【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

モチベーション

自分でつくり出した「恐怖」の壁をとり払う3つの打開策。

投稿日:2016/12/24 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

あなたの今年の目標の達成率はどれくらいでしたか?

私はクリアできた目標も多かったのですが、未達のものもありました。

未達の原因の多くは、自分がつくりだした「恐怖」です。

打開策を考えてみました。

 

スポンサーリンク

 

1年前に書いた目標を見直して感じたこと

先日の習慣化専門学校の最後のセミナーで、習慣化コンサルタントの古川さんから、目標シートをもらいました。

1年前に書いた目標シートをもとに、どれくらい目標達成ややりたいことを実現したのか、あらためて確認したのです。

今年をふり返ると、7割の目標はみごとにクリアできていました。

書けるところでいえば、

・トライアスロン オリンピックディスタンス完走
・60キロマラソン完走
・プロフェッショナルコーチにステータスアップ
・100人コーチング達成
・コーチングセッション100時間以上をクリア
・ブログ1,000記事達成
・ビジネス書著者の方のセミナープロデュース実現
・習慣化のサポートを最後までやりとげる

などですね。

1月時点では想定していなかったプロジェクトを無事にやりとげることもあり、充実していました。

ただ、逆にいえば、3割の目標は未達でした。(^_^;)

・国際コーチ連盟のACC資格取得
・ブログ習慣化セミナー開催
・早起きセミナーの毎月開催
・コミュニティーの勉強会

などがありました・・・。

未達の目標に共通しているのは、失敗を恐れていること。

傷つくことを恐れ、慎重になりすぎてしまいました。

ちょっと情けない気持になったのですよね。。。

 

頭で理解できても心が理解できなければ動けない

過去に経験したことのないことは、どうしても気がすすまないときがありせんか?

こういった状況のときは、ベクトルが貢献したい人ではなく、自分に向かってしまっています。

「失敗したくない」という思いがどんどん強くなるのです。

ただ、失敗を恐れていては、経験値もあがらないし、レベルアップもしません。

実際、これまでに私自身が「レベルアップしたな〜」と感じる出来事は、すべて恐怖を乗りこえた先にあるものでした。

そうすることによって自信が育まれてくるし、トライすること自体が面白くなってくる。

そう、頭ではわかっているんです、私も。(^_^;)

それを感情が打ち消します。

どうしても失敗を避けたくなるのです。

そのようなときに限って、なぜか「出る杭は打たれる」という言葉を思い浮かべたり、目立たなくしたり、ミスをしないように生きる・・・という方向に気待がひっぱられてしまうのですよね。

このような状況になってあらためて気づいたのですが、失敗を避けようとすればするほど、恐怖は増大するということです。

自分で自分の恐怖のイメージをふくらませてしまうのですね。

 

行動できない恐怖に対する3つの打開策

失敗を恐れすぎていると感じたときの打開策を3つあげてみました。

 

1:コーチングやコンサルティングを受ける

信頼している方がコーチングやコンサルティングをサービスしている方であれば受けてみましょう。

やる気になりますし、お金も支払うのでリターンも考えるようになります。

何より、「尊敬している人との約束をやぶりたくない」という気持になれるのが良いのですよね(私の場合)。

 

2:勇気をくれる言葉からエネルギーをもらう

名言からエネルギーをもらうのは良いですよね。

たとえば、

早く、何度も失敗せよ

失敗はない、ただフィードバックがあるだけ

死ぬこと以外はかすり傷

など、行動を後押ししてくれる言葉です。

実際に言葉に出してみると、それだけでエネルギーが高まりますね。

 

3:ゴールイメージとプロセスイメージを考える

ゴールを達成したときのイメージをできるだけリアリティーをもって想像します。

また、そのゴールに到達するまでのプロセスも考えます。

双方からのアプローチによって、行動を促進するのです。

私が今年未達になってしまった目標は、ここのあたりがあいまいになってしまっているものが多かったのです。。。

 

来年は、上記3つの対策を活用して、さらなるステージアップをはかっていきます。

失敗を恐れすぎて今年の目標が前進しなかった方のご参考になれば嬉しいです。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、マラソンチームAdmiralの忘年会に参加。

チームのキャプテンでもあり、元帥でもあり(笑)、私の師匠でもある井ノ上さんのご自宅へお邪魔しました。

「お台場に住む」というイメージを擬似的に味わうことができて嬉しいです。(笑)

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■お知らせ

【セミナー募集中!】
■2017年11月28日(火) 19:30〜21:30:毎日ブログを更新する!「ブログ習慣化」セミナー 〜ブログを書く習慣で毎日を充実させる〜

■2017年12月5日(火) 19:30〜21:30:これで習慣化できる!「良習慣の見つけ方&続け方」セミナー 〜今の自分に本当に必要な習慣を発見しよう〜

■12月14日(木)19:30〜21:30:「やりたいことリスト100」をつくるセミナー 〜やりたいことで毎日が満たされる〜

コーチングサービスは随時承っております。
コーチングのお申し込み

■当ブログへのお問い合わせ・ご感想はこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前 ( * 必須)

メールアドレス ( * 必須)

題名

メッセージ本文

■スポンサーリンク


-モチベーション

執筆者:

関連記事

仕事の生産性を高めるためのちょっとしたコツ。雰囲気・環境への投資してみよう。

カフェや喫茶店など、外でちょっとした仕事をすることが多いです。 (自宅に変えると生産性がゼロに近くなるので・・・) そこで感じているのは、仕事をおこなう場所と仕事の生産性の関係性です。   …


1週間に1回の「プチ緊張」ゴールを設定して、自ら機会をつくり出す。

「自ら機会を創り出し、機会によって自らを変えよ」とは、リクルート社の有名な社訓ですよね。 これは私たち個人にもあてはまり、自ら「プチ緊張する」仕事をつくり、そのゴールを追いかけることによって、心を動か …


no image

「モチベーション」を維持する方法(4)

———————————————————— 当ブログは、「良習慣(りょうしゅうかん)」(僕の造語です)によって「人生の変革」にチャレンジし続ける軌跡をつづった奮闘記です。 僕が「良習慣」を身につけていく …


「先のばし王」でもはじめられるコツは、自分を頼らず「やらないとやばい」状況に飛びこむこと。

最近、「つくづく自分は先のばし王だな・・・」と感じることが多いです。(^_^;) それでも、はじめられたこと(また、続けられていること)はあるのですよね。 できていることには、やはり周囲の強制力を活用 …


周囲の「ネガティブ・プレッシャー」を自分発信の「ポジティブ・プレッシャー」に変換。重圧を「応援とエネルギー」にしよう。

自分発信の「ポジティブ・プレッシャー」は、飛躍への原動力になります。 宣言を活用すれば、重圧が応援に変わるからです。   スポンサーリンク   目次1 自分の宣言を有言実行する充実 …


似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930