【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

モチベーションの習慣 良習慣の習慣

曜日・人・場所を「トリガー」にして習慣化する方法

投稿日:

Pocket

何ごともいい「きっかけ」があるとうまくいきますよね。

習慣化も、いいきっかけをつくる「トリガー」をつくりましょう。




 

習慣化のカギはトリガーにあり

習慣化するために、ぜひ活用したいアプローチは、

・トリガーをつくること

です。

トリガーとは、ピストルの引き金。

トリガーを引けば、弾が出ます。

つまり、ピストルを打つという結果が欲しければ、トリガーを引くという行為が必要。

逆にいえば、トリガーを引かなければ、望む結果は得られないということです。

習慣化も同じ。

いいトリガーをつくれば、そのトリガーにしたがって行動がついてくるというわけです。

私たちの日常にも、誰もが知っているいいトリガーがあります。

さて、何でしょうか?

それは、毎週のゴミ出しです。

部屋の片づけや洗濯が苦手な人でも、ゴミ出しだけはやっているという人は多いのではないでしょうか。

もちろん、家の中にゴミがたまるのが嫌だということがあるでしょう。

ただ、私の場合、それ以上に大事なのが、

・曜日によってゴミ出しの日が決まっている

ということです。

たとえば、私の地域では月曜日と木曜日が燃えるゴミの日に指定されています。

地域ごとに設定されいて、個人の力では変えることはできません。

そのスケジュールに従わざるを得ないわけです。

これは習慣化するのにかなり有効なトリガー。

ほかのことは習慣化できなくても、ゴミ捨ては何年も習慣化しているはずです。

このようなトリガーは、習慣化にぜひとも活用したいものです。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール





ゴミ出しのような強制的なトリガーをつくる

私の友人は、毎週月曜日の夜に英語の学習を1時間やってから帰ると決めました。

早朝学習を習慣化しているのですが、時間がもっと欲しい。

ただ、朝時間を最適化するのは限界がある(4時台に起きているので・笑)。

ですから、退社後の時間を活用しようと考えたわけです。

ただ、夜の自分は信用できない。

そこで、月曜日に学習する計画をたてました。

「習慣化オンラインサロン」のZoomにつないで、自習室を活用して学習するのです。

特に、ほかのメンバーと話すわけではありません。

ただ、自分でまわりに宣言し、月曜日のその時間に学習をする。

そこで1時間学習をすれば、気持ちよく自宅に帰ることができるわけです。

一見、大変そうに見えるかもしれません。

でも、この仕組みはゴミ出しと同じなのです。

これを続けているうちに1週間のリズムがつかめてきます。

すると、徐々に習慣化していくのです。

このような曜日による仕組みづくりは、意外と大事なことなのです。

まず、曜日がリマインドとなって、タスクを忘れないようになります。

そして、いわゆる「題2領域」のような重要な活動に時間をかけることとなるのです。

この仕組み、コーチングも同じです。

コーチングセッションでは、クライアントさんとは「第2・第4月曜日の21時から」といったように、同じ時間帯に設定しています。

そうすると、その時間はいつもと違うことを考えることや未来について考えるという「非日常の時間」が確保されることとなります。

このような仕組みは、自分からあえてつくらないと、日常は簡単に流れていってしまいます。

ですから、自分でトリガーをつくり、「非日常モード」にセッティングするわけです。

たいていの人は、このような「じっくり考えるモード」が1日や1週間の中に入っていません。

そのまま、流れるように日常の延長線上モードですごしてしまいます。

ですから、人生がなかなか前進しなかったり、やりたいことについて考えることができなかったり、深みのある問いに即答できなかったりするわけです。

 

■スポンサーリンク




曜日・人・場所をトリガーにして習慣化する方法

このような仕組みを考えるために次の3つを意識してみましょう。

1:曜日でタスクを決める

2:人でタスクを決める

3:場所でタスクを決める

 

