良習慣の習慣

「続かない人」にならないために「参照モデル」を見直そう

投稿日:2023/11/21


習慣が続かないとき、無意識のうちに設定している基準が高すぎる場合があります。

あなたのその基準が、何を参照してつくられたのか。
それを見直すだけで、習慣化がうまくいくことがあります。




 

「習慣が続かない」という人たちのトラップ

習慣化に苦しむ人たちに、共通するトラップがあります。

それは、
・「参照モデル」の基準が高すぎる
ということです。

このトラップにはまってしまうと、大変なんです。
なぜなら、その人が持つ実力の何倍も高い基準で、習慣化に取り組むことになるからです。

こうなると、習慣化は強敵です。
いくら背伸びをしても、まったく追い抜けない相手みたいなものです。

そんな強敵に、日々勝ち続けられるほど、私たちはタフではありません……。
結果、挫折してしまうわけです。

私の例で説明しますね。

私の早起きの基準が高すぎて、失敗し続けていた例があります。

私は、「早起きを習慣化すること」について、
・1年365日毎日
・自分が決めた時間にピタッと目覚める
を、「早起きを習慣化すること」だと考えていました。

たとえば、私が「明日から早起き習慣化に挑もう!」と決めたとします。
それで、早起きの時間を、5時起きに設定したとします。

翌朝、目覚めたら、時計が5時5分を指していた。
すると、私の中では「また、早起き習慣化に失敗した……。5分も寝坊してしまった。」という感覚だったんです。

5分くらいから、1日の中でいくらでもリカバリーできますよね。
それなのに「今日もまた失敗した」と。
本気でそう思っていたんです。

なぜなら、私の基準は、前述の通り、
・1年365日毎日
・自分が決めた時間にピタッと目覚める
だからです。

これ、めちゃめちゃハードルが高いですよね。

このルールでしか早起きが認められないとしたら、世の中の95%の人は「早起きを習慣化していない」となってしまいそうな感じです。

さて、あなたの習慣化がうまくいかないとき、私と同じようなトラップにはまっていないでしょうか。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール





「参照モデル」というトラップ

では、このトラップを抜け出すためには、どうすればいいのでしょうか。

ここで注目したいのは、
・参照モデル
です。

参照モデルとは、
・その人の基準をつくる土台となったもの
です。

たとえば、誰の基準を参照したのかによって、私たちの基準も変わります。

「ブログを習慣化する」という行動について、
・毎日2000文字で1記事を書く
という基準を持つ人もいれば、
・1週間に500文字で1記事を書く
という基準を持つ人もいます。

なぜ基準が違うのか。
それは、その人が普段読んでいるブログに影響されているんです。

つまり、その人が参照しているブログがどんなレベルなのか。
それによって「ブログとはこういうもの」という基準がつくられます。

この基準が高いと、習慣化のハードルが上がってしまうというわけです。

そもそも、日本の法律で「6時より前に起きた場合に限り、早起きと認める」と定められているわけではありません。
学校で「6時より前に起きたら、早起きできたと言っていいですよ」と教えてもらったわけでもないんです。

仮に朝の5時が同じだとしても、豊洲市場で早朝から働く方なら、5時は遅刻です。
一方、夜勤の人にしてみれば、5時はまだ働いている時間かもしれません。

それなのに、私は勝手に
・5時=早起き
という基準を設定していたんです。

では、なぜそんな基準ができ上がってしまったのでしょうか。

理由があります。
それは、当時読んでいた「早起き本」です。

早起きしたくて、早起き習慣化に関する本を何冊も読んでいました。
そのため「5時ぐらいに起きないと、早起きとは言えないような気がするな」と、思い込んでしまったんです。

いつの間にか。
無意識のうちに。

やがて、私の早起きの参照モデルをつくってしまったんです。

そもそも早起が全然できてない人が「毎日5時に起きなければ早起きじゃない」と思うこと自体、だいぶハードルが高いですよね。(笑)

今から考えると、その無謀さがわかります。
ただ、当時の私には気づきません。

レベル1の私が、レベル30くらいの「早起きボス」に立ち向かっていたわけです。
それは、返り討ちにあいますよね……。

では、参照モデルのトラップを抜け出すためには、どうすればいいのでしょうか。

 

