも悪くも、公正なのです。

シンプルに言えば、営業の仕事は評価の対象者がお客さまなので、「会社の外に成果がある」わけです。

また、営業は、売上がありますので、会社に貢献した数字が分かります。

数字によって会社に認められることもあります。

会社に貢献する人材になるわけですから、お客さまに評価されることができれば、少なくとも、会社は手放しづらいでしょう。
(よほど人間性に問題がない限り)

しかし、バックオフィスの仕事をしている人たちは、評価する人が社内にいます。

数字のように分かりやすいものさしがないので、評価も曖昧なものになりがちですよね。

となると、バックオフィスの方は、社内に評価されなければきついのです。

バックオフィスでいくら優秀な働きかたをしても、仮に社長や上司から嫌われてしまったら、会社での居心地は悪いでしょう。

 

より良い影響を与えるためにはフロントにたつ勇気が必要

営業やオペレーターの方など、お客さまとじかに接するフロント業務は、「きつい」とか、「つらそう」だとか思う方がいるのは知っています。

事実、営業をやる前の私は、「営業マンって大変そうだなぁ・・・」と考えていました。

確かに、そのような側面はあります。

先にあげたように、営業は、成果が出せなければ社内で肩身がせまいです。

電話セールスで「必要ありません」と見ず知らずの人に「ガチャン!」と電話を切られ続けると、セルフイメージが下がります。(T_T)

しかし、それでも、私はフロントを経験することは大事だと考えています。

トラブルのときに矢面にたつことは、人生で困難なことにぶつかったときに、困難を乗り越えるタフさを鍛えてくれます。

人生で何度も接するコンビニでレジ打ちをしている方や飲食店の接客の方が、どのような気持で働いているか、共感することができるようになります。

何より、仕事を評価してくれる対象の人が公正です。

性格が悪かったり、人間的に信じられない人は、営業のようなフロントで成果を出し続けることは難しいです。

だからこそ私は、営業をやっていて成果が出たときは素直に嬉しいし、その経験はひとりビジネスでもおおいに役立ちました。

ひとりビジネスだけでなく、自分の意見を発信できるブログやメルマガなどでも良いでしょう。

世の中に良い影響を与えたいと考える人があれば、人生で1度は、しっかりとフロントの立場を経験しておくことは、無駄にはなりません。

矢面にたつ経験から逃げすぎないようにしましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

【編集後記】

昨日は、習慣化コンサルタント古川さんの「自信を持って話す習慣」1日セミナーに参加。

今週、講師としてセミナーを2回開催するので、非常にタイムリーな学習となりました。

今の私にはけっこうチャレンジングな部分もありますが、どんどん実践で試していこうと思います!

【無料】「100人コーチング」のお申し込みはこちらから!

【無料】100人コーチングのご案内 | 【良習慣の力!】ブログ

良習慣によって自らがなり得る最高の自分になる!
チャレンジできる贅沢を満喫しましょう!

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-複業の習慣

執筆者:

関連記事

お金を払ってでもやりたい仕事を見つけるために、自問したい質問とは?

「習慣化の学校」で初めてお会いした方と、天職ややりたいことを仕事にすることについて対話しました。 「伊藤さんは、どんな考えで複業の道を探ったんですか?」という質問を受けたので、「お金を払ってでもやりた …

自分の心の中の「やってみたい」を無視しない。その「やってみたい」は複業や天職につながっているかもしれません。

先日、「伊藤さんは、最初からコーチングをやりたいと強く思っていたんですか?」と質問されました。 頭で強く思っていたのではなく「やってみたい」と心が感じた、と答えました。   スポンサーリンク …

「会社員」というアイデンティティーにしばられるデメリット。成果は「社内評価」でなく「お客さまの感情」にある。

「会社員」というアイデンティティーを強すぎると、気になるのは「社内評価」です。 ただ、「社内評価」にしばられる人ほど、視野がせばまっているように感じるものです。   スポンサーリンク &nb …

あなたが複業に取り組む目的は何ですか?継続のために「目的」を考える重要性。

習慣化するためには、「何のためにその習慣をやるのか?」という「目的」を考えることが重要です。 複業に関してもそれは同じで、「複業をやる目的」が継続するための原動力になるのです。   スポンサ …

自分軸を見つける方法。福山雅治さんに学ぶオリジナルな自分のつくり方。

1つのことに集中できる人が良くて、分散してしまう人はだめ。 そのように言われることが多いように思いますが、必ずしもそれが正しいわけではないと考えています。   目次1 1つのことに集中できな …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。