【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

名言の習慣 思考の習慣

成功するために失敗する理由

投稿日:

Pocket

うまくいくためには「早く、何度も失敗せよ」というマインドが必要です。

同時に、失敗から「学ぶ」というスタンスも必要で、両方を持っていることが理想です。




 

「失敗は成功のもと」という本質

“早く、何度も失敗せよ”

私のお気に入りの本「20歳のときに知りたかったこと」でもっとも印象に残っているフレーズです。

今回の「良習慣塾」第2期の募集スケジュールや段取りで失敗がありました。

それと、自販機でコーヒーを買おうとして、となりの紅茶を買ってしまうという失敗もありました。(笑)

ただ、以前に初めて飲んだときより、紅茶がおいしくなっていました。

これは

“早く、何度も失敗せよ”

を体現していると感じました。

事前に注意をしていても、初めてのトライで失敗をゼロにするのは簡単ではありません。

むしろ初めての挑戦では、失敗を前提とした心持ちでいたほうがいいくらいです。

「失敗しないようにしよう」というメンタルだと、なかなか前進できません。

「完べき主義」は、じつは基準が低いのです。

私は、まさに完ぺき主義思考だったので、新しいことに取り組むことは苦手でした。

その意味で、

“早く、何度も失敗せよ”

という言葉を学んだのは大きかったのです。

この言葉がなかったら、トライしていない挑戦は多かったと感じています。

そのおかげで、うまくいったことがたくさんあったからです(このブログも失敗を乗り越えたので継続しています)。

いわゆる「失敗は成功のもと」ということですね。

これは、私が信じていることのひとつ。

ですから、お客さまや友人たちにも伝えているのです。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール





大事なのは「失敗」の後に存在している

ただし。

誤解の無いようにお伝えしておきたいことがあります。

それは「早く、何度も失敗せよ」といっても、大事なのは「失敗の後に何をするか」です。

失敗してもうまくいく人は、成功から学んでいるから改善ができます。

「なるほど、そうきたか。では次はこうしよう」という感じですね。

でも、同じ失敗を何度もする人もいます。

これは、間違いから学んでいない人でしょう。

間違いをそのままにしてしまうと、思わぬ事故につながるケースもありますよね。

思い出すのは「ハインリッヒの法則」。

「重大事故1件の裏に29件の軽度の事故と、300件のニアミスが存在する」という法則ですね。

ここでいうニアミスとは、いわゆる「ヒヤリ・ハッと」の小さな事故です。

「ヒヤリ・ハッと」レベルで防げたトラブルは、その段階で何らかの改善策をとっておく。

そうすれば、29件の軽度の事故や1件の重大事故を防げるのです。

300個の小さな事故をスルーしてきてから、1件の重大事故につながってしまっているのです。

習慣化するためには、失敗は少ないほうがいいと思われるかもしれません。

でも、必ずしもそうではありません。

何の失敗もなく習慣化に成功してしまう人を見たことがないので。

むしろ小さな失敗はたくさんしておいたほうが失敗への耐性がつくというものです。

そうやって小さな失敗をすれば「こっちじゃなかったな」ということがわかります。

うまくいかなかったところは少しずつ修正していけばいい。

そのくり返しが、結局はゴールに近づく最短ルートだったりします(私の経験値から)。

 

■スポンサーリンク




改善策は自分の頭で考える

失敗を改善のタネにする

コーチングをしていると、お客さまがセッションで約束した行動を実行できないときがあります。

そのようなときに「なぜやらないんですか?」と問い詰めても、意味がありません。

それよりも、

「どうすれば次はできそうですか?」

「何があれば前に進めますか?」

「ハードルを下げればできそうですか?」

という風に質問するのです。

ここはお客さまご本人が考えるところに意味があるからです。

私が答えを持っている場合もあります。

ただ、私から答えは言いません。

私がアイデアを出したら、お客さまはその通りにやってくれるかもしれまん。

でも、その方法だとすぐに戻ってしまうのですね。

コーチングで7年の経験を積んでわかったことがあります。

それは、お客さまは「ご自身が考えたアイデアじゃないと、行動へのモチベーションが高まらない」ということです。

それに、失敗の要因というのはじつに様々。

決まった方法はないのです。

世の中に同じ人が2人もいないように。

だからこそ、自分の正解を整えていかなければなりません。

それが良習慣の定着でも同じなのです。

習慣化の方法は、十人十色ということですね。

たとえば、運動でロードバイクにのる習慣なら、

・距離をのばすことを楽しみにする

・速度を高めるトレーニングをする

・誰かと一緒にやる

・自分で自分への評価制度をつくる

・公言して健全なプレッシャーをかける

など、様々な方法があります。

それをやらずに同じ失敗をくり返してしまい、それが第事故になってしまったら。

あわててもとり返しがつかないでしょう。

ですから、小さな失敗の時点で対処しておきたいのです。

 

まとめ

“早く、何度も失敗せよ”

は、とても好きな言葉です。

ただし、当然のことながら減らせる失敗なら、できるだけ減らしたほうがいいわけですよね。

そのためにも、失敗を記録に残しておくなど、管理・改善が必要なのです。

2度ある失敗を、3度くり返さないようにしていきましょう。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール


 

■スポンサーリンク




 

■編集後記

昨日は、朝6時の「習慣化オンラインサロン」朝活からスタート。

昼は「習慣化オンラインサロン」の特別イベントとして「オンラインお花見ランチ会」を主催。

30分集まって、15分のブレイクアウトルームでのフリートーク。

サロンメンバーさんたちと話すのは朝活や夜活(習慣化BAR)だけだったので、昼間のコミュニケーションが新鮮でした。(^^)


 


 

【メルマガを発行しています】

テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

あなたがひとりで複数のビジネスをおこない、ご自身の人生を充実させていくノウハウにご興味があれば、ぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く習慣」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!



「複業で自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

 


 

■スポンサーリンク

-名言の習慣, 思考の習慣

執筆者:

関連記事

奥さんの愚痴を言っていた10年前の自分へ。いま伝えたい3つの苦言と1つの提言。

誰にでも恥ずかしい過去はあると思います。 私の場合の「それ」は、「奥さんに対して愚痴を言っていたこと」です。(^_^;)   スポンサーリンク   目次1 「もっと奥さん理解があっ …

幸福の基準はどこにありますか?幸せの価値基準は自分の内側におきましょう。

好きなことややりたいことの基準を外部に求めていると、幸福感は薄れます。 自分がハッピーになるためには、外部ではなく、自分の内部の基準を探求することが重要です。   スポンサーリンク &nbs …

負のスパイラルから抜け出す方法。3つのフレーズで感情を整える。

「こんなはずじゃなかったのに、、、」というようなできごとがあります。 期待に反した状況に遭遇したときに有効なのは「感情とできごとを切り離す」こと。 そのために役立つフレーズをご紹介していきます。 &n …

後悔したくない!という人におすすめの「10-10-10(テン・テン・テン)」思考

何か重大な判断をしなければならないとき、あなたの決断の軸はどこにあるでしょうか。 おすすめは、短期的(10分後)、中期的(10ヶ月後)、長期的(10年後)という3つの時間軸です。   目次1 …

ライフワークにしたいレベルの活動を続ける☞習慣化が成果につながる。

習慣やライフワーク活動を短期視点で考えるのはおすすめできません。 長期視点で考えるようになって、ようやく覚悟が決まるものも多いからです。   スポンサーリンク   目次1 習慣化の …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。