【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

早起き

早起きに刺激を。目覚めの水分補給に炭酸水+柑橘系フレーバーのツインシュートを打つ。

投稿日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

早起きに欠かせない目覚めの1杯。

ミネラルウォーターが定番ですが、たまには変化も取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

目覚めにおすすめの水分補給の習慣

私が毎月開催している早起き習慣化セミナーでは、目覚めのテクニックとして、「起き抜けの体に刺激を与える(動かす)こと」をおすすめしています。

たとえば、

・早起き部に起床報告の投稿をする
・布団の中でストレッチをする
・カーテンを開ける
・ベランダに出る
・朝日を浴びる
・カレンダーに早起き達成のシールを貼る
・新聞を取りにいく
・ミネラルウォーターを飲む

などがあります。

その中でも、おすすめなのは、起きぬけにコップ1杯のミネラルウォーターで水分補給をすることです(私も実践しています)。

最近は蒸し暑い日が続いていますから、夜も寝苦しい。

そのためにも、寝起きに取り入れたい「朝すっきりの習慣」ですね。

あらためて言うまでもなく、私たちは寝ている間に大量の汗をかいています。

そのため、朝の体はからからの状態。

水分が不足しているのですね。

ですから、乾いた体をうるおして目覚めをうながす朝の水分補給が必要なのです。

水分補給で、美容効果も期待できます。

 

ミネラルウォーターを炭酸水に変える

さて、そのように寝起きに取り入れたい水分補給の習慣。

その習慣に、ここ1週間ほど変化をつける実験をしていました。

その結果、寝起きの覚醒度が劇的にアップした方法があったのでご紹介しますね。

それは、どのような変化というと、コップ1杯のミネラルウォーターを「炭酸水に変える」というものです。

いつもは寝起きにミネラルウォーターを飲んでいたのですが、たまたまミネラルウォーターをきらしている日がありました。

冷蔵庫を開けてみると、炭酸水はあったのです(はい・・・酎ハイ用です・笑)。

そこで、試しに炭酸水を飲んでみたのですね。

飲んでみると、これが、実にいい刺激があったのです。

口に含んだ瞬間、炭酸水のピリッとした刺激が身体中に広がり、寝ぼけていた頭が「シャキッ!」とする感覚です。

私自身の感覚ですが、いつものミネラルウォーターより3倍は刺激的でした。

多少眠気があっても、これなら一気に目覚められます。

炭酸水は、以前はそれほどメジャーではなかったようにも思いますが、最近は、コンビニやスーパーで売っていますよね。

手に入れやすいですし、価格も安価。

寝ざめに活用しない手はありません。

 

炭酸水+柑橘系フレーバーの強力タッグ

さらに、おすすめなのは、「炭酸水に変化をつける」ことです。

私がこれまでに試したのは、

・強炭酸水(炭酸が強い)
・レモンフレーバーの炭酸水
・グレープフルーツフレーバーの炭酸水

です。

このような変化をつけるのも、継続するコツです。

特にレモンやグレープフルーツなどの柑橘(かんきつ)系の香りは、脳の覚醒をうながしてくれる効果もあるんですよね。

ですから、さらに目覚めがすっきりする感覚があります。
(妻から、「炭酸水に、レモンを絞ってもおいしいよね」と言われているので、週末に試す予定です。)

炭酸の刺激と柑橘系のフレーバーの組み合わせは、なかなか強力ですのでぜひトライしていただければと思います。(^_^)

さて、「心地よく目覚める方法」というのは、100人いれば100通りあると考えています。

ですから、自分に最適な目覚めの方法を持っておくというのは、ご自身の早起きに対する「必殺技」のようなものなのですね。

サッカー漫画「キャプテン翼」でいえば、翼くんと岬くんが同時にシュートしてツインシュートでゴールを決めたように、私たちにも早起きに対する「必殺技」を持っておきましょう。

その必殺技の1つとして、「炭酸水+柑橘系フレーバー」での目覚めはおすすめです。

寒い冬はきびしいかもしれませんので、ぜひとも今の時期に「コップ1杯の炭酸水で目覚める習慣」を試してみまましょう。

いつもの目覚めより、きっと「びしっ!」と起きられると思います。

今回のようなノウハウも、早起き習慣化セミナーでお伝えしておりますので、ご興味あればご参加くださいませ!

【お知らせ】
2017年8月3日開催:もう2度寝しない!「早起き習慣化セミナー」 〜朝2時間の自由時間を生み出す!〜

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、朝スイムで1.5km泳ぎました。

スクールに通うようになって感じているのは、「お金持が多そうだなぁ・・・」ということです。(笑)

実際、早起きを習慣化していると答えた人は、ギリギリに起きる人よりも年収が高いそうです。

▼ご参考
年収800万円以上の人は早起きが多い? – 朝と食事に関する調査

また、別のアプローチなのですが、犬を飼うことによって、早起きになる人もいるそうです。(笑)

▼ご参考
【調査リリース】犬を飼っている20代・30代の男女に聞いたライフスタイルの変化に関する調査

早起きする方法は、本当にいろいろあるんですよね。(^_^)

私の早起きセミナーで、ご自身にあった早起き方法を見つけるお手伝いもしています!
2017年8月3日開催:もう2度寝しない!「早起き習慣化セミナー」 〜朝2時間の自由時間を生み出す!〜

【募集中】
2017年7月27日開催「1年で100個のやりたいことを叶えるワークショップ」

【お知らせ】
メルマガをスタートいたします。

読者さんが50名集まったところで配信をスタートする予定です。

ご興味を持っていただけたら、ご登録をいただけると嬉しいです。(^_^)

▼登録は下記からお願いいたします!
https://55auto.biz/ryoushuukan/touroku/entryform3.htm

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-早起き

執筆者:

関連記事

「またお昼まで寝てしまった・・・(T_T)」と後悔しないために。休日を充実させるための2つのポイント。

「休日を充実させたい」と思うのは誰でも同じではないでしょうか? そのためのポイントを記事にしてみました。   スポンサーリンク   目次1 「やリ100」セミナーのアンケートに感動 …

早起きが習慣化できるのは「今すぐ!」を手放せる人。自制心のコントロールが習慣化を助ける。

周囲を見ていて思うのは、「結果的に成果をあげる人は、短期的なリターンを求めない人だな。」ということを感じています。 「今すぐ!」を求めずに、中長期的にゴールに到達すれば良いという感じで、適度に自己抑制 …

早起きの前の準備運動。理想の状態を描いて、得たい感情を明確にしよう。

早起きを習慣化したいというお話をきくと、以外と表面的な動機を伺います。 ただ、セミナーで理由を深堀りしていくと、違った角度の答えが出ることも多いです。 早起きの目的から考えて、「得たい感情」まで到達し …

早起き習慣化ができるかどうかは「強い目的」が有るのか、無いのか。

「強い目的」が、あなたを、そしてあなたの脳を動かします。 モチベーションが下がってきたら、「なぜこれをやるのか?」という目的を確認してみることがおすすめです。   スポンサーリンク &nbs …

早起き習慣化にもっとも重要な要素は何?睡眠へ投資することが1日の良い流れをつくり出す理由。

早起きを長期的に続けるためには、睡眠時間への投資が何よりも重要です。 一方で、早起きに挫折する人は、多くの場合、睡眠時間が不足するのが原因です。 早起きができない人が、睡眠時間を削らなければならないの …

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930