【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

名言の習慣

人は常にベストを尽くしている。過去の失敗を手放して、新しいチャレンジに向かおう。

投稿日:

Pocket

過去の失敗を思い出すと、新しいことにトライする気持が弱まるものです。

そのようなとき、「人は常にベストを尽くしている」という言葉を投げかけてみましょう。

 


■スポンサーリンク

 

「人は常にベストを尽くしている」という言葉

コーチングを実践していると、よく思い出す言葉があります。

それは心理学を学んでいる中で出会った言葉、

人は常にベストを尽くしている

です。

少し昔になりますが、私のルーキーコーチ時代の話をしますね。

スクール認定のプロコーチになり、クライアントさんをサポートする立場となりました。

私は、「クライアントさんの人生をより良いものにするために、一生懸命サポートしよう」と情熱を燃やしていました。

ただ、クライアントさんが実践する様子を見ながら、

「あれ、、、いつの間にかセッションで約束したことと違うことやってるな・・・」

とか、

「あれはやめましょうとアドバイスしたのに、忘れちゃったのかな・・・」

などと、困惑するときがありました。(^_^;)

そのような感じで、クライアントさんができていない部分に目が向いてしまい、「こうしたらいいのに」「ああすればいいのに」と、ついつい思ってしまっていたのです。

もちろんクライアントさんは、クライアントさんなりに、その時できるベストを尽くしています。

それに、「自分の人生をより良くしていこう」と思っていることは、間違いないことなのですよね。

そのようなとき、私は、

人は常にベストを尽くしている

という言葉を思い出していました。

クライアントさんは、クライアントさんなりのがんばり方で一生懸命やっている。

そのような受け止め方ができるようになってきたとき、プロコーチとしての存在感(プレゼンス)、つまり「あり方」がレベルアップしてきたように思います。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール


 

過去の失敗もベストを尽くしているはず

この

人は常にベストを尽くしている

という言葉。

実は、ほかの人だけに向けた言葉ではありません。

私自身にもあてはまるのです。

コーチングをしていると、複雑な悩みを抱えて悩んでいるクライアントさんに向き合うことがあります。

それは、過去の体験に起因していることが多いのですね。

私たちは誰でも、過去に失敗したできごとが、イメージに残っているものです。

私もそうです。

たとえば、トライアスロンのレース。

スイムでリタイアしてしまった「日産カップ」は、どうも「もう一度出よう」という気になりません。(^_^;)

あの日の海の荒れ具合。

小雨の中、スイムリタイアした人たちでだまって着替えをしたテントの空気感。

そして、電車を待つ間に自然と流れてきた涙。

第31回 NISSAN CUP 神奈川トライアスロン大会でリタイア。敗戦から見えてくる「けいけんち」の大切さ。

初めて完走したレースの翌年にリタイアしたので、イメージダウンが半端ではないのですね。

それ以外にも、

・中学生の頃に、サッカー部の友人のちょっとしたひと言にカッとなって殴ってしまい、悔やんでいること

・高校生の頃、私が言った何気ないひと言が、相手を深く傷つけてしまって後悔していること

・大学を留年してしまい(汗)、両親に迷惑をかけてしまったこと

・社会人になって、トライアスロンチームに自分から呼びかけたレースに参加できなかったこと

などなど、後悔していることや悔やんでいることは、数え上げればキリがありません。

そのように手痛い失敗をしたときのイメージは感触として自分の心に残っており、「もう、あの痛みを味わいたくない」と思うわけです。

しかし、それでも、

人は常にベストを尽くしている

のですよね。

自ら進んで手を抜いて失敗してきたわけではありません。

 

今の自分自身もベストを尽くしている

もちろん、現時点から考えれば、

「最初のブログから継続しておけば良かった」

とか、

「コーチングを早く学んでおけば、今頃もっと上達しているはずなのに」

とか、

「柴又100kmウルトラマラソンで、もっと塩分補給をきっちりやっておけば熱中症にならずにすんだはず」

などと思うことはたくさんあるものです。

しかし、それらの一見、失敗に思えるような体験があるからこそ、気がつくことができたことも多いわけです。

過去のことですから、当然、今より経験値が少ない状態。

つまり、現在から見れば「未熟な自分」です。

それでも、当時の未熟な自分ができるだけのことは精いっぱいやっているはずですし、それしかできなかったのです。

ですから、過去の自分が失敗してしまったのは、ある意味で必然です。

そのときの自分の、「頭・心・体」「知識」「スキル」などを総結集しているはずなのですから、ベストを尽くした自分を責めるのではなく、認めてあげましょう。

手は抜いていないのですから。

そこで、もしも、あなたが過去の失敗のイメージに引きずられて苦しんでいるとしたら、ぜひ、

人は常にベストを尽くしている

という言葉をご自身に投げかけてみましょう。

もちろん、今のあなたもベストを尽くしています。

そして、今のあなたは、過去のあなたではありません。

過去のあなたより、経験値を積んだあなたはレベルアップしているのです。

チャレンジしたいことがあれば、ぜひ挑んでみていただきたいと思っています。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール

 

■編集後記

昨日は、早起きをして早朝のカフェで息子と一緒に「第2領域の時間」。

午後は家族でサイクリングしながら、公園でピクニックへ。

私はトライアスロンのロードバイクだったんですが(笑)。

天気が良くて、気持いい時間をすごすことができました。

夜は子どもたちに時間をもらって、妻と2人で気になっていたもつやき屋さんとバーへ初訪問。

2件とも当たりのお店でした。

バーのマスターのおすすめで、すごくおいしいスコッチウイスキーを教えてもらい、感動の時間となりました。

帰宅後、家族で「名探偵コナン」の映画を観ている間に・・・寝落ちしました(笑)。

 

【メルマガを発行しています】

テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

あなたがひとりで複数のビジネスをおこない、ご自身の人生を充実させていくノウハウにご興味があれば、ぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く習慣」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!



「複業で自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

-名言の習慣

執筆者:

関連記事

「成長する」という言葉について考えたこと

目次1 息子の成長に気づく2 今までと今日の違いは?3 今日は期待に応えてくれた4 「いまと自分だけ」の限界 息子の成長に気づく 今日、息子の成長に気づきました。 朝食を食べ終えた後、流しに置いた食器 …

no image

目標達成と自己投資のはざまで思うこと

■自己投資は、お金がかかりますよね。 わたしは、よく分かります(笑)。   あなたにも、何かやってみようと思いたったとき、だいたい「お金」か、「時間」か、もしくはどちらも重なってしまったため …

信念・自分軸・価値観。あなたが生きる上で大切にしている言葉は何ですか?

あなたは、信念を持っていますでしょうか? 「自分には軸になるような信念がない・・・」というかたに、信念のつくりかたをお伝えいたします。   スポンサーリンク   目次1 ゆるぎない …

人生は「誰に会うか」「誰に学ぶか」「誰に相談するか」で変わる

目次1 嶋津さんのセミナーで学ぶ2 チームの仲間がトライアスロンを完走3 経験者に学べば成果が出るのは早い4 人との出逢いが人生を変える 嶋津さんのセミナーで学ぶ 前日の嶋津さんのセミナーで、本日のブ …

自分の未知の領域に挑戦する勇気について少しだけ考えてみました。

目次1 いよいよウルトラマラソン2 言い訳したくなる気持=少しの後悔3 訪れたノーポチのタイミング4 とんでもないところに行くためには? いよいよウルトラマラソン いよいよ今日は柴又100kmウルトラ …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。