■スポンサーリンク




参照モデルのトラップを抜け出す方法

私は、自分なりの「早起きの定義」を設定しました。
それによって、私自身のルールをつくったんですね。

それは、
・1年365日毎日
・自分が決めた時間にピタッと目覚める
という厳しいルールではありませんでした。

私が最初につくった早起きの定義は、
・1週間に4回以上
・5時45分から6時15分の間に目覚める
・それを3週間続けることができれば「早起きができた」ことにする
だったんです。

とても具体的で、現実的なルールでした。
そのため、なんとかその基準をクリアすることができたんです。

それが、私が早起きの最初の成功体験。
参照モデルのトラップから抜け出すための第1歩だったんです。

興味深いことに、私が取り組んだ早起きの行動は、定義を決める前とほとんど同じでした。
それなのに、高すぎる基準のせいで「自分は早起きができない」と思い込むようになっていたわけです。

そうなると、苦しいですよね。

ですから、あなたも「習慣化できない」と苦しんでいるときは、頭の中にある無意識の基準を再確認してみましょう。

私のおすすめは、あなたが目指している習慣について、
「完璧にはできなくても、目標に近づけることがあるんじゃないか」
という構文に当てはめることです。

たとえば、
「理想の早起きができなくても、昨日より15分早く目覚めることはできるんじゃないか」
「フルマラソンを完走することはできなくても、20分の朝散歩はできるんじゃないか」
「モデルルームのように片づけることはできなくても、いらないモノを1つ捨てることはできるんじゃないか」
「本を毎日1冊読むことはできなくても、1日6ページだけ読み進めることはできるんじゃないか」
「ブログ1記事を2000文字で書くことができなくても、500文字を書くことはできるんじゃないか」
と考えてみるのです。

そのようにして、あなたが自分の基準を調整すること。
それを許可できないと、誰かがつくった参照モデルに囚われて、あなたが苦しむことになってしまいますので。

ぜひ、注意しましょう。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール


 

■スポンサーリンク




 

■編集後記

昨日は、朝5時の『習慣化オンラインサロン』朝活からスタート。
朝4時40分起きで参加しました。

朝活に入る時間が1時間違うだけで、1日の濃度がとっても変わりますね。(^^)


 


 

【メルマガを発行しています】

テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

あなたがひとりで複数のビジネスをおこない、ご自身の人生を充実させていくノウハウにご興味があれば、ぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く習慣」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!



「複業で自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

 


 

■スポンサーリンク

-良習慣の習慣

執筆者:

関連記事

ひとりでやっても続かないなら、「何をやるか」ではなく「誰とやるか」から考えてみよう。

ひとりだと続かない人でも、誰かと一緒にやることで続けられることは多いものです。 そのようなタイプの人は、やる「こと」よりも、やる「人」を選びましょう。   スポンサーリンク   「 …

「ゼロ秒思考」の威力を体感しよう!簡単、無料、すぐできる!効果絶大な「書く」習慣

■シークレットセミナーに参加 昨年12月に発売され、早くも5万部を突破した話題作「ゼロ秒思考」。 幸運にも、著者の赤羽雄二さんによるシークレットセミナーに参加する機会をいただきました! 【今日のお勧め …

「早起き」部、発足から1ヶ月!そして「日本一」の目標をつくる!

■自分発のコミュニティを立ち上げて1ヶ月が経ちました! 仲間うちの勉強会をきっかけに創設された「早起き」部がスタートして、早くも1ヶ月が経ちました。 対外的な告知は行わなかった非公開のグループながら、 …

オリジナル個人名刺が3ヶ月で100枚無くなり、名刺改変について考えたこと

■オリジナル個人名刺が無くなる 11月に大幅改訂した個人名刺が無くなりそうです。 およそ3ヶ月で100枚が無くなっている計算。 それだけ新しい人たちと出逢う機会を創設できているのは良いことだと考えてい …

no image

「共通言語の共有化」の大切さ

■先日、社内の同じ部署の3名で終業後に会議を行いました。 会議といってもタイムカードを押して、社外に出たプライベートの状態です。 社内の有志で、ざっくばらんかつ真面目に会社のことを考える会議と位置付け …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。