1:曜日でタスクを決める

1つ目は、

・曜日でタスクを決める

です。

まさに英語学習をしている友人のように、

・月曜日の19時から「習慣化オンラインサロン」の自習室に入って1時間英語学習をする

と決めてしまう。

まずは決めてしまって、一度実行する。

そうすることで、その後に続けるかどうかあらためて考えればいいわけです。

月曜日よりも水曜日が合っているかもしてませんが、それも月曜日にやってみることで気づくわけです。

 

2:人でタスクを決める

2つ目は、

・人でタスクを決める

です。

友人の例だと「習慣化オンラインサロン」の自習室で私(伊藤)と待ち合わせすることになります。

そうすることで思い出すわけですね。

私は、

・友人のトレーナーYさんと話すときはトライアスロンのトレーニングのこと

・友人のコーチYさんと話すときは出版のこと

・友人のYさんと話すときはWEBビジネスのこと

といったように、「この人と話すときは、この目標について話す」ということを決めています。

以前、私がサポートしていた方は「伊藤さんと話すときは3年後の人生を語ると決めています」というテーマを決めていました。

結果、ガチのサラリーマンの方でしたが、今は複業家として活躍しています。

 

3:場所でタスクを決める

3つ目は、

・場所でタスクを決める

です。

人は環境の生き物。

ですから、

・この環境にきたら、このタスクに取り組む

と決めておくのです。

友人は、

・「習慣化オンラインサロン」の自習室に入ったら英語学習に取り組む

と決めていた。

ですから、そのモードでZoomにはいり、そのモードのままスムーズに英語学習に取り組んだのです。

 

まとめ

このような3つの要素をトリガーにしておくと、習慣化しやすくなります。

もちろん1つでもOKですが、3つ揃うとパワフルです。

トリガーから習慣をつくる。

ぜひ、意識してみましょう。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール


 

■スポンサーリンク




 

■編集後記

昨日は、「良習慣塾」メンバーとの相互セッション。

運動だけではなく「食事のことも学ばねば」と思える時間でした。

2件目のラン&コーチングセッションは雨で中止に。

でも、こういう例外ルールも、たまにはいいものなんですよね。(^^)


 


 

【メルマガを発行しています】

テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

あなたがひとりで複数のビジネスをおこない、ご自身の人生を充実させていくノウハウにご興味があれば、ぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く習慣」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!



「複業で自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

 


 

■スポンサーリンク

-モチベーションの習慣, 良習慣の習慣

執筆者:

関連記事

必ずリターンがある投資先とは?

目次1 ■知識への投資は必須の時代2 ■短期的な視点をなるべく捨てる3 ■行動は最高の投資4 ■行動の積みかさねが未来をつくる ■知識への投資は必須の時代   今の時代、知識への投資は不可欠 …

レディー・ガガさんが実践していた「セルフピグマリオン効果」という良習慣

あなたは「ほめられて伸びるタイプ」でしょうか。 それなら、ぜひ「セルフピグマリオン効果」の習慣を取り入れましょう。   目次1 レディー・ガガさんの良習慣とは?2 「ピグマリオン効果」とは? …

良習慣にテーマソングをつける

■苦手だったトイレそうじ   わたしは、トイレそうじをすることがあまり得意ではありませんでした。 そもそも以前のわたしは、そうじそのものが、あまり得意ではなかったのです。   もち …

「ニューロ・ロジカル・レベル」 を習慣化に応用する。自己認識レベルを意識して自分を叱る/ほめる。

「ほめる」と「叱る」。 この正反対の行為をうまく活用することによって、習慣化しやすくなる方法があります。   スポンサーリンク   目次1 自分を叱るか、自分をほめるか2 NLPの …

習慣化で成長するためには?元気なときに、継続する仕組みをつくること

困難や負荷がかかるときは習慣が途切れそうになります。 その状態を乗り越えていくためには、 ・元気なときに、継続する仕組みをつくること がポイントです。   目次1 続けるのが困難なときはどう …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。