【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

質問の習慣

「100歳のとき何をしていますか?」を考えるとあなたの「Being」が浮かび上がる。

投稿日:2017/04/03

Pocket

先日受けたコーチングセッションで、興味深い質問を受け、その後におもしろいワークをおこないました。

その質問とワークは、私の「ありたい姿」をイメージさせてくれるものだったのです。

 

スポンサーリンク


 

「Being」と「Doing」のバランスが重要

私がマイコーチから教えていただいたことですが、「うまくいっている人は、ミッションと行動のバランスがとれている」そうです。

ミッションとは、「使命」と訳されるように、本質は「命の使いみち」ということです。

その人の存在意義にも近いですよね。

行動とは、その人がとっている行動です。

「何を言っている人か?」ではなく、「何をしている人か?」ということです。

この2つは、言いかえると、いわゆる「Being」と「Doing」にも近いものです。

「Being」とは、「どうありたいのか?」ということであり、「Doing」とは「何をするのか?」ということですね。

この2つのバランスが重要なのだということです。

 

まず「Being」を考え、次に「Doing」を決める

順番として大事なのは、まず「Being」ありきで、そのあとに「Doing」を決めるということです。

たとえば、「海外でフルマラソンを走るような健康的な自分でありたい」という「Being」があるとします。

そうなれば、

・旅費を貯める
・海外旅行を手配する
・レースの申込みをする
・ランニングを習慣化する

といった「Doing」が決まります。

これは、「海外でフルマラソンを走るくらい健康である」という「Being」がなければ、そもそも「Doing」のタスクが生じないものです。

「Being」があってこそ、「Doing」をおこなう意味がありますし、そのように逆算してからアクションを決めることで「ゴールに近づいている」感覚を味わえるのですね。

反対に、「Doing」だけを積み重ねている人も多いのですが、それだと「労多くして功少なし」という状態になりがちです。

また、「海外も、マラソンも、健康にも興味はありません」という人がいたら、ほかの人から誘われた「Doing」には興味もわかないでしょう。

その理由は、「Beingを持っていないから」なのですね。

 

「自分が100歳のとき、どのような状態か?」をイメージしてみる

では、あなたのミッションや「Being」はどのように設定すれば良いのでしょうか?

・・・それがわかれば誰も苦労しないわけで、なかなか難しいのですよね。(笑)

設定するための1つのヒントは、質問をすることです。

たとえば、「あなたが100歳のとき、どのような生活をしていますか?」という質問です。

・住んでいる場所はどこ?
・どんな家に住んでいる?
・貯金はどれくらいある?
・収入源は何?
・仕事をしている?
・家族は誰が一緒にいる?
・友人は何人くらいいる?
・趣味は何ですか?

といった感じで、「100歳になっている自分」をイメージしてみるのです。

なかなか考えないことだと思いますが、ぜひやってみましょう。

じつは私も、先日のセッションでこのワークをおこないました。(笑)

「自分がおじいさんになったら、こんな生活をしていたい」という感じで、自分の未来に思いをはせるのは興味深い体験でした。

私は、「孫とマラソン大会に出る」というイメージが湧いてきたのです。

それが「Being」になれば、100歳になっても健康でいることが必須条件になりますよね。

まさに、「Being」が、「いつまでも若々しく、健康でいること」になるわけです。

そのような意味で、ここでイメージしたことは、じつにパワフルな「Being」ですよね。

人生の目標にもつながるでしょう。

そのように、何十年も先の100歳になった自分をイメージすることによって、自分が進みたい方向性が見えてくるのです。

書籍「ライフ・シフト」にあるように、「人生100年時代」は夢物語ではありません。

あなたの「Being」発見にお役に立てたらうれしいです。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、娘の保育園時代の家族同士でお花見。

3〜4分咲きでしたが、楽しむことができました。

小学校で離れてしまった友だちとも久しぶりに会えて、娘は走りまくっていました。(笑)

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-質問の習慣

執筆者:

関連記事

To Doリストを手放して8つの時間軸から「感情の優先順位」を考える

「To Doリスト」で考えていると「思考の優先順位」となってしまい実行されません。 それよりも未来から逆算した「感情の優先順位」を考えていきましょう。   目次1 うまくいかない「To Do …

幸せに生きるためのシンプルな良習慣。毎日ポジティブな質問を自分に投げかけよう!

物事のどのような部分に焦点を当てるのか。 そして、物事のどのような部分に空白をつくるのか。 その原則を日常で活かすために、もっとも有効な方法が「質問」です。   スポンサーリンク &nbsp …

あなたが「成功するための7つのチェックポイント」とは?

「目標を達成できるとき」と「目標を達成できないとき」。 その2つを分けるものに「成功するための7つのチェックポイント」があります。   目次1 4年前の目標達成に存在していた「成功するための …

逆算思考が「選択肢の正解」をつくる。望む未来に近づくか、望まない未来に近づくか。

自分の理想に近い状態の未来。 一方の自分が「そんなのは嫌だ」という未来。 「今日、どんな行動をしたいのか?」という選択の連続によって、どちらの未来にも近づくもの。 嫌な未来を避けるためには、どのような …

なかなか行動を始められない裏側の理由。始める前に「ゼロベース思考」で判断すればいいと知っておく。

「なかなか続けられない」というお悩みと同じくらい聞くのが、「なかなか始められない」というお悩みです。 両方のお悩みについて考えてみました。   目次1 なぜ私たちは「やるやる詐欺」におちいっ …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。