【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

書く習慣

以前の習慣を復活させる。ゼロ秒思考を生み出す「A4メモ書きの習慣」に再トライ

投稿日:2021/10/10

Pocket

以前に定着させた習慣は、復活させやすいものです。

あなたの状況に応じて、習慣を復活させるアプローチも試してみましょう。




 

「A4メモ書きの習慣」を復活させる

今月に入って、A4用紙へのメモ書き習慣を再開しています。

その威力を感じている最中です。

「A4メモ書きの習慣」とは、どのようなものか。

赤羽雄二さん考案の「ゼロ秒思考」メソッドです。

習慣をスタートするきっかけは、先月の赤羽雄二さんの読書会にサブファシリテーターとして参加したことです。

参加者の方の質問に対して、即答。

そのスピード感に感嘆しました。

私もご質問を受けることがあるので、赤羽さんのレベルが高いことがわかります。

以前も赤羽さんのセミナーを受けて「すごいな」と思っていました。

今回、当時の感覚がよみがえってきたのです。

また、読書会のファシリテーターとしてやりとりしている方が、レスポンスが速いのですね。

興味を持って聞いてみると、やはりメモ書きの習慣をやっているということでした。

その方は、赤羽雄二さんのオンラインサロンに入っているとのこと。

でも、以前は考えすぎて仕事が遅いことに悩んでいるということだったのです。

その変化を聞いたとき、私もまたメモ書きの習慣を再トライしてみようと思ったのです。

このようにほかの人の変化を体感すると、習慣化してみようという気になるものです。

人は「見て、聞いて、感じること」が、やはりインパクトがあるのです。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール





「A4メモ書きの習慣」はスピードジャーナリングである

「A4メモ書きの習慣」は、詳しくは「ゼロ秒思考」という本をお読みいただくのがいいのですが、方法はシンプルです。

使用するツールのは、

・A4用紙(裏紙でOK)

・ペン

これだけです。

やり方は、

・A4用紙(横書き)の左上にタイトルを書く

・右上に日づけを書く

・素直に、躊躇せずに、1分以内にタイトルに対するメモを書く

です。

とてもシンプルですよね。

ポイントは、

・とにかく1枚を1分以内に書き上げる

・本文は4~6行程度

・1文ははできるだけ具体的に(20〜30字を目安に)

・毎日10ページを目標にする

ということです。

私が再トライして感じているのは、

・スピードジャーナリング

ということですね。

実はこの「ゼロ秒思考」のメモ書きの習慣。

以前も取り組んでいました(ブログの履歴を見ると2014年に記事を書いています)。

当時、1ヵ月間をトライして、習慣化できたと記憶しています。

ただ、当時は「これで行動習慣としてクリアした」として、ほかの習慣化に移ったのです。

効果を感じていなかったわけではありません。

でも、ほかに取り組みたい習慣があったのでしょう。

ですから、「A4メモ書きの習慣」そのものに悪い印象があったわけではありません。

いま試したところ「これはいいな」と感じたので再トライしているのです。

一度習慣化したものは、すぐに取り戻せるのが習慣化のいいところなのですよね。

 

■スポンサーリンク




新しい習慣だけでなく以前の習慣にも意識を向けよう

注意点は、じっくりふり返る「内省」とは、分けてとり組んだほうがいいでしょう。

1枚につき1分ですので、迷ってる暇はないのです。

じっく取りくむ内省とはモードが異なる感じです。

これも、続けてみると違った感覚が出てくるかもしれませんので、続けてみようと考えています。

ただ、「A4メモ書きの習慣」やっている感じですが、今のところとても気づきや発見がありました。

メモがあふれてくるのです。

そのため、再び挑戦しているわけです。

以前の私のレベルでは、「A4メモ書きの習慣」のような良習慣であっても本質をわかっていなかったということでしょう。

現時点であらためてトライしてみると、今の私にとてもマッチしている習慣だということが実感できます。

そこまで腑に落ちると、習慣化も定着しやすいのです。

おそらく今は、当時のブログ以外にもメルマガやセミナーなどでアウトプットの機会が増えていることも大きな理由だと考えています。

私たちは常に新しいものに目を向けがちです。

でも、一度手放した習慣も、タイミングや状況が変わればまたフィットする場合があるのです。

あなたを取り巻く状況を見たときに、新しい習慣ではなく以前の習慣を復活させるというアイデアも考えてみましょう。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール


 

■スポンサーリンク




 

■編集後記

昨日は、朝8時から「習慣化オンラインサロン」定例ミーティングに参加。

9時からブログ部の部会。

10時からブログ部第2部の集中執筆タイム。

その後はワクチン接種のあとだったので、無理せずゆっくりすごしました。(^^)


 


 

【メルマガを発行しています】

テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

あなたがひとりで複数のビジネスをおこない、ご自身の人生を充実させていくノウハウにご興味があれば、ぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く習慣」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!



「複業で自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

 


 

■スポンサーリンク

-書く習慣

執筆者:

関連記事

夢実現や願望成就をビジュアル化。ビジュアルマップのつくり方。

「やりたいことが見つかる」3日間集中セミナーで、久しぶりにビジュアルマップをつくりました。 やりたいことが見つかる習慣 | 習慣化コンサルティング 東京 港区 「ビジュアルマップ」とは、目標や願望を1 …

「本当の自分」を知るためのアプローチ。感情日記は自己分析・自己対話の材料におすすめ。

感情日記をつける習慣。 ・・・実は最初は少々懐疑的にスタートしていました。 日記というのは行動を記録したり、事実を起点に内省をするイメージだったからです。 しかし、今のところ途切れずに続けられています …

なぜ「ふり返り」は敬遠されるのか?それでもふり返りの習慣をおすすめる2つの理由

定期的な「ふり返りの習慣」を継続するのは意外と難しいもの。 それでも「ふり返りの習慣」をおすすめしたい2つの理由があります。   目次1 「ふり返りの習慣」の難しさはどこにあるのか?2 「継 …

「モーニング・ページ」の習慣。5つのメリットと3つのデメリット

「モーニング・ページ」という新しい習慣を試して2週間ほど経過しました。 体験してみたメリットとデメリットをまとめました。   目次1 「モーニング・ページ」とは?2 「モーニング・ページ」の …

感情を書き出す習慣があなたを人生の達人にする

つい、ないがしろにしてしまう自分の感情。 向き合う習慣を身につけましょう。   目次1 「エモーショナルジャーナル」とは?2 「エモーショナルジャーナル」の4ステップ3 自分の感情に向き合う …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。