【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

やりたいこと・天職・才能・強み 複業(マルチキャリア・週末起業・パラレルキャリア)

やりたいことをマルチタスクですすめるポイント。「区切り」を手放し、「カオス」を覚悟する。

投稿日:2017/12/29 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

「仕事とプライベート」に代表されるようなワークライフバランスのような「区切り」。

欲ばりな私のような人(笑)は、そのように「仕事とプライベート」をきっちりとわけることはできるのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

仕事とプライベートは区別できるのか?

・ひとりビジネス
・プロコーチ
・セミナー講師
・ワークショップのファシリテーター
・セールスパーソン
・ブロガー
・家長

といった複数の役割をマルチタスクでうまく進める上での、メンタル面でのポイントがあります。

それは、「カオスを覚悟すること」です。

たとえば、仕事とプライベートの両方を充実させること。

これはだれもが考えるマルチタスクの代表例でしょう。

しかし、仕事とプライベートは区別して考える人が多いのではないでしょうか?

たしかに、

・日中の時間帯は会社の仕事
・退社時間以降はプライベート

というように、時間も空間もきっちと区別できれば、気持はすっきりするでしょう。

しかし、そこにこだわってしまうと、マルチタスクはうまくいきません。

 

マーブル模様のようなカオス

「ワークライフバランス」という言葉がありますよね。

これまでに何度かブログでも書きましたが、私はこの言葉にちょっとした違和感をおぼえています。

「ワークライフバランス」というと、「ワーク」と「ライフ」をきっちり分けて、その2つを天秤にかけ、ちょうどいいバランスのところでキープしなさい、と言われているような気がするからです(私だけかもしれませんが)。

そもそも、「ワーク」と「ライフ」は、そのようにはっきり分けられるものでしょうか。

器用な人にはできるのかもしれませんが、私の場合は、

・会社の仕事で外出中にレースが近づいていると強めのウォーキングで移動する
・職場でミーティング中にふとメルマガのアイディアが思いついてEvernoteにメモする
・家族でテレビを見ながら「そういえばクライアントさんにあのワーク資料をメールしてみよう!」と思い出す

ということがあります。(^_^;)

そのように、

・仕事は何時から何時まで
・プライベートは何時から何時まで

と、はっきり分けることができません。

仕事で外出中においしそうなお菓子を見つけたときに家族におみやげを買うときもありますし(笑)、一方で自宅で家族がいるのに、コーチングセッションに没頭する時間もあります。

それはまるでマーブル模様のように混沌としているのです。

しかし、混沌としているからこそ、マルチタスクが進められるものだとも思っています。

はっきり分かれていないからこそ、両方ともできるということですね。

 

「すっきりしない感じでいい」と覚悟を決める

もちろん、

・仕事のこと
・プライベートなこと
・ひとりビジネスのこと

を別々に取り組んだほうが楽にできます。

気持も集中できるでしょう。

しかし、別々に集中できるタイミングを待っていたのでは、その活動に取り組める機会は永遠にやってこない。

それが私の実感です。

同時にやるからこそ、全部ができる。

これはよく言われるように、「or」の発想でなはなく、「and」の発想ですね。

これは、たとえばブログでも同じです。

「PCの前にじっくり座れる時間ができたらブログを書き始めよう」と思っていても、1日のうちにその時間はなかなかやってきません。

でも、通勤時間やランチタイムのあとなど、ちょっと時間が空いている時間にiPhoneのEvernoteを立ち上げてこつこつと書くことはできますよね。

そのような日常のちょっとした時間を活用したブログの習慣化は、生活とプライベートというよりも日常の中に渾然一体となっていて、「何時から何時までブログを書いている」とは言えない状況なのです。

ですが、少しずつでもiPhoneに書くことによって、椅子に座ってじっくりブログを書ける時間まで待つより、ずっと早く1記事を書きおえることができます。

少しずつ書くうちに、気づくと1記事書けていた、というような感じ。

「30分で一気に書く」ということができればいいのですが、じつにあいまいな時間感覚で混沌とした時間ですね。

つまり、マルチタスクで複数の活動をおこなうことは、カオスを覚悟することなのです。

「なんだかごちゃごちゃしているのは嫌だな」と思うのはわかります。

私も本来はそう思うタイプの人間だったのです、これでも。(笑)

でも、「すっきりしない感じでいい」と覚悟を決めましょう。

「こんなカオスもなんだかおもしろいなぁ」と思えれば、やりたいことをマルチタスクでいくつもいっぺんに進めることができます。

欲ばりな私はそのように考えています。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、会社の仕事納め。

・・・が、終わりきらなかったです。。。

来年まで持ち越しですね。。。(^_^;)

【募集中】
1月11日(木)19:30〜21:30 「やりたいことリスト100」セミナー 〜やりたいことで満たされる毎日をつくる〜

1月18日 19:30〜21:30 毎日ブログを更新する!「ブログ習慣化」セミナー 〜ブログを書く習慣で毎日を充実させる〜

1月25日 19:30〜21:30 もう2度寝しない!「早起き習慣化セミナー」 〜朝2時間の自由時間を生み出す〜

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。
ひとり複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひ!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!
https://55auto.biz/ryoushuukan/touroku/entryform3.htm;;




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-やりたいこと・天職・才能・強み, 複業(マルチキャリア・週末起業・パラレルキャリア)

執筆者:

関連記事

自分の個性を見つけるヒントは、欲求が動く両極端を見つけること。

自分の個性を見つけるためには、どうすればいいのでしょうか? 100%の正解はありませんが、ヒントは「両極端を知ること」です。   スポンサーリンク   目次1 好調に見えた(勘違い …

あなたの「オリジナルな価値」はどこにある?氷山の下に眠る才能は直感に聞く。

人のオリジナルな価値は、表面に見えていないところに隠れています。 発見するためには、さまざまな角度から「診る」ことが大事です。   スポンサーリンク   目次1 普段見ていない口の …

生きていく力を磨くために。複数の収入ルートを確保する。

たいていの人にとって、仕事をすることは生きていくための手段ですよね。 生きていくための手段であれば、それはいくつあっても良いですし、むしろ持っておくべきではないでしょうか。   スポンサーリ …

複業や社外活動を家族が理解してくれないときは、過去・現在・未来の時間軸から対話をしてみよう。

会社以外の複業や社外活動をおこなう会社員の方が増えています。 せっかくやる気を出して「やろう!」としたときに、家族や身内に理解されなかったらどうすればいいのでしょうか。   スポンサーリンク …

複業をスタートしたのに成果が出ない。そのようなときはどう考えればいいのか?

複業を目指すクライアントさんから「なかなか成果が出ないとき、どのような考え方をすればいいでしょうか?」という質問がありました。 これは、私も含めて多くの複業家が通る道だと思うので、記事にしてみます。 …

検索

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031