【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

天職の習慣

あなたの才能は「時間」で計測することができる

投稿日:

Pocket

「あなたの才能は、時間という基準で測ることができます」

そう言われたら、あなたはどう感じるでしょうか。




 

才能は「時間」で測ることができる

才能と時間。

一見、あまり近い感じはしません。

でも、こう考えたらどうでしょうか。

「自分は、ほかの人よりも短い時間でできることがある」

それができる能力を、才能というのだと。

たとえば、私が3時間かかる仕事を、1時間でできてしまう人がいます。

その人は、私よりもその仕事に対する才能があるといえますよね。

1つの仕事に3時間かかっている私よりも、生産性が3倍なのですから。

私とその人とは、3倍の差がついてしまいます。

しかも1回だけでなく、やればやるほど差がついてしまうわけです。

これはしんどいですね。

しかも才能がある人は、そこであまった2時間を、ほかの仕事に使うこともできます。

すると、さらに差がついてしまうのです。

時間を経ていくと、この積み重ねが「才能の差によって、成果に差がついた」という事実となるわけです。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール





才能があると時間を短縮できる

才能と時間の差は、スポーツで考えるとわかりやすいです。

私が、新入部員として、陸上部に入ったとします。

種目は長距離走を選びました。

私は、長距離走を走る才能はありません(残念ながら)。

マラソンチームで走ると、最終集団にいるからです。

努力や根性で、多少は長い距離を走れるようになったり、本で読んだ走り方をすることでスピードが少しだけ向上したこともあります。

ただ、トレーニングをちょっとでもサボると、すぐに元に戻ります。

才能がないので、リバウンドも早いわけです。

一方、走る才能がある人はどうでしょうか。

私が10キロで75分かかる距離を、45分で走る友人たちがいます。

私にとっては「すごいな……」と感じるスピード。

そんなときに「才能がないな」と感じます。

そして「まあ、あの人と自分は違うから」と言い訳をします。

あきらめてしまうのです。

もちろん、自分が努力しないことを「才能がない」という言い訳でごまかしてはいけませんよね。

ただ、本当にいるのです。

私とはまるっきり異なる次元のスピードで走る人たちが。

私がフルマラソンで5時間かかるところを、4時間で走る人たちがいます。

1時間も差があります。

その意味では、その人とは私には、

・フルマラソン1時間分の才能の差がある

ともいえるわけです。

フルマラソンを4時間で走れる人は、ゴールしてから食事をして、ゆっくり温泉に入っているかもしれません。

でも、私はまだレースを走っているわけです。

その才能の差は、大きいです。

実際、フルマラソンの勝者は、41.195キロをもっとも短時間で走った人です。

その人は、誰よりも速く長距離を走る才能があるから、チャンピオンになっているわけです(条件やコンディションの違いがあるにせよ、それも含めて)。

才能を時間で計測できています。

もちろん、これはフルマラソンだけでなく、100メートル走でも同じですよね。

これで、「才能があれば、時間を短縮できる」という構造が伝わったでしょうか。

 

■スポンサーリンク




短時間で大量のアウトプットを出せる才能

時間で差がつくと、何が問題なのでしょうか。

童話『ウサギとカメ』も、最終的にはどちらもゴールしているんだからいいじゃないか、という見方もできます。

ただ、

・時間で差がつくのは、アウトプットの量

です。

才能があると、時間が短縮できるので、アウトプットの量が増えます。

ですから、総じて「当たり」が出る確率が高まります。

なぜなら、私たちは「ついやってしまう」ことに才能があるからです。

あるいは、「気づくとやっていた」とか。

「ふと気づいたら、そのこと考えてた」もありますね。

苦労して終えたとき「もうやらない」と思っているのに、しばらくすると「次はどうしようかな?」と考えていることなんかもそうです。

こういったことに才能が隠れているのです。

でも、そんな風に自然にやってしまっているので、才能に気づかないのです。

そうなれば、当然アウトプット量が増えますよね。

ブログの習慣を例にしてみましょう。

才能がない人は、努力して、歯を食いしばって、3時間かけてブログ1記事を書きます(あくまでたとえです・笑)。

でも、記事がおもしろくないのです。

一方、才能がある人は、サラッと1時間でブログを1記事を書きます。

それなのに、視点や切り口が新しくて、おもしろいのです。

しかも、1時間で1記事書けたら、3時間で3記事を書くことができます。

1日1時間かけていけば、3時間で3日分のブログを書けます。

すると、1記事に3時間かかる人より、3分の1の労力で継続できるのです。

ほかの人から見ると「あの人はストイックだよね」と言われます。

でも、本人は「書くと決めているから」と言ったりします。

アウトプットの量を減らしません。

その総量から、興味深い記事がまた生まれるのですね。

それが才能なのです。

ピカソも多作。

モーツァルトも多作。

だから傑作が生まれる確率が高まります。

短時間でたくさん片づけられる。

短時間で多読ができる。

それも同じです。

つまり、私たちが才能を発見するためには、時間を味方につけて、たくさんの量をアウトプットすることが大事なのです。

投下している時間が短くなっていけば、それは才能が発火している表れです。

ほかの人より短い時間で、あなたのアウトプット量を増えるということですから。

そんな視点から、あなたのアウトプットを考えてみましょう。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール


 

■スポンサーリンク




 

■編集後記

昨日は、お盆の雰囲気とはまったく関係なく、なかなかハードな日中でした。

夜は早めに会社を出て、家族とガストで夕食。

その後、ひとりで『ビジネスブックBAR』の準備でした。

いいアイデアを思いつき、没頭していました。(^^)


 


 

【メルマガを発行しています】

テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

あなたがひとりで複数のビジネスをおこない、ご自身の人生を充実させていくノウハウにご興味があれば、ぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く習慣」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!



「複業で自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

 


 

■スポンサーリンク

-天職の習慣

執筆者:

関連記事

「これだ!」という仕事を見つけるために。仮説:好きでもない仕事でビジネスがうまくほど、世の中は甘くない

・好きなことを仕事にすればうまくいく ・好きなことは仕事にしてはいけない ・好きなことは仕事にしないほうがいい さまざまな意見がありますが、私は「好きなことを仕事にすればうまくいく」という意見を支持し …

あなたの才能に気づくヒントは日常の中にある

あなたの才能は何でしょうか。 自分が持っている才能に気づくヒントは、日常の中にあります。   目次1 「才能」とは「鼻」のようなものである2 「才能」とは「状態」のことである3 「才能」とは …

なぜ「やりたいことを仕事にしてはいけない」という思い込みができるのか?自分が知らない思い込みの罠。

この数年、「やりたいこと」や天職の相談にのる機会が多いです。 そこで感じるのは、なかなか「自分に許可」を出せない人がいること。 (もちろん、私自身も迷いの中にいます) そのブレーキはどのようなところか …

YouTubeを見ながら自分のやりたいことを発見する方法

「やりたいこと」「好きなこと」はどこからでも見つかります。 ふだんは誘惑の強敵YouTubeでも、意図を持って活用すれば味方になってくれます。   目次1 とてつもない時間泥棒に遭遇2 没頭 …

世界一の情熱発見ツール「パッションテスト」であなたの情熱を発見する方法

「世界一の情熱発見ツール」と言われる「パッションテスト」という診断ツールがあります。 本記事で「パッションテスト」のやり方をご紹介いたします。   目次1 幸せな成功者の共痛点とは?2 「パ …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。