【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

早起きの習慣

早起きは王様クラスの良習慣。未来に希望をつくり出すことができる唯一の習慣。

投稿日:

Pocket

早起きの習慣は、「多数の習慣の中でも、王様クラスの習慣」だという表現を目にしました。

この表現に、強く共感いたします。

king-17490_640

 

スポンサーリンク

 

早起きは多数の習慣の中でも王様クラスの習慣

AppleのCEOティム・クック氏やスターバックスのCEOハワード・シュワルツ氏、そしてディズニーのCEOロバート・アイガー氏らは、午前4時台に起床しているそうです。

成果を上げている人は、成功している理由があります。

彼らは良習慣を持ち、良習慣を淡々と継続して、良い生活リズムを保っているのです。

良習慣を続けることは、成果をあげるための重要な要素であることが分かってきています。

私も、午前4時台に起きているという意味では、世界のスーパービジネスマンと一緒です。(笑)

もちろん、私には、彼らのようなビジネスセンスはありません。

しかし、同じような時間帯に起きることはできます。

私にできるということは、誰にだってできるのです。

 

早起きを習慣化できるとフィジカルとメンタルが健康になる

早朝の1時間は、日中の2倍の生産性を上げられると言われています。

仮に、朝2時間をひとりビジネスや趣味に投資したらどうなるでしょうか。

1年で、365×2=730時間を生みだせることとなります。

日中の質に変換したら、1年で1,460時間という時間を得られることとなります。

私が言うまでもなく、早起きをすメリットは多く存在しています。

・1日のスタートを自分で決められる(=主導権を握ることができる)

・自分だけの時間が確保できる

・勉強や読書の時間がとれる

・人生計画や1日のプランニングの時間を確保できる

・運動する時間がとれるのでダイエットにもつながる

・ダラダラした飲み会には参加しないか、行っても二次会に参加せずに帰る

・結果、無駄なお金を使わなくなって節約できる

・時間に余裕を持てるのでメンタルも健康になる

・ストレスが減るため過食がなくなる

・睡眠を十分にとれるので、健康もキープできる

要は、1日のかなりの部分にコントロール感を持てるようになるわけです。

いたずらに、無駄な欲求に流されることが少なくなります。

身体とメンタルの健康を維持すること。

それこそ、幸福感の基本となる非常に重要な要素なのです。

 

将来に期待を持てるようになる唯一の習慣は早起きである

世界の有名CEOたちのように、日中において分刻みのスケジュールを送っている人は、朝の時間が欠かせません。

朝の時間は、運動をしたり、自分と向き合ったり、ビジネスのアイデアを考えるために不可欠なのです。

そのような時間の使い方によって自分を高め続ける。

やりたいことをやれば結果が出る。

すると、セルフイメージが高まり、さらに高い目標にチャレンジできるようになります。

次第に自分の能力や、将来の自分にさらなる可能性を感じられるようになっていきます。

私の持論ですが、1日24時間という箱をコントロールできなければ、人生というもっと大きなプロジェクトをコントロールできるはずがありません。

そのためには、早起きが不可欠。

自分の将来や未来に期待を持てるようになるのは早起きが唯一の習慣でしょう。

だからこそ、私は早起き習慣をおすすめしているのです。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

【編集後記】

記事にも書いたように、昨日は密度の濃い日でした。

幸福感をつくり出すコツ。価値観を満たすリストをつくって行動を意図的に起こす。 | 【良習慣の力!】ブログ

帰宅後は、家族との時間も楽しめました。

運動もできたし、とても充実した休日となりました!(^_^)

【無料】「100人コーチング」のお申し込みはこちらから!

【無料】100人コーチングのご案内 | 【良習慣の力!】ブログ

良習慣によって自らがなり得る最高の自分になる!
チャレンジできる贅沢を満喫しましょう!

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-早起きの習慣

執筆者:

関連記事

早起きできない人がいるのではない。早起きしたくなる報酬を設定していない人がいるだけ

早起きがうまくいかない人は、早起きによって得られるプラスのイメージが足りていないだけです。 「早起きしたらいいことが待っている」という状態までポジティブな感情を育てていきましょう。   目次 …

早起き良いことノートをつくってみよう。小さな良いことの積み重ねが自信になる。

私が、早起きを習慣化するときに有効だったのが、「早起き良いことノート」をつくることでした。 今年こそ早起きを習慣化したい方には、おすすめです。   スポンサーリンク   目次1 ネ …

健康的な早起きを続けるために。6時間睡眠がとれない日は、短い昼寝を組み合わせよう。

人によって適正な睡眠時間は異なります。 ただ、たいていの方には、6時間以上の睡眠時間の確保をおすすめしています。   スポンサーリンク   目次1 午前1時から3時は確実に寝る2 …

小さな子どもの寝かしつけがあると早起きができない?クライアントさんが考えたアイデアと工夫。

早起き習慣化のご支援をさせていだだいているクライアントさんの成功例がありました。 思考、行動ともに、良習慣なので、記事として共有いたします。 (※掲載には、クライアントさんの許可を得ています。) &n …

早起き+自己投資のためにマインドチェンジ。「仕事の後」ではなく「仕事の前」に焦点をあてる。

早起き習慣化のためには、寝るまでの行動を変えることが大切です。 ただ、行動を変えるためには、まずは意識を変化させなければなりません。   スポンサーリンク   目次1 夜時間を習慣 …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。