【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

名言・格言を持つ習慣

「2019年」というあなたのキャンバスに描くアーティストは誰ですか?

投稿日:2019/01/01

Pocket

“過去にどんな汚点があっても、未来にはシミひとつない”

プロコーチの谷口貴彦さんの名言です。

この名言のように、1年を考えていきたいと考えています。

 

スポンサーリンク


 

1年は「真っ白なキャンバス」のようなもの

1年のはじまりを体感するときに、いつも思うことがあります。

それは、私たちのこれからの1年は、真っ白なキャンバスのようなものだということです。

そう考えると、1年の過ごし方をもっと意識的に考えられるようになる気がするのです。

もしかすると、客観的に見たながめた時に、あなたのキャンバスにはネガティブなことが描かれているかもしれません。

今年も感じたのですが、お正月にテレビをみていると、犯罪のニュースやら事故のニュースやら、ネガティブな情報が嫌でも飛び込んでくるんですよね。。。

こういう情報にふれていると、「自分ひとりが何かをやっても無駄なのかもしれない」という考えになってしまうような気がします。

CMで流れてきた商品を買い、ネットサーフィンの情報を目にして、楽しみにしていたわけでもないテレビを観る、といったような流される時間になっていくからです。

 

最高の1年になるイメージを描く

しかし、私たちには、それらを「変える力」があるのだと思っています。

「自分の1年」というキャンバスには、私たちが好きなように絵を描くことができるはずなんですよね。

自分の「変えていく力」をもっと信じましょう。

そうして、最高の1年になるイメージを描きましょう。

そのためには、私たちは管理できる対象をもう一度はっきりさせることが大事になってくると思っています。

私たちは、時間を管理することはできません。

私たちが管理できるのは、私たち自身の行動だけなんですね。

それを踏まえて、理想の1年のビジョンを描きましょう。

そうして、実際にその1年を生きると決めましょう。

そうすると決めておかないと、すぐに私たちの1年はすぎさり、流された1年になってしまう可能性が高くなってしまいます。

そうなるのは、嫌ですよね・・・?(^_^;)

 

あなたの1年を描くアーティストは誰ですか?

そこで、私が毎朝目を通している名言をお年玉代わりに(?)お送りしますね。

それは、

“自分の考えたとおりに生きなければならない。

そうでないと、自分が生きたように考えてしまう”

という名言です。

いかがでしょうか。

私は、30代後半でこの言葉に出会った時に、ハッとしたんです。

この、

“自分の考えたとおりに生きなければならない。

そうでないと、自分が生きたように考えてしまう”

という言葉を見て、40年近く、「自分が生きたように考えて」いたことに気づいたので。。。

それと、もう1つ。

それは、

“やれる可能性があるやつが努力しないのを見ると

胸倉つかんで「俺と変われ」と言いたくなる”

という言葉です。

これは、23歳で白血病で亡くなった方が生前に残した言葉だということです。

この言葉は、最近知ったのですが、まさに自分が胸ぐらをつかまれた気がしたんですよね。

私も、自分なりに必死で生きているつもりではありますが、

“やれる可能性があるやつが努力しないのを見ると

胸倉つかんで「俺と変われ」と言いたくなる”

と言われてしまうかもしれません。

そのときに、「いや、無理です」と言えるかどうか。

「そんな生き方ができているかな・・・?」と思わず自問自答してしまいました。

あなたは、どう答えるでしょうか?

さて、あなたの1年を描くアーティストは誰ですか?

周囲の誰かでしょうか?

それとも、あなたご自身でしょうか?

あなたが自分自身を描くアーティストなら、どんな1年を描きますか?(^_^)

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

2019年がスタートしましたね。(^_^)

本年もどうぞ宜しくお願いいたします!

昨日は、お正月気分を味わいながら、自宅で家族4人でのんびりと。

書く仕事は、あまりはかどらず・・・(^_^;)

――――――――――――――――

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

ひとりで複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

The following two tabs change content below.
良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

プロフェッショナルコーチ/ブロガー/メルマガ発行者/習慣化の達人/行動習慣ナビゲーター/「習慣化の学校」サポートコンサルタント/トライアスリート/100kmウルトラマラソンランナー/会社員など、複数の活動をしている複業家。1975年生まれ。茨城県出身、東京在住。良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。クライアントは良習慣の定着によって、独立起業、転職、複業家デビュー、電子書籍出版などを果たしている。さらに詳細なプロフィールはこちら

-名言・格言を持つ習慣

執筆者:

関連記事

自分の未知の領域に挑戦する勇気について少しだけ考えてみました。

目次1 いよいよウルトラマラソン2 言い訳したくなる気持=少しの後悔3 訪れたノーポチのタイミング4 とんでもないところに行くためには? いよいよウルトラマラソン いよいよ今日は柴又100kmウルトラ …

千代の富士関の名言に共感。自分の信念を持って続けるために意識すること。

私は、自分が好きな名言をEvernoteにストックする習慣を持っています。 先日、たまたま過去の名言ストックを見返していたら、響く名言がありました。 今日いい稽古をしたからって 明日強くなるわけじゃな …

自分自身をより良く変えるために。みずから変化の機会をつくり出そう。

「自分をより良く変化させたい!」 そのように考える人は多いでしょう。 もし、停滞感があるならば、変化の機会を自分でつくり出してみましょう。 スポンサーリンク 目次1 勇気を出して「旗を立てる」ことの大 …

「怒りは自分に盛る毒。」という名言を受けて。わたしにとって「怒り」とは何か?

目次1 やってしまいました・・・2 怒ることは自分の実力不足を露呈すること3 怒りによって現実を変えるのは限界がある4 「怒りは自分に盛る毒。」 やってしまいました・・・ 先日、感情的になってしまうこ …

早起き習慣化のメリットは遅効性。あえて即効性のあるメリットに注目してみるのもおすすめ。

早起き習慣化の成果を実感するまでには時間がかかります。 だからこそ、毎日早起きするする必要はありませんが、その効果を体感するためには継続することが欠かせません。   スポンサーリンク &nb …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)
・国際コーチ連盟(ICF)正会員

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。

さらに詳しいプロフィールはこちら