書く習慣

日記の習慣に挫折したときは「1週間日記」からスタートしてみよう

投稿日:


毎日の行動記録や感じたことを日記に書く習慣は、おすすめです。

ただ、日記は日々の素材がないとつまらない日記になってしまいます。

そのようなときは「1週間日記」からスタートしてみましょう。




 

「日記の習慣が続かない」というお悩み

「日々の記録やふり返りをする習慣を身につけたいと思ってます。

でも、毎日書くことがないんです……。

どうしたらいいでしょうか?」

先日、コーチングセッションで持ち込まれたテーマです。

以前、私も同じ悩みを持ったことがあります。

10年くらい前でしょうか。

習慣化に興味をもった頃、ビジネス書で

「日記を書く習慣をつけましょう」

というフレーズを目にしていたからです。

「成功している人たちは、日記を書いている」

そんな記述もあったように記憶しています。

私は「そうか、成功するためには日記が大事なんだな」と素直に受けとったわけです。

さっそく、取り組みました。

ただ、当然のように続きませんでした(笑)。

新しいノートを買いました。

書きやすいペンも買いました。

5年日記も買いました。

日記の本も読みました。

手帳術のセミナーにも参加しました。

日記を続けるFacebookグループにも参加したのです。

結果、続きませんでした。

ノートや日記帳を開いても、書けないのです。

なぜでしょうか。

当時の私には、続かない理由がわかりませんでした。

もちろん、まったくのゼロということはありません。

表面的に書くことはできました。

フィーリングで何となく文字を書き連ねたのです。

ただ、そんな日記では意義を見出せませんよね。

形式的に日記を書く。

会社の日報のように。

感情なしです。

私にとっては、けっこう無意味です。

だから、続かないのです。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール





「日記筋」を鍛えよう

毎日の日記をつけることができない。

そのようなときは、

・日記の筋トレが足りてないだけ

です。

日記も筋トレと同じです。

書き続けないと「日記筋」が強くならないのです。

ですから、筋トレのように、まずは自分ができる範囲の筋トレからスタートしましょう。

そもそも、

・日記

という言葉。

じつはパワフルです。

「毎日書くこと」が、前提になっているからです。

辞書にも、それに近い記述があります。

ほかの習慣は、「日」という時はありません。

ブログなら、毎日ブログ。

片づけなら「1日1捨」。

毎日やるなら、「日」をつけなければなりませんよね。

それなのに、日記は最初から「日」が入っています。

言葉の時点で、ハードル高めの習慣なのです。

ですから、少しずつ負荷をかけていきましょう。

まさにベビーステップですね。

日記を小さく取り組むのは、

・3行ポジティブ日記

・4行日記

・1分間日記

など、いろいろとあります。

ただ、私はこれらも続けられませんでした。

「日記筋」が貧弱すぎたのです(笑)。

今なら以前よりは「日記筋」があるので10年日記を書けていますけれど。

コーチングのご相談者の方も、「日記筋が弱いと思います」とのことだったのです。

私がおすすめしたのは、

・1週間の日記

です。

日記を毎日書くことができなくても、1週間に1度なら書けるはずです。

そもそも、私が日記が書けなかったのは、「日記に書くようなできごとが、毎日なかった」という日常をすごしていたからです。

日記を書くための素材がなかったのです。

会社と自宅を往復するだけの人生だったので。

料理をしたいのに、食材がないような状態ですからひどいです。

感性も鈍かったです。

日記を書くためのアンテナも弱いので、何もキャッチできません。

「カモがネギをしょってくる」くらいのいい素材がやってきているのに、華麗にスルーしてしまっていました。

ですから、日記帳を開いても「さて、何を書こうか……。」となってしまい、時間だけがすぎていったのです。

日記を書くための素材がないのに、日記を習慣化しようとする。

難易度が高いですよね。

 

■スポンサーリンク




「1週間日記」をつけてみよう

仮に、すてきな文章で日記帳をうめられたとしましょう。

でも、それはスカスカな日記です。

筋肉がない身体のように。

イメージは、英語が話せるのに、会話の内容がめちゃめちゃ薄い人みたいな感じですね。

英語が流暢なので、まわりの人は一瞬「この人、何かすごそう!」と思います。

でも、会話の内容をよく聞いてみると、自分を持っていない。

自己紹介がスカスカでつまらない人みたいな感じでしょうか。

以前、私が日記の習慣に挫折したときは、まさにこの状態だったのです。

ただ、日記の時間の幅を、1日から1週間に伸ばしてみる。

すると、楽になります。

1週間に一度くらいは、何かしらできごとが起きているものです。

当日に日記を書くと、熱量があります。

1週間の日記だと、熱量は下がっています。

一方で、怒りやトラブルのようなことも、週末に思い出してみると、冷静にふり返ることができます。

書くことで、心の整理にもなります。

私は、「ひとり戦略会議」に毎週取り組むようになってから、日記に書ける素材がいろいろとたまってきたのです。

それでも、どうしても書けないという方には、おすすめの方法があります。

それは、

「今週もっとも○○だったこと」

を考えてみるということです。

具体的には、

・今週もっとも笑ったことは?

・今週もっともイライラしたことは?

・今週もっとも楽しかった時間は?

・今週もっとも面白かった本は?

・今週もっともきれいな景色は?

・今週もっともおいしかった食事は?

・今週もっとも感動した瞬間は?

といった質問に答えてみるといいですね。

1日にこれらの感情をすべて味わうのは困難です。

ただ、1週間に広げてみると、いろいろとあることに気づくはずです。

これなら、日記の素材になりますよね。

ぜひ、日記の習慣が苦手な方は、1週間の日記からつけてみましょう。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール


 

■スポンサーリンク




 

■編集後記

昨日は、朝6時から「習慣化オンラインサロン」朝活のファシリテーションからスタート。

7時から「習慣化オンラインサロン」スタッフのミーティング。

10時から12時40分まで「良習慣塾」向けのセミナーを開催。

夕食は、お祝いごとがあり、家族で焼肉へ。

その後、妻と日本酒BARへ。

私にとって、日本酒の概念が変わる体験でした。(^^)


 


 

【メルマガを発行しています】

テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

あなたがひとりで複数のビジネスをおこない、ご自身の人生を充実させていくノウハウにご興味があれば、ぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く習慣」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!



「複業で自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

 


 

■スポンサーリンク

-書く習慣

執筆者:

関連記事

伸びる人と伸び悩む人の差を分けるものは何?「仮説と検証」を繰り返す習慣を持とう!

上期が終わったこともあり、会社で下期に向けた面談がありました。 私は無事に予算をクリアしたので雑談で終わったのですが(笑)、入社時期が1年しか違わない後輩は、上司にかなりしぼられた状態で会議室から出て …

やることが多すぎて整理できない人へ。アクションを整理するための4ステップ。

「やることが多すぎて、何から手をつければいいのかわからず混乱してます・・・」という人はいますでしょうか? そのような場合は、下記にご紹介するシンプルな4つのステップでアクションリストを整理してみましょ …

不安やモヤモヤの心を5分で落ち着かせる方法

ふとした瞬間に心に不安やモヤモヤを抱えることはないでしょうか。 先日、私自身が不安やモヤモヤになりましたが、たった5分間で心がかなり落ち着いたのですね。 その方法をご紹介いたします。   「 …

「リアルタイムレポート」スキルを鍛えて記事の執筆時間をゼロにする

あなたは、会議の議事録や商談のログを書くのに「時間がかかって困る……」ということはないでしょうか。 そのようなときは「リアルタイムレポート」のスキル(と私が呼んでいます)を鍛えていきましょう。 &nb …

「次にやること」を考え続けるための日記を書く習慣

面倒くさがりな自分を動かし続けるためには、いったいどうすればいいのでしょうか。 おすすめは、 ・TWTで日記を書く習慣 です。   10年日記で「YWT」を書き続ける 10年日記に書くフォー …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。